タイトル画像

礼儀正しい子供たち・奇抜なデザインの建物

2010.01.15(13:10) 2074

「ピンポ~ン」ドアホンが鳴った。
「ボールが入ったので取らせてください。」と女の子の声。数人がやって来た。

用事が済むと「有難うございました。」と礼儀正しい。

外ではまたボール遊びが続く。
子供の遊び声などあまり聞かれなくなったこの頃だ。

それに、今時の子供でもこのように礼儀正しい子もいるのだと感心した。

今時だろうといつだろうと、時代ではないのだ。
「今の若い者は・・・。」と言うのはある意味で偏見だ。

やはり、しっかりとした親の教育が必要なのだろう。

▼写真は交番。この建物は後にある山を模したものだと聞いた。




デザインは斬新で面白いが、機能性や実用面ではどうだろう。
あまりに奇抜で、掃除もしにくいのか、壁面がどんどんくすんできている。

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

バウムクーヘンの歴史・テレビ「歴史秘話ヒストリアル」を観た

2010.01.15(10:11) 2073

1月13日(水)夜10:00~10:45NHKテレビ「歴史秘話ヒストリアル」を観た。
~~愛と苦難のバウムクーヘン・洋菓子夫婦が生きた震災と戦争の日本・妻は立った~~だ。




今日のバウムクーヘンが日本にあるのは、ひとえにこのユーハイムさんのおかげなのだ。
この事実は前から知っていて、広島にもかなりのゆかりがあるということで、
2度ほど記事にもしている。


ドイツ~中国・青島でお菓子作りに成功~第一次世界大戦になり召集される~
捕虜として大阪の収容所へ~その後広島の収容所(広島市の南部・似島にのしま)へ~
休戦により釈放後、広島の産業物産陳列館でバウムクーヘンを出品して売り切れの大人気に

~銀座で洋食屋を開く~横浜へ・山下町で開店・関東大震災で店は全滅~神戸へ避難する~
震災から2ヶ月神戸で開店~神戸大空襲で店は全焼~1945年8月14日(終戦の前日)避難先の六甲のホテルで亡くなる(59歳)

妻はドイツへ強制送還させられる・一人息子は戦死していた~1953年妻エリーゼ再来日・弟子の店に社長として迎えられる~1971年80歳で死亡・兵庫の墓に夫婦で眠る

ざっと番組のメモを書いただけだが、何とも壮絶な人生だ。
運命の皮肉といおうか、戦争や震災で何度もやられ、総てが無になってしまう。
それでも、立ち上がってバウムクーヘンに命をかけるのだ。

ユーハイムさんはもちろん、その陰で妻の支えなくしては、これほどまでにはならなかったであろう。
現在の会社の人の言葉「ユーハイム・のれんの陰に女あり」という言葉が実感として伝わる。

広島にもユーハイムの工場・店舗がある。
もともとは広島が出発点だったようなものだ。
歴史を知ることは、本当に面白く興味深いものだと思われる。

  


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

お弁当・2日分

2010.01.15(09:57) 2072

1月14日(木)のお弁当
・ごぼうの肉巻き ・煮物(大根、人参、ジャガイモ、レンコン、鶏肉)
・ボイルキャベツ ・オムレツ(シーチキン、葱、しめじ) ・うずら豆 ・果物




1月15日(金)のお弁当
・鶏肉の照り焼き  ・キンピラ(レンコン、ごぼう、人参)
・小いわしのマリネと貝割れ大根 ・ブロッコリー ・うずら豆
・ご飯(ごま塩、梅・すりごま)・ちりめんの佃煮 ・果物





美しく歳を重ねるために


2010年01月15日
  1. 礼儀正しい子供たち・奇抜なデザインの建物(01/15)
  2. バウムクーヘンの歴史・テレビ「歴史秘話ヒストリアル」を観た(01/15)
  3. お弁当・2日分(01/15)