タイトル画像

NHKテレビ「街道てくてく旅」ただ今、広島県に突入

2009.06.16(19:37) 1764


NHK総合テレビ月曜~金曜・11時5分~11時20分の「街道てくてく旅」は
「大宰府から平城京へ」ということで、
800キロの歴史街道を北京五輪シンクロの銅メダリスト・原田早穂さんが歩いている。


現在広島県に突入している。
現在6週目で、今週は山口県から広島県に入り、玖波、宮島口、廿日市、海田市だ。
7週目は上瀬野、本郷、三原
8週目は、尾道、向島、因島、生口島と続くそうだ。

本日夕方6時からのローカル番組「お好みワイド」に原田さんがゲスト出演をしているので知った。

実父はこのところ興味があって見ているそうで、この番組を知らせてきたほどだ。

見る機会がある方はご覧になったらいかがでしょう。
とはいえ、日中のこの時間帯はなかなか見れるものではないが・・・。
しかし、このNHK総合の放送はローカルだけなのかもしれない?

BSが主で、朝8時から放送されているが、夜にはその再放送があるようだ。

HPから

中継シリーズ「街道てくてく旅」は、これまで東海道・中山道・甲州街道・日光奥州街道、そして四国八十八か所を踏破した。

新シリーズは、奈良時代、大宰府と平城京を結ぶ幹線として誕生した山陽道。
古代から幕末・近代にいたる日本史の表舞台に何度も登場する、
全長800キロのこの「歴史街道」を春と秋2回に分けて歩きとおす。

一日の目標地点は、おもに旧街道の宿場。
その間、瀬戸内海の沿岸あり中国山地あり、工場地帯あり、のどかな田園あり、歴史的町並みありの変化にとんだ「てくてく旅」で、
沿道の人々の応援を受け、生活に触れ、また自然を満喫し、「現代」の山陽道の姿を見つめる。

山陽道の宿駅は時代とともに興亡・変遷を重ね、東海道のように定まったイメージはないが、
日本ウオーキング協会の協力を得て、歴史と現代を訪ねる最良のコースを選定する。

■■17日(水)初めて見てみました。

昨日16日(火)、宮島口から宮島に渡り鳥居の下でスケッチをしていました。

昨日の昼食は「宮島のあなご弁当」でした。「美味しい!」と言いながら食べていました。

その後歩いて廿日市まで来ました。

今日17日(水)は廿日市の天満宮で宮司さんのお話を聞いたり、
「けん玉発祥の地」といわれるこの地で、けん玉使いの人々から歓迎を受けていました。

これから歩いて広島市内まで行くそうです。
明日18日(木)は広島市内からの放送になるのでしょうか。

BS8:00~のものが生放送らしいです。
それ以外は、再放送が3本もあるようです。




  

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

実家の父の様子を見に行く・漆器

2009.06.16(07:49) 1763


●昨日は実家の父の所に行った。
朝方弟から電話があり、日曜日から父が熱を出しているという。
気になるので行ってみた。

普通道では1時間では行けない。昨日は1時間半くらいかかった。
もう少し近ければもっと気軽に行けるのに・・・といつも思う。

▲行く途中に写したもの。
海に面している国道2号線を行かず、バイパスから高速道の側道になる山側の道を行った。
小高い丘から瀬戸内海が見える景色のいい所だ。

最近は、舅も体調が少し良くない。実家の父は風邪症状のようだ。
親世代は、ともに元気なばかりというわけにはいかない年齢だ。

●食欲がないという父に色々な食べ物を買って行った。
これで、今日の朝食までは食べるだけはあるだろう。
手作りがいいのだが、一人分をたくさん作るのは大変で、少量を数種類買ったのだ。

あまり食欲もなさそうで、だるいのでひたすら寝るに限るようだ。
その間、私は暇なので台所にある物入れを片付けた。
いつか片付けたいとは思いつつ、なかなか出来なかったのだが、やっと片付いてすっきりした。

頂き物の器類が箱のままでたくさんある。
昔人間はいつかのためにと取っておいて、結局使わないのだ。

▼そのうちの一つのお椀を貰うことにした。
<美術漆器・楽峯>とある。
持っても重みがある。ずしりと重くて我が家の普段使いのものと比べると本物感がある。



歳をとるとこのような片付けは億劫になるとかで、何でもかんでも投げ込んでいる。
一番多いのが、包装紙や紙袋、カレンダーなどの紙類だ。これがかなりの場所を占めていた。
結局、それ以外は捨てるものはあまりないので、ある意味で紙類さえ除ければ、案外片付いていたのだ。

食欲がないのなら、せめて果物くらいはということで、買ってきたスイカとメロンを切った。
さすがに「美味しい!」と言って食べてくれた。

●そうこうするうちに夕方になったので、帰ることにした。
父は「帰りは高速道で帰ったら。」と高速代をくれた。そんなものいらないのにいつまでも子供扱いだ。
そういえば、亡き母も「遠くからガソリンを使って来てくれるのだから・・。」といつもそうしてくれていた。

<平日100キロ以内、日中3割引>の特典が利用できた。
それでも、家に到着するまでには45分もかかったのだ。

▼途中で見かけた花。あやめか菖蒲か、かきつばたか・・・いまだにわからない。それにカラー。












■wikipediaから拝借してみた。

アヤメ 紫、まれに白 主脈不明瞭 網目模様
外側の花びらに黄色い模様がある かわいた所に育つ 5月上旬~中旬

カキツバタ 青紫のほか紫、白、紋など 主脈細小 網目なし 水中や湿った所に育つ 5月中旬~下旬

ハナショウブ 紅紫、紫、絞、覆輪など 主脈太い 網目なし花の色はいろいろある
湿ったところに育つ 6月上旬~下旬

アヤメ 外花被片に網目模様が有る
カキツバタ 外花被片に網目模様無し 外花被片に白い斑紋が有る
ハナショウブ 外花被片に網目模様無し 外花被片に黄色い斑紋が有る

時期から言えば、菖蒲だろうか?

  


美しく歳を重ねるために


2009年06月16日
  1. NHKテレビ「街道てくてく旅」ただ今、広島県に突入(06/16)
  2. 実家の父の様子を見に行く・漆器(06/16)