タイトル画像

誕生月・WhatsAppが便利

2020.05.25(19:33) 6108

◆日曜日には1週間振りに実家へ。
これまでは週2回行っていたが、今は週1回しか行けていない。

自分一人では車の運転が出来ないので、夫に車で連れて行ってもらう。
歩くと右膝が痛むので、右足で車のアクセルやブレーキが踏めるどうか不安で、
そろそろ試してみないといけないのだが、勇気が出ない。

無理は禁物。3週間は安静にしておくようにと言う医師の助言なので、
6月初め頃まではまだ運転はしない方が良いかもしれない。

実家では、台所仕事をどうにかやる。
暑くもなって来たので、冬の寝具を入れ替え、洗濯もする。
こういった仕事でも、家の中を結構歩かねば出来ない。

それでも週に1回位は行かないと、弟にも迷惑をかけてばかりだ。
帰りに車内から外を見ると、入道雲のようなものが見られた。

IMG_0650.jpg

◆5月は私の誕生月。
握り寿司と、今は帰国中の次女が買ってくれたケーキで、家族3人でお祝い。

IMG_0651.jpg

だが年々年を取るばかりで、誕生日はあまり嬉しいものでもない。
幼い子供たちの誕生日とは喜びが全く違うのだ。

◆2月にスマホデビューをしたが、重宝している。ちょうどコロナで騒ぎ出した頃だ。
次女が居てくれたのでスムーズに移行できたのだ。
1人でやるとなるといつまでも決断が出来なかったと思う。

コロナ禍で今では世の中が大きく変わった。
自宅でのテレワーク、テレビの出演者も家からのリモート画面で参加。
ズームZoomというビデオ・Web会議アプリケーションを多く見かけるようになった。
(いつでも、どこでも、どんな端末からでも Web会議を実現するクラウドサービスで、複数人での同時参加が可能。)

各人が自宅から家飲み会をし、パソコン画面で多くの友達と一緒に飲み会をすることもよく聞く。

コロナがなければおそらくこれほどの変革は起こらなかっただろう。

我が家はコロナとは関係がないのだが、ちょうど同じ頃私がスマホを買ったので、
その中のWhatsAppをかなり頻繁に使うようになった。

WhatsApp(ワッツアップ)とはチャットアプリのこと。ヨーロッパではチャットはWhatsAppが主流。

DSC06859.jpg

ドイツとのやり取りは、以前はスカイプを使っていたが、何かと使い勝手が悪く使用が億劫だった。
それがスマホのワッツアップでは簡単に出来るので、1~2週間に1回ほどは連絡を取り合っている。
もちろん時差の関係もあるので、土日にするようにしている。

それでもメッセージ、LINE、メール、WhatsAppの細かな違いがいまだに理解できていない。

スマホに変えて何かと便利この上ない上に、「1ギガ専用割引」「1年おトク割」の利用で
ガラケー使用時より料金が格段に下がったので、2重の嬉しさだ。無料アプリの利用も多い。

夫も合わせてスマホにすればもっと良いのだが、なかなか決断が出来ないようだ。

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


ドイツに関わる事 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

台風・ドイツの結婚式事情

2018.09.05(08:08) 5770

◆昨日の台風は予想より東にそれたようで、四国や近畿の方では被害が出たようだ。
雨は多少降ったが、当地では台風の影響はほとんどなかった。
 
午後からは雨も上がったので、3か月振りに髪を切りに出かけた。
行ってみると、台風の影響で客足が少なかったという。
 
7月の豪雨では、美容院の家主さんの家(地階にある家)は水に浸かったという。
その後は暑い夏で、これまた客が少なかったとか。
病院やスーパーなども、台風などでは人出が少ないようだ。
 
暑さも台風も、外出することを控えるのだ。
 
 
◆最近、ドイツの長女の「海外メール」新聞記事が掲載された。
今回は「ドイツの結婚式事情」がテーマだ。



国が変われば生活様式も変わる。
ドイツは「アットホームな結婚式」だ。
役場や教会、あるいはお城で行ったりする。6月から8月に行うことが多い。
 
結婚式には私も参加したので、その雰囲気を思い出す。
さすがに日本とは大いに違うのだ。
 
ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓
 



美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ便り「湖がホッケーリンクに」

2018.04.11(08:08) 5625

寒の戻りでしばらく寒い日が続いたが、昨日はやっと暖かくなった。
それでも、最近は雨もよく降り、天候の変動が大きい。
 
日本もやっと春が来たが、ドイツの寒さは日本の比どころではない。
長く過酷な冬の寒さに耐えなければいけないのだ。
 
ドイツ在住の長女の新聞掲載「海外メール」記事「湖がホッケーリンクに」。
寒い中でそれを楽しむすべを身に付けているようだ。
また春を待ち望む気持ちもかなり大きなものがあるのだろう。


 
娘は今回で43回目の掲載数になった。
私の「タウンリポーター発」への掲載は42回なので、回数はまさにいい勝負だ。

しかし娘が始めたのは私の4か月後だから、近頃は私の方がピッチが遅くなってきている。
私も負けてはおれないのである。
 
私は長年勤めた仕事を辞めた数年後に、娘は長男を出産後に始めている。
実家の父も80歳頃までは投稿をしていたので、書くことが好きなのは血筋だろうか。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツはエコ意識が暮らしに浸透している

2018.01.16(08:08) 5536

娘の新聞掲載記事。
地元新聞(第2の朝刊)セレクトの読者欄「海外メール」だ。
今回のタイトルは「ドイツのエコ意識 暮らしに浸透」。
 
記事の要約
<大気汚染対策(スモッグ注意報発令の日には電車の運賃が半額になる。
排ガス基準を満たした車のみしか市内中心部に入れないゾーンがある。)
ゴミ対策(レジ袋有料化、空き瓶や空きボトルの回収と返金)
エレベーター(歩ける人は必ず階段を使う。電力の無駄遣いと考える。)
個人レベルでも自然環境への意識が高く、
社会全体で無駄を減らそうとする仕組みが構築されている。ドイツはまさに環境先進国だ。>


 
私も3度ドイツに行って生活をしたので、これらのことは見聞して知っている。
ペットボトルの回収で返金されるということは、購入時にボトル代が上乗せされているということ。
日本ではそれがネックで上乗せされていない。だから平気でゴミにする。
回収に出してもそれは個人の意識レベルの話になる。
 
ドイツのエコ意識の徹底を見ていると、日本がいかに無駄にゴミを出しているかがわかる。
 
2011年2月に始めた娘の「海外メール」投稿記事掲載数は、今回で41回目。
私は2010年10月からの「タウンリポーター発」が8月掲載で40回になる。
近々掲載予定の記事もあるので、同じ41回になる。奇しくも同数だ。

別に競っているわけでもないが、気負わず淡々とやっているうちにここまで来た感じだ。
親子で同じようなことをしているのも、おかしく不思議なものだ。


ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓









美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツのクリスマスマーケットの屋台

2017.12.20(08:08) 5505

■昨日は、夫は実母の通院の付き添い。私の実家の父は弟の付き添いで入院。
今日は私も行ってみるつもりでいる。今は両方とも老親を抱えている状態だ。

今は親も長生きする時代なので、子どももそれ相応に年を取る。
夫婦の片方がみる老老介護もあるが、親子の老老介護の時代でもある。
 
午前中は部屋の掃除機かけ。最近は掃除機をかけるのが億劫になってしようがない。
冬はこたつなどもあり片付けてからでないと出来ないので、特に面倒になる。
気分もそうだが、体力的にも年々しんどくなるのだ。
 
そこで、モップでやったり小型掃除機でやったりすることで済ませてもいるが、
たまには大型掃除機でとことん綺麗にしなければいけない。
それも夫がいると部屋を開け放てないので、いない時を狙ってやる。
掃除機かけは結構な運動量になる。上着を着てやると汗が出るほどだ。
 
■午後からは、1か月に1回の内科と、週に1回の整形外科の通院だった。
通院も来週もう1回整形外科に行ったら今年も終わる。
それにしても今年ほどたくさん病院通いをしたことはなかった。
集計を見るのが怖いくらいお金を使った。

膝の調子は相変わらず。一昨日、久しぶりに散歩をしたら、以前は20分で帰ってこれる距離の
途中で膝が痛くなって困った。お医者さんからは「今は散歩をする時ではない」と言われた。
 
■長女の新聞掲載「海外メール」。2週続けての掲載だ。

今回は「クリスマス屋台」だ。本格的な冬の到来でのクリスマスマーケットのことを書いている。
そこには屋台がたくさん並ぶのだそうだ。クリスマスピラミッドというキャンドルスタンドもあるそうだ。
今まさにクリスマス一色に染まっているのだ。



冬のドイツに行ったことはないが、さぞや寒さは厳しいのだろう。
クリスマスマーケットを見てみたいという気もないことはないが、寒さにはしり込みしそう。
今は老親を抱えているので、海外旅行どころではない。
国内旅行ですら宿泊を伴うものは気軽な気持ちで行けないのだ。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。



美しく歳を重ねるために


ドイツに関わる事
  1. 誕生月・WhatsAppが便利(05/25)
  2. 台風・ドイツの結婚式事情(09/05)
  3. ドイツ便り「湖がホッケーリンクに」(04/11)
  4. ドイツはエコ意識が暮らしに浸透している(01/16)
  5. ドイツのクリスマスマーケットの屋台(12/20)
次のページ
次のページ