タイトル画像

映画「引っ越し大名」など4本視聴

2021.04.15(19:26) 6307

広島ブログ

最近、ネットフリックスで邦画を連続して観た。
韓流映画やドラマに熱中していた頃、時に邦画を観たら、何とも感動しなかった。
韓流ドラマはなかなか面白く作られているが、連続ものでとにかく長く続く。
面白ければ止められなくなるほどで、そうでなければ途中で止めることもある。
そんな中、たまたま邦画を観たら何とも面白かった。

◆「ステップ」
step

山田孝之、父になる。亡き妻を想い、男⼿⼀つで娘を育てる⽗親の10年間を演じきる。
30歳の若さで妻に先⽴たれた主⼈公・健⼀とその娘・美紀が、
彼らを取り巻く⼈たちとの交流の中で成⻑していく姿を描いた感動作!


主演の山田孝之の顔は好みではないが、演技のうまさにはしびれる。
内容もジーンと心に響くものがある。

◆「引っ越し大名!」
引っ越し大名

土橋章宏の小説を星野源主演で映画化した時代劇コメディ。
江戸時代、7度も国替えを行なった実在の大名をモチーフに、
引っ越し奉行を命じられた若侍の悪戦苦闘を綴る。


時代劇はともすれば血を見る場面が多いので、あまり好きではないが、
コメディなので、楽にみられる。気弱な若侍役の星野源が上手く演じている。

◆「箱入り息子の恋」
箱入り息子

箱入り息子の恋. 自宅と職場の市役所をただ行き来する日々を送っている天雫健太郎は、
内気で愛想がなく、「 逃げ恥」で星野源は人気者になったが、その3年前の映画初主演作。

たまたま星野源つながりで観たが、気弱だが人の良さそうな役はぴったり。

◆「恋妻家 宮本」
宮本

TV「家政婦のミタ」の人気脚本家・遊川和彦が重松清の『ファミレス』を原作に、
記念すべき監督デビューを飾ったコメディ。
子どもが巣立って2人きりの生活を送る中年夫婦を主人公に、
妻が隠していた離婚届を見つけしてしまった夫の戸惑いと混乱をコミカルに綴る。
主演は阿部寛と天海祐希。

この作品もコメディ。深刻な内容よりこういった思わずニコリとするようなものが良い。
阿部寛はごつい顔に似合わず、判断力のないひ弱な人物として描かれる。
料理に目覚めており、ところどころに色々な料理が出てくるのも面白い。

映画でもドラマでも、思わず心から感動して見るものとそうでないものは、何の差なのだろうか。
やはり脚本の力量によるところは大きいと思う。
セリフの一つ一つに心を震わせ、思わず見入ってしまうものと、そうでないもの。
観ているうちに時間が勿体ないと思わせるものだってある。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドラマ「きのう何食べた?」が面白かった

2021.04.10(18:54) 6302

広島ブログ

◆このところ韓流ドラマばかり見ていたが、久しぶりに見た日本のドラマが面白かった。

『きのう何食べた?』.

よしながふみによる日本の料理漫画作品。
『モーニング』(講談社)にて、2007年12号から月に1度のペースで連載中。

2019年4月6日から6月29日までテレビ東京系「ドラマ24」でテレビドラマが放送された。
2021年に東宝系で映画化の予定。


何食べた?

ネットフリックスでは、30分ものを12話で。

几帳面な弁護士・筧史朗と、人当たりの良い美容師・矢吹賢二の2人が
2LDKのアパートで暮らす毎日を、食生活メインに展開する物語。
主人公2人はゲイのカップルであり、メインの食生活以外にも、ゲイが抱える諸事情や、
筧家を舞台にしてゲイの息子とその両親がどう向き合うかも描かれている。
基本的に毎回一話読み切り。登場人物たちは実際の年月の進みに合わせて年をとっていく。
キャッチフレーズは「2LDK男2人暮らし 食費、月3万円也。-ちょっと増えました-」。

ストーリー内に於いて毎回かなりのページを史朗の調理のシーンに費やしており、
それが話の本筋と密接に関わっているのが特徴。

料理のシーンもほとんどレシピ本同然の詳細な描写があり、
食材や調味料の代用は何がいいかなどのアドバイスなども折り込まれている。
単行本には作品内に登場した料理のレシピも掲載されている。

2009年版「このマンガがすごい!」オトコ編6位。
2014年5月16日のNHK『あさイチ』で紹介されたほか、
TBS系『マツコの知らない世界』(2017年1月24日放送分)の「マンガ飯の世界」で
「レシピ本として使えるおすすめマンガ第1位」として紹介された。


西島秀俊と内野聖陽の二人が主人公。二人はゲイ。
西島は弁護士だが、料理が得意で、日々2人用に様々な料理を作る。
それを見ているだけで楽しい。
内野は美容師。何を食べても美味しいと褒める。
美味しいものを食べている時は本当に幸せそう。

一時期は日本映画を観る気もしなかったのだが、なかなか面白いドラマだった。
何よりも食の世界を見るだけでも楽しい。

◆今日の我が家の朝食。

IMG_2243.jpg

・ご飯は玄米と麦入り。梅干しやふりかけ。時には食パンの日もある。
・具だくさん味噌汁。
・おかずは卵か豆腐料理と野菜。今日は卵。漬物も。
(この日はないが納豆は一日1回は食べる。)
・お手製ヨーグルト、黄な粉がけ(今ははったい粉)。
・・・日によって多少変わるが、こんなものだ。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

筋トレとストレッチ・恐るべしネットフリックス

2020.12.04(18:42) 6223

広島ブログ

◆介護病院のリハビリに通い出して2か月が経ったので、2度目の体力測定をした。
自信はなかったが、何と片足立ちがかなり長く出来るようになっていた。
これまでは、膝の痛さもあってすぐにふらふらとしていた。
筋力がついて足のバランスが取れてきたようだ。
やはり2か月の継続効果は出てきている。

足首とふくらはぎが固いのでストレッチをすれば良いと言われ、
意識してやってみたら、歩行が少しだけ楽になった。

足の曲げ伸ばしが出来にくくて痛むので、エアロバイクも出来ずにいたが
そろそろ挑戦しても良いのではと思い、始めることにした。

筋力をつけ、ストレッチで足を柔らかくしていけば、今後も効果は期待できるだろう。
飽きずに気長にやっていこうと思う。

◆日々の生活の中で、現在一番楽しみにしているのが、
「ネットフリックス」による映画やドラマの視聴だ。

韓流ドラマ「愛の不時着」から始まったが、ドラマは何とも長い。
面白ければ夢中になれるが、次が気になって仕方がないのが困る。

そのうち映画を観出した。映画なら1~2時間で完結なのでほど良い。
夜、すべての用事が済めば後は寝るだけの時間になるので、スマホで視聴する。

2時間でも長い気はするが、テレビはほとんど見ないので、どうにか可能なのだ。
テレビ番組はほとんど見なくなった。食事時のニュースくらいしか見ない。

最近見て嵌ったのは「ザ・クラウン」。イギリス王室の壮大な話だ。
映画ではなくドラマなので実に長かった。シーズン4が出たと盛んに宣伝していたが、
シーズン1~3もやっていたので、初めから見た。各10話からなるので全部見れば40話。
1話だけでも映画並みの内容なので、飽きることはない。
4シーズンは136億円かけ、1話だけで14億円かけている。スケールが違う。
贅沢な予算で、映画並みだ。ロケのスケールが大きく、大量のエキストラだ。
それも豪華な衣装だ。宮殿もどこまでが実物か作りものかが分からないほど。

エリザベス女王の独身時代から始まり、結婚、父王の急逝により女王になり、
4人の子を産み、女王の仕事に明け暮れる。
事実を元に多少のフィクションも交え話は進む。今後5話6話(最終章)も予定されている。

スケールの大きさだけでなく、人間も良く描かれている。
こんなドラマを観れば、日本のドラマやテレビ番組などは観られなくなった。

恐るべし「ネットフリックス」(動画配信サービス)だ。
日本に進出してまだ5年。当初は苦戦したが今年8月末には有料会員が500万人を突破。
過去1年だけでも新規加入者が200万人だという。コロナ禍も影響しているだろう。
「愛の不時着」の功績もある。

CNRLUMd2RRkbSBbHavGdKz01fXvJCEtVrUmP5gCm[1]

映画館に行かなくても良い。テレビでなくても良い。レンタルビデオ店に行かなくても良い。
いつでもどこでも自由に映画やドラマが観られるのだから、これほどのものはない。
今はまさにこれだけに熱中しているため、他のことが抜けていることもあるのだが。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ネットフリックスで「愛の不時着」から「アンという名の少女」へ

2020.10.11(19:06) 6194

広島ブログ

◆最近の一番の楽しみは、ネットフリックスでの映画やドラマの視聴だ。
スマホで見るので画面こそ小さいが、pcでもなく、テレビでもなく、映画館でもない、
いつでもどこでも自由に見ることが出来るのが何とも良い。

CNRLUMd2RRkbSBbHavGdKz01fXvJCEtVrUmP5gCm[1]

しかし、日中に時間を確保するのは難しいので、一日の用事が済んで後は寝るだけになった時だ。
以前はこの時間には読書をしながらいつの間にか寝入ってしまっていた。
ネットフリックスでの視聴では、面白くて次が気になり眠気が来ない。
だからついつい睡眠時間が削られ睡眠不足になる。

◆元々のスタートは「愛の不時着」から。その後「梨泰院クラス」に続き、韓流ドラマを計8本見た。
どれも1話が70分前後あり、ほぼ16話からなる。
何とも長いが、見出すと次が気になり止められない。
週1ドラマと違い、一気に連続して見られるのが良いような良くないような。

そのうち、この16話連続がややきつく感じ出して、よほど面白くないと見る気がしない。
しかし、韓流ドラマは押しなべて結構面白いのだ。
多く見たら韓国語が耳についてきた。日本語と同じ発音の単語もあるし、語順も同じなので
馴染みがある。

◆それでも、少しは違うものも見ようと、「ハイジ」の実写版を観たら、これが結構面白かった。
場面はスイスなので、言葉はスイスドイツ語だった。
アニメでおぼろげながら筋は知ってはいたが、改めて見ると、全容が分かった。

最近見終わったのがドラマ「アンという名の少女」(2017年カナダの制作)
「赤毛のアン」は多くの映画になっており、以前にも別映画を見たことがある。
ミュージカルも見たし、本も読んだ。どれも魅力あるもので、まさに不朽の名作だ。

今回のこの作品はNHKで現在毎週日曜の夜、地上波で初放送されている。
この時間帯には良い作品が多く放送されており、以前何作か見たものだ。
それでも、週に1作品だから長く続く。

今回のこの作品は3部作で全27話。1話が45分なのが丁度良い。
あまりにも長く広い内容なので、原作にない独自の話もある。

舞台は美しいし、主人公のアン役の演技が上手い。おしゃべり役のアンなので、
機関銃のようにしゃべる。よくぞセリフを覚えたものだと感心する。
日本語字幕で見れば英語の勉強にもなる。

「カナダで続編を望む声が多く寄せられた人気ぶり」だそうだ。
見終わって余韻が残り、今は虚脱状態だ。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

「梨泰院クラス」視聴スタート

2020.09.07(17:51) 6177

広島ブログ

ここしばらくブログをご無沙汰している。
何だか書く気がしないのだ。

平素の自分は、書くことで気分転換をしていることが多いが、
今は全く反対の気分なのだ。

今は合間には、ネットフリックスに熱中している。
「愛の不時着」に続いて見ているのは「梨泰院(リテウォン)クラス」だ。
共に今年話題になった韓流ドラマである。

「愛の不時着」は愛と感動のドラマチックな内容で、
16話を2巡したばかりで、まだ余韻冷めやらない。

こちらは韓国版「半沢直樹」とも言われる。
全く傾向の違うドラマだが、評判通りそれなりに面白さを感じ出している。
1話が1時間以上になるので、時間を作っては見ている。全16話。見るだけある。

映画やドラマがこれほど面白いとは・・・・、
最近は読書やテレビ視聴時間も減ってきている。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


映画・テレビ・ドラマ・音楽
  1. 映画「引っ越し大名」など4本視聴(04/15)
  2. ドラマ「きのう何食べた?」が面白かった(04/10)
  3. 筋トレとストレッチ・恐るべしネットフリックス(12/04)
  4. ネットフリックスで「愛の不時着」から「アンという名の少女」へ(10/11)
  5. 「梨泰院クラス」視聴スタート(09/07)
次のページ
次のページ