タイトル画像

日中は29度、夜は22度・やっと秋

2020.09.10(18:48) 6178

広島ブログ

明け方寒さで目が覚めた。薄手のタオルケットでは寒くてやりきれなかったのだ。
時間を見ると3時。厚手のタオルケットに変えてもまだ寒い。

いきなりの寒さが来て、寝具の準備も出来ていない。
シーツ類などは綺麗に洗って押し入れに入れているが、
使う前には一度干したい。夏の間にダニがついているかもしれないのだ。
夜なので仕方なしに、戸を開けてはたくだけしかできなかった。

前日より長袖のパジャマに変えたばかりだったのに。
スマホの天気予報で気温を見ると22度だった。寒いはずだ。
涼しいを通り越して寒いとは。

あの暑かった夏もやっと終わり、秋がやって来た。
それでも日中はまだ暑いが、今日は29度だった。
30度を下回ったのは7月下旬の梅雨明け以来だと言うから、
長く過酷な夏だった。年々過酷さは増すが、過ぎてしまえばあっという間のような気がする。
過酷なりに慣れてきている気もする。

気付けば9月ももう10日。何と早い月日だ。今年は今日まで何も出来なかった日々だった。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


広島の話題 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

久々に雨・雷も・虹

2020.08.21(19:41) 6169

広島ブログ

毎日のように猛暑日が続くが、
今週の土日くらいには雷が鳴って雨も降り、気温も下がると予報があった。

金曜日の今日も暑かったが、夕方になって急に雷がごろごろと鳴り出して、
近くの山に雷が落ちたかのような大きな音がした。そのうち雨がかなり降った。

最近は毎日庭の水やりが欠かせない。バケツの水撒きだけでは間に合わない。
野菜などもかなり枯れた。庭木も今にも枯れそうなのもある。
夫がホースでたっぷりと水をやった。その後まもなくして大雨になった。
あれだけ降れば水やりは不要だったかもしれない。

IMG_1026.jpg

酷暑の夏は冷房使用により電気代もはね上がる。
庭の水やりで水道代も上がる。いつまでもコロナの心配もあるし、暗いことばかり。

久々の雨は嬉しい。店の野菜もかなり高騰している。雨のおかげで少しは持ち直すか。
気温も下がって気持ちが良い。すぐに窓を開け放して自然の風を入れたい気分だ。

虹が出ていた。虹を見たのは本当に久しぶりだ。気分も爽快で嬉しい。

IMG_1023の4

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


広島の話題 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

レジ袋を日本で初めて開発したのは広島県大竹市の会社

2020.08.01(19:46) 6155

広島ブログ

レジ袋を日本で初めて作ったのは、広島県大竹市の会社なのだ。
国道沿いにその会社があり、そこをよく通りその会社を見ているので、身近に感じていた。

G6BZUDmg[1] 

その社長さんの言葉が、ネット記事に載っていた。

<7月1日からプラスチック製レジ袋が原則有料化された。

レジ袋の原型を日本で初めて開発したとされる中川製袋(せいたい)化工(広島県大竹市港町1丁目)は、
小売業界の発展を支えてきたと自負する。中川兼一社長に、胸の内を聞いた。

『とうとう来たかという感覚だが、全く納得していない。
小売業界の発展に、このレジ袋がどれだけ寄与してきたかと思うと、複雑な気持ちだ』

『なぜ、まずレジ袋なのか根拠を示してほしい。日本の廃プラの排出量は年900万トン。
うち400万トンが容器の包装で、レジ袋はその中の20万トンにすぎない


政府は環境対策の大目玉としてレジ袋の有料化に踏み切ったが、残りの380万トンはどうするのか。
議論はほとんど進んでいない』

――レジ袋だけ減らしても効果はわずかだと

『レジ袋がどれだけ環境に負荷を与えているか検証したうえで、環境政策を進めてほしい。
ペットボトルや使い捨ての弁当箱を規制した方が、よほど廃プラは減る。

大企業の食品や飲料メーカーではなく、私たちのような弱小企業をターゲットにした。
環境対策のスケープゴートにされた気がしてしようがない。

環境省の職員も私にこう言いました。レジ袋は身近で国民にわかりやすいんですと』>


なるほど・・。確かに、ペットボトルや容器などのゴミはかなり多い。
トレーやペットボトルは今でこそスーパーなどが回収しているが、まだそのままごみとして出している人も多い。

広島市は「リサイクルプラ」のゴミの日が週に1回ある。
我が家は、トレーやペットボトルは回収箱へ出しても、その他の容器包装などのプラスチックごみがかなりの量ある。

(生ごみはほぼ庭に埋めるので、週2回の燃えるごみはかなり少ない。)

中川製袋の社長さんが言うように、レジ袋以外のゴミがいかに多いか実感する。

それでも、レジ袋の有料化に伴い多くの人がマイバッグを持参し出したという。
レジ袋だけでなく、あらゆるゴミを減らすように、考え方を根本から変えていきたいものだ。

▼広島ブログに参加しています。クリックいただけると嬉しいです。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


広島の話題 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

また緊急速報・皮膚科・久しぶりの友との話

2020.07.14(20:29) 6139

広島ブログ

◆予報通り、今日の未明から明け方にかけて、雨がかなり降った。
ガラスが厚いせいか、雨音はさほど聞こえなかったのだが、
それでもぐっすり寝ついた4時過ぎに、緊急速報が入った。
予測はしていたものの毎度心臓に響く音だ。

大雨警戒レベル4で、土砂災害警戒情報だ。

すぐに起きてスマホやテレビで状況を把握して、しばらく様子を見る。
少し横になったりまた起きたりで、寝不足になった。

雨は明け方を境に次第に止んでいった。晴れてきたので、洗濯物を外に出したほどだ。

それでも、これまで比較的被害の少なかった中国地方でも
何か所かで被害が出てきている。本当によく降る雨だ。
梅雨末期の豪雨だが、年々酷さを増してきている。

そうこうしているうちに、我が家の水洗便所が詰まって大騒ぎをする始末。
「水」つながりで、困った出来事だった。

◆やっとひと段落したので、午後からは皮膚科へ行った。
手のかぶれが酷くて、かなり強い薬を処方してもらったので、経過を見せに行ったのだ。

皮膚科の薬は自己判断で勝手に中止をするといけないと聞いている。
「少し良くなっているので飲む回数を減らすが、まだ続ける必要がある」と言われる。

整形外科や皮膚科の通院。このところ病院通いが続く。

もう長らく話をしていない近所の友達の家に行った。
前に野菜の苗を貰ってからそのままになっており、そのうち怪我で出かけられなかった。
それがもう2か月以上も前のことだ。あまりに長く会っていないので顔出しに行ったのだ。

この人に会って話をすると、色々なことをよく知っている。
参考になる情報が多い人だ。お菓子を持参したら、逆にトマトをたくさんもらった。
菜園で大量に出来たものだといい、早速サラダにして夕食に美味しく頂いた。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


広島の話題 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

2年後にまた避難所生活とは・道路崩落現場

2020.07.08(10:45) 6134

広島ブログ

◆8日(水)の朝、避難所から帰って来た。結局、避難所へ行ったのだ。

●6日(月)には大雨が酷く、緊急速報が入るほどだった。
広島市の当地は「土砂災害の危険が迫っているレベル4の避難指示」だった。
「速やかに全員避難」だったが、この日は何もしなかった。

●7日(火)一日雨模様だが、二重ガラスの部屋では雨音はさほど聞こえず、
家の中からは雨の酷さを感じないほどだ。

しかし、天気予報では盛んに「広島市は未明には大雨の予想」と出る。
夫はこういう時、防災には人一倍関心が大きく、避難所の開設状況を調べている。
そうして「今晩は避難所へ行こう」と言い出した。

我が家は山に近く、近くには川も流れているので、土砂災害の危険性がある。
それでも、夜になっても雨は酷くなく、未明の大雨予報はピンとこない。
私は気乗りがしないが、夫の熱意に負けて渋々ながら出かけることにした。
今回は義妹も同行。

避難所の小学校に行ってみると、いやに静かだった。
もしかして開設していないのではと思うほどだ。

避難者はかなりの少人数だった。
2年前の避難時は150人近くが避難していたのに比べれば一ケタ違う。
あの時は雨がどんどんひどくなり、その先が酷くなるのが予想された。

小学校の校舎内の2階の一部屋に移動。ここで3人で過ごす。この部屋は私たちだけ。
広すぎるほどだ。シートと毛布が準備されていた。することもないので12時前には眠りについた。

IMG_0841.jpg

●目が覚めたのが8日(水)の朝3時ごろ。床に敷いたシートで寝たので、体が痛くて目覚めた。

外を見れば、雨は降っていない。雲の動きが南にずれている。未明の大雨予報は外れたようだ。
「あの予報は何だったのか」と笑い話になるほどだった。

4時から少しうとうとして5時には目が覚めたので起きた。

もう大雨の恐れもなさそうなので、受付に寄って帰ることにした。
避難者は少ないが、世話をする人は何人もいた。
連合町内会会長とその奥さん、防災士の知人もいた。区の担当者や議員さんも。

帰る途中7日(火)に道路が崩落した現場を見に行った。
朝方に道路が陥没して、走行中のバイクが転倒して男性が病院へ搬送されたのだ。
テレビのニュースでも何度か流れた場所だ。ガードレールが川に落ちかかっていた。

IMG_0845.jpg

乗り物走行中にこのような場所に出くわすと怖いものがある。
大雨の度に道路の陥没や護岸の崩落がある。頑丈な作りが求められる。

帰る前に、すき家によって3人で朝定食を食べて帰った。

今日はもうすっかり晴れて、あの大雨が嘘のような日和になっている。
久しく洗濯物の部屋干ししかできず困っていたが、
今日こそは部屋にしっかり風を入れて、洗濯物が干せる。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


広島の話題 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
広島の話題
  1. 日中は29度、夜は22度・やっと秋(09/10)
  2. 久々に雨・雷も・虹(08/21)
  3. レジ袋を日本で初めて開発したのは広島県大竹市の会社(08/01)
  4. また緊急速報・皮膚科・久しぶりの友との話(07/14)
  5. 2年後にまた避難所生活とは・道路崩落現場(07/08)
次のページ
次のページ