タイトル画像

実家へ父の顔を見に行く

2009.11.18(16:41) 1986

今日は実家に行ってきた。
久しく行っていなかったので、父の顔を見に行かなくてはという思いからだ。

▼行く途中の宮島口・阿品台あたりの光景。街路樹はもうすっかり葉が落ちている。





大野付近まで来ると、「べにまんさく」のバスが走っていた。▲
大野町は「べにまんさく」で知られている所だ。

実家に着くと父は元気にやっていた。
昨日はさすがに寒さがこたえたが、今日は日も照って過ごしやすいと喜んでいた。

▼菊の花。赤、白、ピンクと彩りがきれいだ。
庭で摘んで母の仏壇に供えた。




▼庭のもみじとピンクの山茶花(?椿?)。





▼昼食は県境を越えて山口県へ。
Joyfullという値段も手ごろでおいしいお店に行った。

和洋なんでもあるが、今回は鍋物にした。
<すき焼き、チゲ、もつ>のそれぞれ別の鍋にした。
左から、夫、父、私が選んだ順だ。

後で気づいたが、何とすき焼きなべのカロリーは1100kcalで、もつ鍋はその半分しかなかった。









温まっておなか一杯になった。父も喜んで食べた。
3人で2047円。値段もお得感一杯だ。

●「石本美由起追悼展」へも行ったが、この内容はまた後日に。


   

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

広島県東広島市「玉椿の湯」ショピングセンター内の温泉

2009.11.18(08:39) 1985

11月17日(火)
一気に寒い日になった。
広島県北の<臥龍山>には積雪があり、
島根県浜田市の女子大生殺害事件の捜索は雪のために中止となったとか。
近隣の県からの応援で、連日300人体制の捜索が続いているらしい。

寒くてたまらず、近くの温泉へ行くことにした。
高速道路を20キロも走れば行ける所に、温泉が出来ているとの情報を仕入れたのだ。

出かけたのは「天然温泉・玉椿の湯」(東広島市高屋町杵原・イオン高屋SC内)だ。
1年前の12月に出来たという。12月6日には1周年記念イベントがあると書いてあった。
ショッピングセンター内に温泉があるのだ。まあスーパー銭湯のようなものだろうと考えていた。

到着して驚いた。まずはSCの広いこと。広島にあるどの店よりも広い。
敷地内にガソリンスタンドまであるのには驚いた。





そして温泉だが、これも予想に反してかなり良い温泉だった。
平日だったので、人で混み合っていなかったのが嬉しかった。
受け付などの対応もスマートでさわやかで洗練されていた。
建物の内部もゆったりとしていてゆとりがある。生けてあった花が美しいこと。





ただ休憩室は10畳の畳敷きだったが、これは狭すぎる。座布団や枕もなかったのが残念だった。

入浴料は600円に入湯税が50円。土日祝日は750円になる。
岩盤浴や黄土房、岩塩房などもあるが、別途料金がいる。

何よりも露天風呂が良かった。何種類もあり、広々としている。
シルク風呂が良かった。下から泡が吹き出ることにより、湯が白く濁るのだ。
大型テレビが備え付けられているので、見ながらのんびり出来る。













雨も降る中だったが、屋根があるので気にならない。
何よりも寒い中での入浴が本当に心地よかった。2回も入ったのだ。

お食事処「玉椿亭」もあるので、そこで昼食を取った。
「海鮮丼とろろ入り定食」と「えび丼」を頼んで、おいしくいただいた。





帰る前にSC内のお店をざっと全部覗いてみたが、何とも広い敷地を歩くだけでも足が疲れるほどだった。


美しく歳を重ねるために


2009年11月18日
  1. 実家へ父の顔を見に行く(11/18)
  2. 広島県東広島市「玉椿の湯」ショピングセンター内の温泉(11/18)