タイトル画像

整形外科のリハビリ友達とお喋り

2008.09.02(19:41) 1360

帰宅途中に立ち話をした。
久しぶりに会った「リハビリ病院友達」だ。

会えばその病院での出来事を話す。
整形外科に3年近く通ったが、そこでの出来事や人間模様を時々話していた。

ああだこうだと共通の話があるということは面白いものだ。
整形外科では色々と面白いことや、たまには苦い思い出もあるのだが、
それらをすべてない交ぜにして何でも話せる友なのだ。

友といっても元々は学校の保護者なのだが、
今では対等の友になってしまっている。

お陰で今日は帰宅が平素よりも1時間も遅くなってしまった。
でも、たま~になので良いかなとも思う。
言いたいことを何でも喋ればすっきりして、
まさにストレス解消になったのだ。
女友達とのお喋りは本当に楽しいものだ。

しかし、自身の名誉のために付け加えるが、
いつもいつもお喋りをしているわけではない。

本来はあまりお喋りをするのは好きではないのだ。
でも、気心の知れた人との話は心底心が満たされるものだ。

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

芸北巡りで避暑(アイス・古民家・湿原再生工事)

2008.09.02(06:19) 1359






北広島町(芸北)巡り<その1>

▲8月の1週間遅れのお盆休みを取った日(21日)
登山を2つもした日の県北の芸北巡りの光景だ。

もう2週間も前のことで、時期外れになりそうだ。
やはり時期を逸すると記事も色あせるものだが、
他にもあれこれ書くことがあって今まで書くことが出来なかった。

家を出る頃は気温は30度もあったのに、
山奥深く行くにしたがってどんどん気温が下がる。
この日は最低で20度だった。良い避暑になったのだ。
さすがに山だ。

まずは「オークガーデン」で芸北の牛乳で作ったアイスクリームを口にする。
ここに来るとよく食べるおいしいものだ。

▼さらに移動して八幡高原に行く。

ここには古民家がある。
これまで何度も来ているが、中をのぞいたことはなかったのでゆっくり入ってみた。
今ではもう目にすることのない光景が広がる。
古民家を保存したものではなく、記念に作ったものらしい。
ふすまで仕切られた部屋は、開け放せばかなりの広さになる。
使用料を払えば集会などに使うこともできるらしい。
中の見学は無料だ。
















▼「八幡湿原再生工事」の現場に行ってみた。
以前来た時はまだ工事を始めたばかりだった。
今年の12月までの工事というが、もうかなり完成していた。
すっかり湿原化していたのだ。
自然はほっておいたらもう荒れるばかりだ。
人の手で元の自然に戻さねばならないほどとは少々淋しいが、
これもいたし方ないものだ。




以前の湿原工事の様子はこちら。
昨年11月に行っている。
随分変わったものだ。

その2に続く・・・・。


美しく歳を重ねるために


2008年09月02日
  1. 整形外科のリハビリ友達とお喋り(09/02)
  2. 芸北巡りで避暑(アイス・古民家・湿原再生工事)(09/02)