タイトル画像

湯の山温泉・湯の山温泉館(広島県)・・近場の温泉でゆっくりとした

2008.09.16(06:46) 1385




9月14日(日)

近場の温泉に行った。家から40キロ前後の所にある温泉だ。
「湯の山温泉館」(広島市佐伯区湯来町和田)である。

町営の浴場。一日近場でゆっくりして、3度も入浴した。
入浴料は350円だが、休憩室を借りるとさらに350円足すようになる。





地上4メートルの岩盤から落下する源泉を体の各部にあてる「打たせ湯」が有名。
しかし、温水ではなく冷たいほどであったので、長くは出来なかった。
「打たせ湯」はこれまでも何人かのブログで見たことがあったが、
私は初めて行ったのだ。

日曜日ということもあったのだろうが、かなりの人でごったがえしていた。
これではまるで銭湯並みだ。
建物も古く、これまで様々なきれいな温泉場に行っている身としては古さが少々気になる。

この温泉は古い歴史のあるもので、
広島藩主・浅野吉長公が藩の事業として1750年に創建したという。
昔の湯治場が残っているが、今は使われていない。







温泉を出て、帰り際に見つけた民宿で
「よもぎうどん」と「サラダうどん」を注文して食べた。
私は「サラダうどん」を食べたが、おいしかった。

願わくば、もっとてきぱきと対応して欲しかったのだが・・・。

温泉もこの食堂も、なぜだか少し<元気>がないように感じたのは私だけだろうか?





スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

夕食

2008.09.16(06:08) 1384


▲9月14日(日)夕食
一日出かけたので夕方スーパーに寄って、刺身と海老天入りまき寿司を買った。

・お粥・・・残りご飯が少なかったのでお粥にした。 
・まき寿司(海老天入り)・・・お粥だけではご飯が足りそうにないので1本買った。
・はまちの刺身(塊を買って家で切った。カイワレ、家のプチトマト添え)
・なすの即席塩漬け(野菜市でなすをかなり手に入れたので)
・なす、ゴーヤ、鶏レバーの煮付け(レバーだけで先に甘く煮たものを、後から足して入れた)




▲9月15日(月)夕食
祝日だが一日仕事に出たので、じっくり手の込んだものは出来なかったのだが・・。

・「保命酒」300ミリリットル入りの最後の1杯。
・家でできたものと買ったゴーヤがたくさんあったので、ゴーヤチャンプルにしてみた。(赤ピーマン、人参も入れてみた。豆腐と卵も。味をお好みソースでつけてみたら案外おいしかった。)
・なすのからし漬け(なすがまだまだたくさんあるので。)
・なすの漬物(これは湯来町の野菜市で買ったもの。かなり漬け込んである。酸っぱいほどだ。)
・うずらの煮豆


美しく歳を重ねるために


2008年09月16日
  1. 湯の山温泉・湯の山温泉館(広島県)・・近場の温泉でゆっくりとした(09/16)
  2. 夕食(09/16)