タイトル画像

渡辺謙のテレビドラマ「刑事一代」

2009.06.23(07:44) 1774


ネットニュースから

『刑事一代』で鬼気迫る演技を魅せた渡辺謙

俳優・渡辺謙が、久しぶりにドラマ主演を果たした
テレビ朝日開局50周年記念ドラマ『刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~』が20日(土)と21日(日)に放送され、
それぞれ19.4%、21.6%という高視聴率(ビデオリサーチ関東地区 番組平均)を記録した。
共に同時間帯トップの視聴率を獲得し、同局の『開局50周年記念』最後の作品として、見事有終の美を飾った。

渡辺が演じた平塚八兵衛は、警視庁捜査一課で“落としの八兵衛”“ケンカ八兵衛”“鬼の八兵衛”など、さまざまな異名を持ち、
その強烈なキャラクターは、これまでに数多くのテレビドラマで主人公刑事のモデルになってきたと言われている。
手掛けた事件は殺人だけで124件にものぼり、
“帝銀事件”“下山事件”“吉展ちゃん事件”“三億円事件”など、
戦後事件史を飾る大事件のほとんどを担当した、まさに“伝説の刑事”といえる存在だ。

渡辺自身も、今回の作品に特別な思い入れがあり「心の底から誇れる作品と出会えた」と語っていた。


刑事ものでもあり、あまり期待しないで観たのだが、なかなか見応えがあった。
「テレビ朝日開局50周年記念ドラマ」ということで力の入れ方が違う。
時間もお金もかけており、2日間合わせて4時間以上の長さは、質量ともに映画並みだ。

そして何よりも、主役の渡辺謙さんの演技が何とも良かった。
実在の人物だった<平塚八兵衛さん>が偉大な人だったのだろうが、
乗り移ったかのような演技は鬼気迫るものだった。

「落としの八兵衛」といわれたその取調べのやり方が実に上手い。
硬軟あい混ぜた手法で相手を落としていくのだ。
また「けんか八兵衛」といわれるだけあって、自分がこうだと思うことには絶対妥協せずに
相手にけんか腰に向っていくのだ。
その迫力たるや・・・すごい!!としか言いようがない。

「吉展ちゃん事件」で犯人を自供に追い込むまでの行き詰る攻防が見ものだった。
その陰には、家でも時間を忘れて仕事の記録や検証をする熱心な姿が見られた。
こうなると、単なる能力的なものだけではなく、その陰にはたゆまぬ努力があったということなのだ。

またしても感動作に出会った。テレビドラマも捨てたものではない。



  

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

尾道ラーメンを食べた

2009.06.23(07:09) 1773

先般ブログのお友達の<美奈子さん>の記事に「尾道ラーメン」が載っていた。
息子さんが修学旅行のお土産に買ってきたという。


尾道ラーメン・・・よく知られているが、私はいまだに食べたことがなかったのだ。

先週土曜日に近畿大学の公開講座に広島駅前に出かけた時に、帰リ道の途中にあるので食べたのだ。

本場尾道に行ったのではなく、広島の地で食べたのではあるが・・・。
いつか行きたいとは思っていたが、やっと叶った。




このお店は、もともとは讃岐うどんの店だったのだが、潰れてしまっていつの間にかラーメン店になっていたのだ。
中村製麺・尾道ラーメン・府中店(広島県安芸府中町)だ。

中は少々改装されていた。
以前のうどん屋の時の配置と少し変わっていて、すっきりとまとまっていたようだ。

ラーメンは飽きのこない素朴なしょうゆ味だ。
説明書きを読むと、かつおと昆布だしとある。






夫はとんこつ味のようなぎらぎらといったラーメンが嫌いなので、これはかなり気に入ったようだ。

家に帰って夕方のローカル番組を見ていたら、ちょうどこの尾道ラーメンのことを取り上げていた。
RCCテレビ「Eタウン」(5:00~5:30)<最新一番人気、日本一・尾道ラーメン探訪>だ。

コラムニストの神足雄二(こうたりゆうじ)さんは尾道ラーメンを「ラーメンの母」と言っていたのだ。
そう・・母なる味、懐かしい素朴な飽きのこない味なのだ。





   


美しく歳を重ねるために


2009年06月23日
  1. 渡辺謙のテレビドラマ「刑事一代」(06/23)
  2. 尾道ラーメンを食べた(06/23)