タイトル画像

散歩・山の紅葉・菊も終り

2020.12.09(19:37) 6226

広島ブログ

◆時たまではあるが、最近やっと散歩に出かけるようになった。
リハビリ通院は片道10分でもきついのだが、散歩では20分歩いてみた。
さすがに疲れるし、しんどい。歩行はまだまだ元の状態には程遠い。

「散歩」の書庫もあるのに、とんと書いていない。
左足の膝痛だけの時は、それでもまだ歩けていた。今は両膝が不自由だ。
毎朝家の周囲を20分ばかり速足で歩いていた頃が、今では嘘のようで、もうかなわぬ夢だ。

長らく歩いていなかった。久しぶりに歩けば色々な人に出会う。
整形外科でよく出会っていた膝の手術をした人には、会うたびに手術のことを聞く。
他にも出会った人もいるが、帽子にマスクをしておれば近くに来るまでは誰だかわからない。
そういう自分も、マスク、帽子、メガネだ。

家に着いて遠くを見ると、夕陽に照らされた山の紅葉がくっきりと見えた。
これだけ色づいていたのに、じっくりと見たことはなったので、ハッとした次第だ。

IMG_1449.jpg

◆家の菊もそろそろ終わりに近い。
白やピンク系が多く、以前は多かった黄色の菊が少なくなった。
やはり黄色の菊は見栄えがする。

IMG_1439.jpg

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


散歩 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

年賀状・友の菜園・次女の歯痛

2019.12.24(06:00) 6022

22日(日)
実家行き。

父の年賀状を投函した。「添え書きがスムーズに書けない」と言う。
「この年で、もう年賀状は失礼して出さないことにしたら」と助言する私だが、
父は今年もどうにか出し終えた。

年を重ねての年賀状は「もう辞めて良い」と言う人もあれば、
「年に1度の挨拶。元気なことを知らせるので、可能なら出した方が良い」と言う人も。

本人が「出す」と言っており、苦痛や負担でなければ出すのも良いだろう。
そういう私はまだ出し終えていない。早くしなければ。

23日(月)
●散歩に出かけた。

以前は、毎日のように同じコースを歩いた。所要時間と体調の変化が分かるからだ。
今は、同じコースは飽きるので、色々な場所へ出かける。

毎日どころか、週に数回しか行けない。行こうという気力がなかなか出ないのだ。
30分くらいの歩きが結構しんどいので、やや苦痛で歩くことが楽しめない。
健康のため、運動能力維持のために、やや義務的なのだ。だから意欲が出にくい。

DSC06633.jpg

近所の友達の菜園を覗いてみた。多くの種類の野菜が植わっている。
菊の花も植えられている。先日は、里芋を貰った。
広い畑に常にこれだけの野菜を植えているのは、いつもこまめな手入れの成果だろう。

感心するばかりだ。私などはたまに手入れをする程度だから。

●現在、ドイツにいる次女からは、スカイプメールで連絡が入る。時には話もする。
疲れや寒さからだろう、歯が痛んだようだ。異国の地での体調不良は不安なものだ。

旅行保険に入っているが、歯科治療は保険がきかない。
クレジットカードに付帯する保険もあるが、2つあっても共に用をなさない。

クリスマスも近いので、あれこれ忙しくしているようだ。


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

久しぶりの散歩で災害復旧工事現場を見る

2019.12.01(19:09) 6008

●先日、久しぶりに散歩をした。

もう1年どころか2年くらいはしていない気がする。
いつぞやは、散歩に出かけたら途中で膝が痛くなり、家に帰るのにも四苦八苦した。
それ以後もう散歩に出ることはしなくなって今日に至るのだ。

年々脚力が低下する気がする。痛みさえひどくなければ、散歩も必要だろう。
意を決して出かけてみた。

一時期は朝方、朝食作りの前に家の周りを1周20分かけて熱心に歩いていた。
今回は同じコースだったが、35分くらいかかった。

●歩いていると色々なことが目に付く。

2018年7月の広島を襲った集中豪雨からもう1年半近くになるのに、
いまだにあちこち復旧工事が行われてる。
護岸がえぐり取られた箇所の工事だが、かなりの大工事になっている。

DSC06579.jpg

DSC06580.jpg DSC06581.jpg

●ふとそばを見ると皇帝ダリアが咲いている。

DSC06583.jpg

我が家のダリアは、夏の間にすべて枯れて、今年はとうとう咲かなくて、寂しい年になった。

●市民菜園を見るのも久々だ。

大きな変化と言えば、すべての区画にネットが張られていることだ。
この辺りまで獣の被害があるということに驚かされる。

DSC06584.jpg

●紅葉も見られる。
今年は紅葉狩りにも行かなかったが、いつの間にかもう12月になった。

DSC06587.jpg


美しく歳を重ねるために


散歩 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

味覚の秋・果樹

2015.09.13(08:18) 4667

味覚の秋。
散歩途中に見られる果樹も次第に熟してきてそろそろ食べ頃を迎えている。
我が家の庭ではないのが少々残念だが、見るだけで食をそそり、何とも羨ましい。
 
柿と無花果(いちじく)



ザクロと栗



川の土手に植えているものを、這いつくばうようにして収穫している人がいる。
一歩間違えれば川に落ちそうな場所に植えられている。命ががけの作業だ。
第一、そんな土手に果樹を植えて良いものだろうかという疑問もある。
 
それはさておき、果樹は見るだけでも羨ましいものを感じる。憧れるのだ。
我が家には柿があるが、まだ青く食べるにはもう少しかかる。
家中に果樹が広がるような庭が欲しいが、夢に等しい。




の収穫はまだもう少しかかりそう。夏の花カンナがまだ咲いている。

ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

降雨が続く・濁流

2015.09.01(07:47) 4650

明け方、携帯の「緊急速報メール」の呼び出し音で目が覚めた。
土砂災害の危険性のある地域の避難勧告発令の知らせだ。ここ最近もう何度も入る。
当地にはあまり関係ないが、地震速報も入るのでこの設定を取りやめないことにしている。
 



近頃は雨が多い。
今朝の散歩では、県道に沿って流れる
川が濁流になり、轟音とともに流れるのを見た。

平素はきれいな水だが、泥水になっている。それもかなりの急流だ。
 
過酷だった今年の夏の後には、こんなに多い降雨で気温も上がらない。

極端な気候は、野菜の出来にすぐ跳ね返る。野菜が高騰しているようだ。

夏野菜の盛りは過ぎたが、我が家の畑は今は
カボチャ、冬瓜、ニラ、紫蘇、葱などが豊富で助かる。
 
気候は何事もほどほどが良いのだが。


ブログランキングアップにつながりますので、


投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。





美しく歳を重ねるために


散歩
  1. 散歩・山の紅葉・菊も終り(12/09)
  2. 年賀状・友の菜園・次女の歯痛(12/24)
  3. 久しぶりの散歩で災害復旧工事現場を見る(12/01)
  4. 味覚の秋・果樹(09/13)
  5. 降雨が続く・濁流(09/01)
次のページ
次のページ