タイトル画像

便りがないのは元気な印?

2008.09.12(20:21) 1376

最近我が家の娘たちから何の音沙汰もない。
便りがないのは元気な印だろうとは思いながら
それでも忙しくしているので連絡もないのだろうと諦めている。

あまりの音信不通に痺れを切らした夫は
私に「連絡をしてみたら・・。」と催促する。
自分ですれば良いものを。

電話もタイミングが悪いといけないので
最近はもっぱら携帯のメールだ。
「元気?変わりはないの?」という極めて簡単なものだ。

その結果、一応メールの返事が返ってきたり電話がかかってきたが、
それにしてもそんなものか?
男の子はあまり喋らないとは言うが、まるでそんな感じだ。

家にいる時はよく喋ったが、離れると次第に話も途切れがちだ。
いや、それぞれに忙しく今を生きていると理解しよう。

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

3連休はなし

2008.09.12(20:08) 1375

明日から3連休だが、さて何をしよう?

今のところ大きな予定はない。
でも、15日(月)は水泳の新人戦があるので、休みは3連休にはならない。
ということはいつもの土日と同じ2連休だ。

水泳大会も、これで今年の全日程が終わる。

土日は予定がないとはいえ、また出かけるようになるだろう・・・?
何せ「どこかへ行こう・・・!!」と
てぐすねひいて待っている人間がいるのだから・・・。


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

福山・みろくの里「神勝寺温泉」(広島県)

2008.09.12(06:21) 1374




●先週の土日には福山で水泳大会の仕事だったのに、
昨日はまたしても福山に出かけた。
福山の<鞆の浦>に出かけたのだ。

風光明媚なことで知られる鞆の浦。
今回の目的は、
①美しい景観をみること。
②「崖の上のポニョ」の舞台になったといわれる場所を訪ねること。
③埋め立て・架橋問題で揺れる鞆の浦の「今」を見ることこと。
④「神勝寺温泉」に入ること。
①と②はたくさんの写真を撮ったので、
写真選びに迷いそうだ。
ゆっくりまた記事にしたい。
今回は、④の温泉紹介のみに留める。

●「神勝寺温泉」には「鞆の浦」観光の帰りに行った。
福山市沼隈町のよく知られる「みろくの里」にある。
広大な「みろくの里」の奥まった自然溢れる所にあるのだ。

入浴料1000円はやや高いが、JAF会員証を見せると100円引いてくれた。
タオルと浴衣がついている。
個人的には、浴衣やタオルはなくても安いほうが良いのだが。
本館1階にも露天風呂があるが、
本格的な露天風呂は、一旦そこを出てからかなり歩く。
2階のさらに奥まで行くと、離れのような所にある。
ヒノキ風呂「開山」と、竹林に囲まれた「竹山」だ。
これがなかなか良い。
湯もぬるぬるとして良い肌触りだ。

一日暑くて汗だくで歩き疲れた体が、すっかり元気になったほどだ。
値段分の満足度があった。

それにしても家からは遠すぎるのが残念なことだ。
福山までは、山陽自動車道を使っても
到着までに1時間半もかかったのだから。


美しく歳を重ねるために


2008年09月12日
  1. 便りがないのは元気な印?(09/12)
  2. 3連休はなし(09/12)
  3. 福山・みろくの里「神勝寺温泉」(広島県)(09/12)