タイトル画像

テレビ「街道てくてく旅」は広島を通過

2009.06.19(16:06) 1768








NHKテレビ「街道てくてく旅」を見ている。


九州大宰府からスタートをしたらしいが、山口県と広島県境くらいから身近になり、
見始めたのは「宮島口・厳島神社」からだ。

その後、廿日市の天満宮~広島市内にやって来た。
途中で五日市のスイミングスクールを見つけた原田さんは懐かしさも手伝って
プールに入らせて貰っていた。

昼食は当然「広島風お好み焼き」だ。フーフー吹きながらおいしそうに食べていた。

そして平和公園に到着し、ドームや原爆の子の像を見た後に
広島城へと歩み天守閣から市内を眺めていた。

旧広島市民球場へとたどり着いたのが1昨日だ。
昨日、球場で出迎えてくれたのは元カープの投手・大野さんだった。
その大野さんの投球を受けバッターボックスに立った原田さんだったが・・・。
引退したとはいえ元プロの投球はかなりのもののようだった。

さらに歩みを進め広島駅近くまで来て、ジュースで喉を潤し・・・ここは見たことがあるお店のような気がした。

さらに街道をてくてくと海田まで歩く。このルートは、船越峠のように見受けられた。
沿道にはかなりの人が出迎えている。もうそろそろここらへ来るのではと期待している人達がいるのだ。

しかし、有名なタレントでもないので、歩いているだけで皆が大騒ぎをするわけでもないのがかえって良い。

今日は海田の古い千葉家住宅からだった。今週は海田まで。
この後、これから「一貫田」に行くと言っていたから、来週は広島市安芸区上瀬野だ。

広島から離れるに従い、私には次第にもう地形がわかりにくくなる。

身近な場所がテレビ画面に出るとこうまでも楽しいものなのか?
それにしても午前11時過ぎからのテレビ番組を見ることが出来るのは暇だということ。
お仕事をしている人には申し訳ないほどだ。


  

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

志方俊之さんの「危機管理」の講義・木陰で弁当・暑い一日

2009.06.19(07:29) 1767


●昨日は毎週木曜日・広島経済大学の教養特別講義の日。13回中の9回目。
講師は帝京大学教授・工学博士の志方俊之氏。
テーマは「危機管理の押さえどころ」だ。

氏は、石川県金沢市出身で、現在73歳。防衛大学出身で、アメリカなどで仕事もしている。

「危機管理」ということで、一般参加者が平素よりやや多かったような気がした。
プリント資料もある上に、別途パワーポイントの資料も多くあり、
これまで経験したことや写真なども数多く準備されており、90分では時間が足りないほどだった。

危機管理体制強化がスタートしたのは1985年の中曽根内閣の時で、
その後、官邸の建設、管理センターの設置、権限強化が2006年の安倍内閣の時、
これ一つ取っても20年かかっているという。

自身が勤める大学には中国からの留学生が多いが、
みな真面目に勉学をしており、靖国問題一つ尋ねてもしっかりと答える。
同じ質問を日本の学生にすると「そんなことはわかるわけないじゃん」というような答えだとか。
日本と中国の勝負ありだ。<日本の危機は教育にこそあるのでは・・・>とも言う。

危機に際した時、その中で判断も揺らぎがちだが、何よりも「人命優先」でいけば間違いない。
命の代わりはないのだから・・という。

日本は助ける者も助けられる者も、世界で一流だ。
阪神大震災の時でも、援助物資を貰う人々がちゃんと並んでいるのを見た外国の人は驚いたという。
他国では、若い者、力のある者が奪い取るという。
アメリカの震災などでも、暴動が起きコンビニや店の物が盗まれたりした。
アメリカの雑誌には日本のこのような状態を評して「国民は一流・・しかし、政治は三流」と書いていたそうだ。

阪神大震災で助かった命のうち80%は地域の人の手で助けられたものだという。
ローカルコミュニティの大切さ、その中でリーダー格の人が必要だという。

現在制定されている基本法は33あるが、「緊急事態基本法」や「情報管理基本法」はまだ出来ていない。
いざ危機の時の国民保護法までは出来ているが、肝心の「緊急事態基本法」が未成立なのだ。
・・・

このあたりの話になると大きな話になる。
自衛隊の海外派遣(ソマリア沖、サマワなど)の話や北朝鮮情報、中国の覇権拡大などもあった。
考え方の違う人も出てくるのだろう。

斜め前に座った年配の男の人が、講義中にもかかわらず大きな声で隣の人に話しかけていた。
持論を展開したかったのだろう。
最後に質問もしていたが、マイクの声は聞こえず、時間が来たので学生はどんどん退出しだした。
ということで、その人は何が言いたいかもわからず尻切れトンボの形となった。

でも、いきなり喋りまくるのはどうかと思った。
今時は「若者の礼儀がなっていない!」などというが、年寄りも結構礼儀知らずの人はいるものだ。

●毎度の講義前の昼食は、今日は弁当にしてみた。
学生食堂はごったがえすので、たまには外で食べるのもいいかなと思ったのだ。

弁当は400円前後で、さほど安いほどもないが、よく売れていた。
店の人は「数は日によって違うが、まあ100まではいかないけど・・・。」と言っていた。
それがあっという間に売れるのだ。みんなそれを外の木陰で食べている。

私は「チャーハン弁当」を食べた。400円。まあ普通の弁当か・・・。





食べ終わった後、弁当がらを捨てる所もないので、弁当販売所に持って行ったら、
「キャッシュバックです。」と10円をくれた。
へ~~という感じだ。こんな制度はこれまでなかったからだ。
ゴミを引き取ってもらってお金を貰うなんて・・・驚いたのだ。

●途中、JR可部線の列車が通過したので、写してみた。



●昨日は午前中は台所の片付けをした。
長く動かさなかった電子レンジ台を動かして、下のゴミを掃除して雑巾がけをした。
カウンター下の物入れにも様々な物が入っているので、しっかり片付けた。

午前中のその片付けや、午後からの大学行きで校舎まで歩いたり、
おまけに帰ってから庭の水撒きや草取りをしたり、枝を少し切ったりして汗だくだ。
一日に2度もシャワーを浴びた。まだ6月なのに・・・真夏並みだ。

プチトマトを収穫した。今年の家庭菜園での初めての収穫だ。
他の人のブログではもうすでにかなりの収穫をしている人も多いのに・・・。
我が家の野菜は、少し成長が遅いかもしれない。





   


美しく歳を重ねるために


2009年06月19日
  1. テレビ「街道てくてく旅」は広島を通過(06/19)
  2. 志方俊之さんの「危機管理」の講義・木陰で弁当・暑い一日(06/19)