タイトル画像

広島の新球場のコンコース見学会へ行ってきました!

2009.06.13(17:09) 1760




広島の新球場のコンコースに限って自由見学ができるとテレビでやっていたので、今日早速出かけた。

別に熱烈な野球ファンでもなく、カープに熱狂する訳でもない冷めた広島人の私だが、
新球場は是非一度見たいと思っていたのだ。

広々としたスタンド。座席も広くとってありゆとりがある。
1階席の最上部がコンコースとなっていて、
今回はこれを一周したのだ。ゆっくり見て30分はかかった。
お店などはここにあるので、並んでも試合の様子がちらちら見られるのがいい。





この球場には様々な特色のある設備があるが、これもその一つ。
「砂かぶり席」




「スポーツバー」というのもあった。



コンコースにはいろいろな店が並んでいるが、試合がないので閉まっていた。
「カープうどん」は食べ物では人気ナンバーワンだと先日新聞に載っていた。




コンコースにはパネルが貼ってあった。
1975年の初優勝は記憶に残る感動の場面だ。
1951年「樽募金」とある。広島市民の熱意が伝わる出来事だ。




この球場はJRに近い。そのはずだ。
以前ここはJRの貨物ヤードだったのだ。

在来線も、新幹線もすぐ近くを走っている。
球場から、広島駅も近いし、東区区役所、桜の馬場踏み切り、荒神陸橋なども近い。
すぐ後ろには二葉山、仏舎利塔も見えるのだ。







駐車場は極力少なくして、公共交通機関を利用してもらいたいとの意図だそうだ。
今日は試合がないので駐車場には停める余地はあったが、
試合日は少ない駐車場は予約がいるようだ。

今回の見学は、試合のない日に実施される。

今月は、13(土)14(日)23(火)24(水)なので、
可能な方は見に行って見られたらどうでしょう。(9時から5時・無料の自由見学)
新球場が身近に体験できますよ!

有料の見学会も実施されているが、これはもう予約でいっぱいで、9月頃まで埋まっているとか。
こちらは今回のような場所だけでなく、もっと色々な場所をしっかり見学出来るらしいのだが。


   

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

退職後は料理時間が増えた

2009.06.13(07:59) 1759






●仕事を辞めて変わったことはたくさんあるが、
3度の<食事作り>は確実に増えた。

食事時間が、朝は7時前、昼は12時前後、夕食は早くなり6時前後とほぼ定着してきた。
朝食後、少し用事をしていると「もう昼食の準備!!」
そのうち「もう夕食の準備をしなくては・・・。」
という感じの毎日の繰り返しなのだが。

しかし、これが意外に苦にならない。
仕事から疲れて帰ってからの夕食作りに比べれば、今は楽なものだ。

●朝晩はあまり変わらないが、昼食は大きく変わった。

私は給食だったし、夫は仕事の時は職場の食堂で食べていた。
夫が一足先に定年になってからは、一人でどうにかして済ませていたようだ。
朝の忙しい時に、夫の昼食弁当を作り置きすることもしていなかった私だ。

ということで、家に居るようになってからは<昼食作り>が増えたのだ。

以前の土日などは、特に昼食は結構簡単に済ませていたものだが、
今では少しは工夫をしながら、頑張って作っている。

パスタや丼もの、そして暑くなってきたので、ソーメンも作る。▲写真
後は定食っぽいもので、ご飯に味噌汁に魚か肉料理と野菜のセットものだ。

●仕事をしていた時は、ご飯作りはやはり少々苦になることもあった。

無理もない。
一日10時間近く外で仕事をして帰宅後すぐに夕食作りをすることのしんどいこと!!
それが年々疲れやすくなっていた。
まず一休みしてからでないと夕食作りができないこともあった。
惣菜物を買ってくることもよくあったのだが、今はそれがなくなった。

今では、台所仕事は時間が増えたと思われる。
まあ、それも当然であるし、力まず暢気にやっている毎日だ。

●「私は料理作りが案外好きかも・・・?」と時々思ったりする。

若い頃、子育て時代は、毎日の料理作りは時間との格闘だった。
工夫をしたり、存分に味わったりする暇もなく、
それこそお腹を満たすための義務的なものだったような気がする。

私の「料理の記事」を見て、娘は「お母さんが料理の記事とはね~~!!」と呆れている。
それほど、子供には料理好きな母には写らなかったのだろう。

若い頃、子育て時代に子供と一緒に料理作りが楽しめたら良かったのに・・と少し後悔している。

しかし、娘二人は案外料理が上手だ。
私の作らないような洋風物だがしゃれたものをよく作る。

ならば私は「お袋の味」でいこう。

でも、私の味って何だろう・・・・?
子供から「あれを作って!」という物がない。

その代わり、「おばあちゃんの食べさせてくれたハンバーグやバラ寿司は最高だった!」
などといわれると、少々寂しい。
二人の子育て時代を姑に任せた私には、これが負い目だ。

子育ては終わったが、これからは夫婦の味作りで頑張りたい。


   


美しく歳を重ねるために


2009年06月13日
  1. 広島の新球場のコンコース見学会へ行ってきました!(06/13)
  2. 退職後は料理時間が増えた(06/13)