タイトル画像

恵みの雨

2020.09.12(19:17) 6179

広島ブログ

◆7月末に梅雨が明けてから、日々暑さとの闘いで、雨が降らない日が続いた。
毎日の水やりに励んだが、畑には一向に効果はなく、雨が待たれた。
梅雨時期には、あれだけ「雨はもういい」と言っていたのに、人間は勝手なものだが。

このところ台風の影響などで雨がよく降ったが、それでもお湿り程度だった。
それが昨日今日は一転かなりの豪雨になった。

雨が降ると畑の木々や野菜が生き返る。
毎日の散水では間に合わなかったが、自然の雨は効果がてきめんだ。

現在は野菜の価格が高騰している。夏の高温や台風の影響だ。
家の野菜も同じこと。水は毎日撒いても土の表面が湿る程度。当然実もならない。
暑さで手入れもままならない。

雨のおかげで野菜もやっと息を吹き返してきている。
鉢植えのゴーヤはあまり繁らなかったが、土植えの方は繁ってきて、
ミカンの木に巻き付いている。実もどんどん生ってきている。

IMG_1054.jpg IMG_1055.jpg

プチトマトも毎日数個ずつだが収穫できる。

IMG_1056.jpg

ふと見れば小さなスイカの実が1個育っている。
植えた覚えはないので、残飯の中の種から育ったのだろう。
次第に重くなるので、ネットで覆った。
それでもこの時期からでは実が大きくなることは期待できないだろう。
店頭にはスイカはあっという間に姿を消した。今年はあまり食べられなかった。

IMG_1046.jpg IMG_1060.jpg

◆ドイツも日本と同じように暑さも峠を越えて、気温が下がってきているという。
みんな元気でやっているようだ。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

実家でも畑仕事と収穫

2020.07.19(20:09) 6144

広島ブログ

膝靭帯損傷のために6月はほぼ行かなかった実家だが、7月になりやっと週2回行けるようになった。

今日はかなり暑かった。
いつも通り家事をした後、帰るまでの1時間を畑の草取りに当てようと考えた。

その前に、トマトと茄子の収穫後、畝耕しと追肥を施しておく。

そして草取りを始めたが、暑いのなんの・・・先日までの低温から一気の上昇だから、
体がまいりそう。へたをすれば熱中症になりそう。
大事になる前に適当なところでやめておいた。

本日の実家の畑での収穫。トマトはミニだけではなく普通の大きさのものも。

IMG_0903.jpg IMG_0904.jpg

IMG_0906.jpg IMG_0907.jpg

弟が植えたものは、さつま芋とカボチャ。
カボチャは実が8個以上も生っている。もう少しで大きくなるので楽しみ。

それにしても、自宅でも実家でも両方で畑仕事とは、何とも・・・・。

広島ブログ




美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

晴れ間には服の整理・ピザ風トースト

2020.07.18(20:24) 6143

広島ブログ

梅雨期の低温が結構長く続き、ある意味で過ごしやすいが、
さすがに雨が降らない日は気温が上がる。
梅雨はまだ上がっていないが、真夏はもうすぐやってきそう。

2階の生活を1階に移してからというもの、便利が良いこと限りなく、
たまに2階に上がるだけなのに億劫になってきている。

それでもタンスは2階にあるので、夏用の服も入れ替えねばならず、頑張って上がる。
家の中に手すりが必要になってきている。

衣替えの季節はそれでなくても忙しい。

菜園作業もほとんどしていないが、細々と収穫だけはしているが、
今はプチトマトやキュウリくらいしかない。毎日少量でも、育ったものはその都度採っている。

IMG_0898.jpg

IMG_0899.jpg IMG_0901.jpg

収穫後は、新鮮なうちに早速食べる。ピザ風トーストにして食べた。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
タイトル画像

野菜と果樹の実

2020.07.03(16:02) 6130

広島ブログ

梅雨の晴れ間は短い。またしても雨。雨が降ると外出をしたくなくなる。

大量の雨は要らないが、ほど良い雨なら大歓迎。
稲作には必要な雨だし、野菜作りには有難い雨。

家庭菜園。野菜の花の後は、今回は実を集めてみた。

ゴーヤの実。キュウリの実は、もう3本収穫した。採れたて野菜は瑞々しくて美味しい。
IMG_0833.jpg IMG_0836.jpg

プチトマトの実も、何個か収穫して食べた。カボチャの実。
IMG_0837.jpg IMG_0839.jpg

果樹のミカン。たくさん咲いた花もほとんどが落下し、残ったのは数個。
黄色い実が1個落ちていた。見える範囲では実は2個しかないが、楽しみ。
IMG_0834.jpg

裏庭には柿の木もあったが、雨が降るので写真を撮るのは一苦労。また別の機会に。

広島ブログ


美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ハーブティー・コロナも下火に?・嫌な上半期だった

2020.05.23(19:27) 6107

◆今は菜園野菜で収穫するものがほとんどない。
それでも、庭には樹々やハーブなどが生い茂り、緑いっぱいだ。

ミント、ローズマリー、チェリーセージ、レモンバーム、月桂樹などを
植えているが、なかなか活用できていない。

料理や、飲み物、お風呂に入れたりすることが出来るのだが、
そうしょっちゅう使うものでもない。

ハーブの本もあったのだが、めったに使わないものだから、
使おうと思ったら見当たらない。処分したのかもしれない。

レモンバームが繁りまくっている。
摘んでは花瓶に生けているが、今回はお茶にしてみた。ハーブティーだ。

IMG_0639.jpg

IMG_0645.jpg

ガラスのティーポットは壊してしまって今はないので、コーヒーポットで代用した。
沸騰したお湯を入れた後、暫くして飲んだが、
ハーブ特有のやや薬っぽい味がする。レモン味はしないが、すっきりする。

調べたら、ビタミンCに富み、胃腸の調子を整えるらしいので、
今は痛み止めを飲み続けたため胃が痛いので、ちょうど良いかもしれない。

◆右膝痛は相変わらず。

一度傷めた左膝は、もう18年近くも苦しんでいるが、治るものでもない。

単なる捻挫なら時間の経過とともに治るのだろうが、
今回ひねって傷めた右膝も、左膝同様に老化と共に軟骨がすり減っているので、痛みを伴うのだ。
軟骨は再生しないので、これはもう治らない。

一時的な炎症が治まれば少しは楽になるだろうが、この先は明るい見通しはない。

病院から借りている松葉づえとサポーターは、
しょちゅう使わないので返却しようかどうか迷っている。

それよりも、もう2週間以上も車の運転をしていない。
今後どうなるかが一番気になる。
車が駄目なら歩きや自転車にすれば良いのだが、それも出来ないのだから悲観的だ。

買い物には車で連れて行ってもらっても、店内を歩くのもしんどいので、
今は私は買い物はほとんど行っていない。
用事の度に夫に車に乗せてもらうのも、自由がきかないもどかしさがある。

これまで一人で何もかもやっていたことが出来ない不自由さを、今さらながら知った。

◆5月ももう下旬になる。
コロナも次第に下火傾向になりつつあるが、完全終息ではない。
この数か月をどう過ごしたか、忘れるほどだ。

ブログを読み返してみた。
2月頃から「コロナ」の文字が出ている。
3月~5月はもうコロナ一色。本当に長かった。
ほとんど家にいた。まさに「ステイホーム」だった。

その間、運動不足で体力がどんどん落ちていった。

5月11日に右足を捻挫して、膝痛が出た。歩行困難になるほどの結構大きな出来事だった。
その数日前にも予兆はあった。コロナのせいで病院行きを控えていたのがいけなかった。

あれもこれもすべてコロナのせいだ。自分自身の注意不足のせいではあるのだが。

今年はコロナの年、右膝を傷めた年、記憶に残る年となった。
良い思い出ではないのが悲しい。
とはいえ、まだ1年の半分も済んでいない。来る下半期こそは良い年になってほしい。


美しく歳を重ねるために


家庭菜園・庭いじり トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
家庭菜園・庭いじり
  1. 恵みの雨(09/12)
  2. 実家でも畑仕事と収穫(07/19)
  3. 晴れ間には服の整理・ピザ風トースト(07/18)
  4. 野菜と果樹の実(07/03)
  5. ハーブティー・コロナも下火に?・嫌な上半期だった(05/23)
次のページ
次のページ