タイトル画像

帆船「日本丸」の雄姿・<海の貴婦人>を見に行った

2009.11.23(08:39) 1993

帆船「日本丸」が広島港にやって来たので、<宇品の1万トンバース>へ出かけた。



20日(金)~24日(火)までの滞在だ。
22日(日)は<セイルドリル(帆を張る訓練)>があるというので出かけたのだ。
このような場面はめったに見られないので、それを狙って行った。

「日本丸」は独立行政法人・航海訓練所が運航する訓練船の帆船だ。
帆船としては世界最大級で、
その華麗な姿から「太平洋の白鳥」「海の貴婦人」と呼ばれている。



まず最初に、巻きつけている帆を束ねている綱をほどくために訓練生が上まで上るのだ。
下から見上げるだけでもその高さには驚くほどだ。最高のマストは海面から50メートルもある。
一応命綱を付けてはいるようだが、足がすくみそうだ。
訓練生には女性もいる。ほとんどが20歳前後の若者だ。








綱をほどいた後は帆を開く。
午後1時から始まったセイルドリルは、約1時間近くかかって全部を張り終えた。

全部が開き終わると、その勇姿は何とも見事なものだ。
3本のマストにそれぞれ6枚ずつの帆が張られ、前後に三角形の帆も見える。







■■すぐそばの公園では「広島県特産品フェア」が行われていた。
「府中市の味噌ちゃんこ」を食べた。
雨もぱらぱらと降り寒い日だったが、汁物を食べて温まった。





帆を張り終えた訓練生も休憩に入り、自由にお店をのぞいていた。
ある一人の訓練生に腰に付けた命綱を付けるもの見せてもらった。





それにしても、多くの人が見学に来ていて、そのほとんどが写真撮影をしていた。
またとない機会を逃すまいとする人ばかりだ。

ライトアップもされるそうだ。今日は<船内一般公開>があるという。
近辺の方で興味がある方は、ぜひ出かけて見られたらどうでしょう。

■■昔のアルバムから見つけた。

以前帆船を見に行った微かな記憶があったのだが、やはり「日本丸」だった。
平成元年のことだ。次女はまだ小学生だ。

お笑いの<前田五郎さん>と一緒に写っている。番組収録時に写したものだ。
その前田さんはあの<アホの坂田さん>の相方で、最近は何やら週刊誌を賑わせているのだが・・・。





■全くの余談だが・・・以前、帆船(はんせん)を「ほせん」と読んだ女子アナウンサーがいた。
帆を張る船に間違いはないのだが・・・ほせんとは・・・・!!!



     

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


2009年11月23日
  1. 帆船「日本丸」の雄姿・<海の貴婦人>を見に行った(11/23)