タイトル画像

広島市佐伯区「湯来ロッジ」へ・見違えるほどになった

2009.11.13(08:39) 1978

11月12日(木)①
国民宿舎・湯来(ゆき)ロッジの温泉に行ってきた。(広島市佐伯区湯来町多田)








11月1日(日)にリニューアルオープンしたものだ。
広島市からも40キロ程度で行ける温泉ということで、初日から大人気で賑わっているという。
土日はかなりの混みようだと聞いていたので、平日を待って出かけたが、
それでも駐車場は一杯で空き場所を探すほどだ。
広島には本格温泉が少ないので、
これほど近くにきれいな施設が出来たので皆が押し寄せるのも無理はないが・・それにしても多い。

もともと「湯来温泉」といえば古くからある本格的な温泉街があり、私も訪ねて記事にもしている。


「湯来ロッジ」も改装前に行っているが、かなり古くさびれていた。
このロッジを20億円かけて整備したものだ。改装というよりか全く別のものが建ったようだ。
さすがにお金をかけたことだけのことだけはある。
建物も現代的にかなりきれいになっている。

お風呂も源泉掛け流しで、広々としてこれまた綺麗だ。





露天風呂は川の流れと山の紅葉を見ながら入れる。
駐車場も整備され、入り口には足湯もあった。野菜市もある。
建物の周辺を散策できるように、道も整備されているのだ。










ただし・・とにかく人が多すぎる。
ちょうど団体が入ったところだとかで、一時お風呂の入場を止められたほどだ。
やっと入れたが、中も芋の子を洗うような混みようだ。
私は人でごったがえすのが嫌いだ。人いきれで疲れてしまう。ゆっくりとしたいほうなのだ。

それに、これだけの来客に「源泉掛け流し」が持ちこたえるのだろうか・・・。

レストランもかなりの待ち時間になりそうなので、外に食べに出た。
休憩室は1階にあるが、やや狭かった。その代わり、2階のお風呂前のロビーの何と広いこと。
椅子も少しはあるが、やはり畳の座敷のほうがゆったりと出来る。

入浴料は1回で550円。2回以上入ろうと思ったので1日券を850円で買った。これもやや高い。
今はオープン初めの混みようでスッタフも慣れないのだろうか・・・なぜか動きがスムーズでないのだ。

安くて質量ともにもっと良い野菜市をいくらでも見ているので、ここの野菜市には満足しなかった。

今のうちにうまくやらないと、1回は物珍しさで来るが、
これ以後リピーターになるかどうかが勝負時だろう。
20億円の元が取れるような運営は出来るのだろうか・・・。要らない心配をしてしまった。

■■今日「筋トレ教室」に行ったら、先生も昨日同じ場所に行ったと言う。
そういえば「ウォーキングの集団」を見かけた。あの中にいたのだと・・。
温泉には入らずに、足湯だけに入ったとか・・。
同じ時刻に同じ場所に行ったとは奇遇だ。




   

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


2009年11月13日
  1. 広島市佐伯区「湯来ロッジ」へ・見違えるほどになった(11/13)