タイトル画像

暖かいので畑作業・かき揚げと回鍋肉

2024.02.13(16:23) 7322

広島ブログ

◆今日は午前中に1時間ほど畑作業をした。外作業が苦にならない時期の到来だ。
いつになく暖かく、作業をしているうちに汗をかいたほどだ。

小ぶりなものばかりだが、今日の収穫。

IMG_1236.jpg

去年衣類の整理をした時に、衣装ケースがたくさん不要になった。
ゴミに出すことにしていたが、ふと思いついてプランター代わりにしてはどうかと考えた。
まずは1ケースだけだが、土や肥料などを入れて野菜畑にしてみた。さてどうなるか。
衣装ケースはまだまだたくさんある。良ければこれで増やしていこうかな。

IMG_1238.jpg

◆うどんとかき揚げ。

IMG_1232.jpg

回鍋肉をよく作る。キャベツを惜しみなく使ってコールスローも作る。
ご飯が少しだけ残った時には水を足して、お餅やサツマイモなどを入れ、お粥風にする。

IMG_1239.jpg

■<広島ブログ>に参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

■<にほんブログ村にも参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島市情報へ


スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

畑の恵みに感謝

2024.02.12(15:43) 7321

広島ブログ

◆まだ寒い日もあるが、時には日が差して暖かい日もある。春は少しずつ近づいている。
そうなればに出たくなり、畑作業らしきものを少しだけする。

小松菜、サラダ野菜、蕪の収穫。もうほとんど終わりに近い。
放っておくと実にすがたってくるし、葉先が菜の花になる。

IMG_1221.jpg

大根は大きくならなかったが、それでも15本近く収穫した。
浅漬けをたくさんしたが、たまには趣向を変えて、酢漬けにしてみたら美味しい。

IMG_1194.jpg

IMG_1223.jpg

◆収穫野菜を使ってサラダや酢の物にする。

IMG_1222.jpg

頂き物の西京漬けも最後の1匹は、銀鱈だ。これももちろん美味しい。
フライパンにクッキングシートを敷いて焼くと、ほど良い柔らかさになる。

IMG_1193.jpg

野菜作りは本格的なものではなくて、ささやかなものだが、畑の恵みに感謝だ。

■<広島ブログ>に参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

■<にほんブログ村にも参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島市情報へ



美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

花粉の飛散がもうすぐ・蕪の収穫と漬物

2024.01.30(16:53) 7308

広島ブログ

◆午前中は少し暖かかった。
今週は雨が降る日もありそうなので、今のうちに布団を干しておいた。

良い天気だが、遠くを見れば微かに空が霞んでいるようにも見える
花粉の飛散はまだのようだが、最近はpm2.5が「やや多い」という日が続いている。
1月は鼻詰まりにも悩まされた。2月になればいよいよ花粉の飛散が始まる。戦々恐々だ。

◆日々書類の片付けやら、部屋の片づけなどをしている。
時間が空けば、外に出て菜園の細かな作業をする。冬の間は大きな作業はほとんどない。

蕪を収穫した。あまり大きくは育たなかったので即席漬けにでもする予定だ。

IMG_1102.jpg

小松菜もかなり漬けたら、広島菜の漬物のようで美味しい。
ご飯に漬物はなくてはならない。

最近は野菜が全体的に以前よりはやや安くなってきている。
白菜もたくさんあるので、これまた即席漬けにしている。
昔は白菜も今よりももっと安くて、何株か束になったものを買っては、桶に漬けていた。
今は半分に切ったものやら、4分の1の物を買う時代だ。

大根が大きく育てばたくあんにでも出来るが、小さくて量も少ないのでそうはならない。

明日で1月も終わりだと気付いた。
1月は「いぬる」、2月は「逃げる」、3月は「去る」。この時期は過ぎ去るのが速い。

■<広島ブログ>に参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

■<にほんブログ村>にも参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島市情報へ



美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

散歩(みかん・山茶花・河津桜)・果樹に寒肥を施す

2024.01.08(16:33) 7286

広島ブログ

◆昨日のフィットネスの帰りに、遠回りをして散歩を兼ねて歩いた。
散歩だけのためにわざわざ出かけるのが億劫で、散歩が出来ないでいる。
少し遠くまで歩くと足が痛くなり、帰りが不安になるのが原因だ。

寒い日だったが、歩けば心地良い。足が痛まずに軽快に歩けばいうことはないのに。

道のそばの畑にみかんの実が生った木が見える。いいなあ。柑橘類の木に憧れる。
IMG_0938.jpg

山茶花。赤と白が植えてあるが、対に植えているので、同じ山茶花だろう。
白の山茶花は私にとって目新しい感じだ。
IMG_0943.jpg IMG_0940.jpg

河津桜の様子を観察した。微かに芽が育っているようだ。
ソメイヨシノよりも1~2か月は早く咲くので、今はもう準備期間だろう。来月には咲く所もあるようだ。
IMG_0945.jpg

◆帰宅後、少し畑に出て小松菜を収穫した。
たくさん大きく育ち過ぎて収穫が追い付かない。
収穫しても、土もついているので水洗いが必要。手間がかかるのだ。
そのまま冷蔵庫の野菜室に入れると溢れかえりそうなので、
ゆがいてタッパーに入れ、冷蔵室で保存すればコンパクトになる。

その後、果樹に寒肥を施した。夏みかん、温州みかん、伊予柑、柿の4種類だが、
今年は去年よりはしっかり実が生ってくれるかな。

夏みかんはもう何十年も前に植えたもので、大木だが実はほとんどならない。
ある年に「もう今年はこの木を切ってしまおう」と決心したら、その年から少しずつ実が付き始めた。
まるで心の声を聞いたかのようで、今でも語りぐさりになっている。

■<広島ブログ>に参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

■<にほんブログ村>にも参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島市情報へ



美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

菜園野菜と料理

2023.12.13(16:45) 7260

広島ブログ

■今日は夫の通院日で朝早くに車で送り、午後からは1週間振りにフィットネスへ。
最近は、フィットネスの開催時間帯が部屋の関係で変則的になってきており、
先週はとうとう週1しか行っていない。週1では、運動すると疲れが出る。週2は行かないといけない。
そういえば、落ち葉をたくさんかき集めて袋に入れた。これも案外疲れる。

◆最近の食卓のおかずは、畑の小松菜を使い、肉に添えることが多い。
その肉料理は以前なら焼肉のたれかお好みソースなどで簡単に味付けをしていたが、
肉には片栗粉をまぶし、青椒肉絲を作った時の合わせ調味料を作って味付けをする。
オイスターソースやニンニク、酒、砂糖、しょうゆなどを使うと、味に深まりが出る。

IMG_0754.jpg

ニンニクはすりおろしを使うのだが、百均で便利な道具を見つけた。これは簡単に出来て便利。
IMG_0755.jpg

◆豆苗を日の当たる場所に移動したら、どんどん伸びていくこと。
IMG_0789.jpg

◆サラダ野菜がよく育つ。根から抜かずに葉を摘み取れば、次々と育っていく。
IMG_0793.jpg

間に蕪も育っているのに気付く。
IMG_0784.jpg

◆菜園では小松菜の次に大きくなったのが、サラダ野菜。重宝すること。

IMG_0799.jpg

◆野菜市で買った柚子と、婚家でもらったものを合わせて柚子ジャムを作った。
半分はお風呂にも入れて、気分が良かった。
手作りジャムは添加物なしで、砂糖も少なめで、健康志向にぴったり。
IMG_0783.jpg

■<広島ブログ>に参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

■<にほんブログ村>にも参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島市情報へ



美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
家庭菜園・庭いじり
  1. 暖かいので畑作業・かき揚げと回鍋肉(02/13)
  2. 畑の恵みに感謝(02/12)
  3. 花粉の飛散がもうすぐ・蕪の収穫と漬物(01/30)
  4. 散歩(みかん・山茶花・河津桜)・果樹に寒肥を施す(01/08)
  5. 菜園野菜と料理(12/13)
次のページ
次のページ