タイトル画像

外食「麺あっぷ」・父の退院後の話し合い

2020.11.27(18:46) 6219

広島ブログ

◆実家行き。
このところ昼の外食が多くなった。
実家へ行く途中で立ち寄ったのは「麺あっぷ」(広島県廿日市市大野別府)。
開店時間が短いので、なかなか立ち寄れない。

IMG_1411.jpg IMG_1413.jpg

ブログの「外食」の書庫を探してもない。「うどん」の書庫にあった。
初めての利用は2016年7月14日の記事に書いている。
それ以後、今回で3回目くらいの気がする。

久しぶりに来てみたら、値段が上がっていた。無理もないのだが。
食べたのは「いなり定食」(¥830)以前は760円だった。
広島県のGoToEatが使えるので、500円券を使った。
おつりは出ないので1000円券が使えない。食事券は使用が楽だ。

IMG_1410の2 IMG_1412.jpg

出汁に拘っているようだ。それでも、格別美味しいとは感じなかった。
自分は讃岐うどんが好きなので、ここのうどんはそれとは少々違う。今回はそばにしたのだが。

だし

このお店は広島市の十日市にあったが、ここ大野に移り、計30年になるという。
30年も続くと言うことは、それなりに人気店であると言える。
国道沿いではなく、裏道のチチヤス牧場の近くにある。

◆その後実家へ行って、いつもの作業。
風通し、郵便物、畑の野菜収穫・・・・・。今回は少ししかおれなかった。

14時から入院中の父の病院から呼び出しがあったのだ。
弟と2人で出向いた。病院側は、医師、リハビリスタッフ、地域連携課職員など5人も。
父の現状と退院後の話だ。入院は「90日ルール」があるので、
退院後のことを早目に準備する必要がある。
今回はあらましの話で、具体的にはまだまだだ。

私は父とは10月22日の入院以来。
父はベッドに寝ていたが、家にいるように自由にならず不満そう。
食事も好きなものが食べられないと言う。
目も見えにくくなっており、リハビリも疲れるし、とにかく元気がなかった。
面会も自由にならず、時間も短い。
「ボケ」の症状は出ていないようで、かすれがちな声だが言っていることは理解できる。

今後のことをしっかりと考える時期に来ているようだ。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


うどん トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

丸亀製麺の「打ち立てセット」をテイクアウトした

2020.08.14(19:24) 6163

広島ブログ

コロナ禍で、飲食業界の苦境は察するに余りある。
そんな中でも、様々な工夫で今を乗り切ろうとしているのが見てとれる。
お客が見込めない中、手をこまねいてばかりもいかず、
テイクアウトやデリバリー商品などで奮闘している様子が伝わってくる。
今年の前半期には、我が家でもテイクアウトの品を随分利用したものだ。

丸亀製麺はこれまで天ぷらだけは持ち帰りがあったが、
肝心のうどんの持ち帰りはなかったのだ。
打ち立てを食べてもらいたいという拘りから、持ち帰りは考えられなかったのだろう。

それでも、最近さかんにテレビのCMで見かけるようになったお持ち帰り商品。
「打ち立てセット」
お店でも食べられるし、持ち帰りもできるというもの。
ブログのお友達も最近これを食べたという記事を書いていた。

私の生活圏内の近くにはこの店がないので、すぐには自由に行けないのだが、
実家の帰りの国道沿いには宮島口店があるので、早速寄ってみた。

IMG_0991.jpg IMG_0992.jpg

3人前と4人前がある。3人前で1500円。お得感いっぱいだ。
うどん、いなり、てんぷら6品、薬味のネギが揃う。
セットにしてあるものがすぐに出来るのかと思ったがそうではなく、
てんぷらは好きなものを自分で自由に選び、お盆に並べたものを自分で袋詰めする。

「おいしさのため、20分を目安にお召し上がりください」とシールが貼ってあるが、
それは到底かなわないが仕方がない。食べたのは1時間以上過ぎてからだった。

てんぷらは一度には食べきれず、翌日のおかずになった。
やはり出来立てをお店で食べる方が美味しいのは言うまでもないのだが。

このセット物は8月末までの期間限定品だ。好評ならさらに続けてほしいものだ。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


うどん トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

外食・2年ぶりの「うどんの麺あっぷ」

2018.04.28(08:08) 5638

先週、葬儀の前の忙しい時間をぬって実家へ出かけた時のこと。
自宅を出るのが遅かったので、もうお昼時になっていた。
父に「届いた弁当を食べていて」と言って、私は外食をすることにした。
 
実家行きの時は、大野町のチチヤスの近くにあるうどん店の前をいつも通るが、
開店時間に立ち寄ることが出来ない。
 
四国の讃岐うどん店などもそうだが、閉店時間が早いのだ。
四国は開店時間も早いが、ここは開店も昼前からだ。とにかく開店時間が短いのだ。
この時間帯にここを通過することはないので、めったに立ち寄れないのだ。





 






「うどんの麺あっぷ」(広島県廿日市市大野別府)
以前1回だけ寄ったことがあるが、2016年7月のことで、もう2年も前だ。
 
その時は初めて立ち寄れた感激が大きかった。
うどんそのものは、讃岐うどんとは違うので、そう感激はしなかった。
 
「日替わりうどん定食」にした。
前回も同じものだったが、値段が20円上がっている。




今回は、2度目ということで、じっくりとうどんを味わえた。
出汁がよく出ており美味しい。思わず全部飲み干しそうだった。
「手作りのだし」とある。

うどんとむすび以外にもおかずがついているのが嬉しい。満足した。



短い開店時間なので、昼食に立ち寄る客でいっぱいだった。


ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓



美しく歳を重ねるために


タイトル画像

毎月1日は「釜揚げうどん半額」の日・今ごろ花粉症

2018.04.03(08:38) 5617

◆日曜日は実家の父との花見。その後は、父の夕食と翌朝の食事を準備して帰った。
 
帰る途中に宮浜温泉で入浴をするかもしれないと思い温泉セットを持参してはいたが、
身体がだるく何だか入る気にならないので止めた。
もう2週間以上にもなるのに、いまだに胃の不快感が残り、体が怠いのだ。
 
◆ここ最近になって花粉症ひどくなってきている。それでも、今年はかなり遅かった。
スギ花粉はもうほとんど終わっているというから、ヒノキ花粉に反応しているのだろうか。
3月末頃から花粉症に見舞われることは本当に珍しい。
今のところ薬を飲むほどではない。マスクと帽子は必需品。時に話すプレーを使うほどだ。
この時期は、鼻紙を大量消費する。
 
◆夕食は丸亀製麺(宮島口店)に夫と2人で寄った。
「毎月1日は釜揚げうどん半額の日」なのだ。これもかなり定着したようで、お客も多い。
ここ何ヶ月か、私はこれを利用している。



釜揚げは「並」を頼んだが、それすら全部食べられない。
最近は一度にたくさん食べられないのだ。だから体重は下がり気味だ。
以前は、ちょっと食べたらすぐに体重増になっていた。
何を食べても美味しくて、体重増で困っていたのが今では嘘のようだ。
 
今回の支払いは、2人で510円。(釜揚げうどん並2、てんぷら2)ワンコイン並みだ。
有難いほどの安さである。



毎度貰うその月有効期限の「集めてうれしいうどん札」が、なかなか集まらず利用できない。


 
いつもこの店では外の宮島を眺めて食べる。遠くに宮島の鳥居が見えるのだ。
今回は、すぐ手前側の海の浅瀬に多くの人を見つけた。
潮干狩りをしているのだろう。幼い時によく経験したもので懐かしい。
海に入るのに快適な季節になったということだ。




ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

1度は行ってみたかった「地粉うどん・わだち草」へ

2018.03.18(08:08) 5602

◆昨日は、いつか行ってみたいと思っていたうどん店へ出かけた。
新聞や雑誌、ブログ記事などでよく見かけるお店。
「地粉うどん店・わだち草」(広島市安佐北区落合5-3-17)だ。
 
◆やっとたどり着いて、もう少しで店の前までというほんの数分前に
目の前で交通事故を目撃した。
 
ガソリンスタンドから出る車が、直進するピザ配達のバイクにぶつかったのだ。
バイクはすぐに転倒した。私の車の目前だったが、こちらも右折しないといけないので
立ち止まるわけにもいかず、その場を離れた。
しばらくして救急車やパトカーがやって来た。
 
交通事故は怖い。ほんのちょっとしたことで大きな事故になる。
それを目前で出くわすと、怖さを実感する。
 
◆うどん店に入った。拘りのお店のようで、
「小麦は無農薬栽培、地産地消の野菜や米、無添加スローフード食材、調味料を使用」
「割りばしはひろしまの森の間伐材」とある。

これだけこだわれば、人気のお店になるのもどうりだろう。
 





昼食時に行ったら、外の駐車場もお店の中もいっぱいだった。
 
▼夫が食べたのは「海老天釜揚げうどん」





▼私は「小さなぶっかけうどん温」と「ランチセット(サラダとむすび)」










うどんはコシがある。出汁はほど良い味で、飲み干したくなるほどだ。
珍しい平べったいうどんだ。半分サイズを注文したが、これだけでもちょうど良い量だ。

むすびのお米は「自家栽培のコシヒカリ」で、固く握っているので食べ応えがあった。
サラダには豆腐が入っていた。
 
一度は行ってみたいと前々から思っていた店だったので、念願かなって満足した。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓





美しく歳を重ねるために


うどん
  1. 外食「麺あっぷ」・父の退院後の話し合い(11/27)
  2. 丸亀製麺の「打ち立てセット」をテイクアウトした(08/14)
  3. 外食・2年ぶりの「うどんの麺あっぷ」(04/28)
  4. 毎月1日は「釜揚げうどん半額」の日・今ごろ花粉症(04/03)
  5. 1度は行ってみたかった「地粉うどん・わだち草」へ(03/18)
次のページ
次のページ