タイトル画像

ドイツ生活14・4連休

2012.04.30(11:50) 3115

4月30日(月)ドイツ滞在14日目
 
昨日は午後3時過ぎに孫の家に出かけた。久々に長い時間ゆっくりできたものだ。
娘の友達が来るというので日本人かと思っていたら、語学学校時代のギリシャ人の友人だった。
夫婦連れで来て、孫の相手もしてくれて、孫も機嫌良く踊ってくれたが、いかんせん幼子だ。
そのうちじっとしなくなるので散歩に連れ出した。
娘は手作りケーキでもてなし、2組の夫婦は話が弾んだようだ。
 
ドイツにはゴールデンウイークはない。去年は4月にイースターを経験して4連休があった。
今年はもう私が来るまでに済んだようだ。その代わり、5月1日(火)はメーデーでお休み。
婿さんは今日の月曜日を年休にして、4連休になった。出張もあったことだし。
4連休といっても、どこへ出かけるわけでもない。幼子がいると、自由には出られないものだ。
 
◆アパート生活の何が良いかというと、室内をパジャマ姿でいられることだ
娘時代も結婚してからも、パジャマ姿でうろうろしたことはない。起きたらパジャマはすぐに脱ぐ。
それがここでは一人なのでパジャマでいることができるのだ。こんなことに自由を感じている。
 
窓の開け方はどこも同じ規格のようで、開け方には2種類ある。
全面を開ける方法と、上の部分だけを開ける方法だ。
全面を開けるとさすがに風が良く通り、明るくて気持ちが良い。
窓が1箇所なので、平素は閉めている入り口ドアを開けて風を通したくなるのだ。
 

 
    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▼スーパーで買ったレシートは、後で見返すと何かと役立つ。
 

 
ハム150g0・99ユーロ、ウインナーソーセージ300g1.99ユーロ、牛乳0.57ユーロ、
パプリカ0.64ユーロ、きゅうりは日本の3倍はある馬鹿でかいもので2本で0.78ユーロ、
 
野菜はすべて重さで値段がつく。きゅうりやパプリカ、バナナなど同じ値段や重さではなくて
レジで重さを測って値段が出る仕組みなのだ。
 
ヨーグルトなどのデザートは安い。1個が0.19ユーロとか、0.25、0.29ユーロなどだ。
 
すべて105倍にすれば日本円だが、面倒なら100倍すれば大体の値段がわかる。
レシートでは値段や名前がわかるので、辞書を引きながら勉強すればかなりの学習になる。
 
 ほぼどこの家にも地下室がある。土地の有効利用だ。なぜだか日本には地下がある家は少ない。
売り出しの土地も、地下室を作ることを想定して、土を深く掘っている状態だ。

 
 散歩で見つけた光景。町のはずれまできたら、日本の住宅街に似た光景があった

 
こじんまりとしたまるで平屋建てのような家々だ。高台でなく平地なので、子育てには楽そう。
子育てには階段1つあっても、乳母車の出し入れには苦労するものなのだ。
それに、マンション暮らしよりは平地暮らしのほうが子供の出入りには良さそうだ。  

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活13・日曜日に街中探検・教会などを見る

2012.04.29(18:25) 3114

4月29日(日)ドイツ滞在13日目
 
昨日の公園行きは暑くて、歩き疲れたこともあって、夕べは明るいうちからベッドに入った。
そのうち夜中に起き出して、色々と用事を済ませた。
今朝は普通に起きたが、孫の家もみな疲れているだろうし、今日はお互いゆっくりすることにした。
孫の昼寝が目覚めた頃に行くことにして、それまでは自由時間となった。
 
去年はこんな時は、一人で列車に乗ってあちこち行ったものだが、
今年はそういう時間もなかったし、列車の乗り方も忘れてしまったので、あまり出かけたくもない。
そこで町の中を見て歩くことにした。あまり広くもない町だが、まだ見ていない場所もある筈だ。
 
さすがに日曜だ。町中が休んでいて、静かなものだ。
朝から教会の鐘の音らしきものが、盛んに鳴っている。
 
そうだ、教会に行ってみようと気づいたのはもう9時半を過ぎていた。
行ってみるともうミサは終わったらしく、ぞろぞろと人々が出てきていた。
みな正装だ。若い人はほとんどいなくて、年配の夫婦連れがほとんどだ。
いずこも同じ高齢化の現象か?

 
空になったホールの中に入ってみた。まだパイプオルガンの音が聞こえる。
ドイツでは教会はかなり見た。古い歴史のあるものが多かったが、ここはきれいで新しかった。

 
町のあちこちを歩き回った。昨日と打って変わって、曇り空になったので暑くなくて良かった。
 
来週の日曜日は家をもっと早く出て、別の教会へ行ってみよう。
マンションから見える大きな時計塔のある教会へ行ってみたい。
 
街中で見かけた花。リラ(ライラック)とりんごの花。

 

 
  どこの家にも洗濯物をどこに干しているのか、道からは全く見えない。
よく言われる日本の<満艦飾の洗濯物干し>とは対照的だ。
 
娘の家では乾燥機を使用している。マンション6軒の洗濯機置き場の地下に行ってみると
乾燥機があるのは1軒だけだ。夏は暑くなり乾燥もするので必要ないのだろう。
娘の家は幼い子もいるので、結婚祝いに買ってやったのだ。
 
洗濯物は丈の低い洗濯物干しに干して、ベランダでも外からは全く見えない。
だから、洗濯物干し棹などというものはないのだ。気候、文化の違いだろう。
 
孫は最近「人見知り」が始まったのだろうか?
これまでどんな人にも愛想良く、こんなに人見知りをしない子はいないと言われたそうだ。
 
それが・・・・どうしてもパパやママでないと駄目な時がある。
ママが出かける時はこっそり出ないと後を追い、泣いてしまうのだ。
私の顔を見ると泣いてしまうことがある。もう13日も接しているのに・・・・。
だから、育児にはいまだに自信が持てなく、役立っていないのでは・・・と思うこともあるのだ。
 
日本の童謡のDVDをずっと聴かせていたら、曲が流れるとリズムをとって楽しそうに踊りだす。

 
 私の住んでいるアパート。3階のさらに上の屋根裏部屋。

屋根裏部屋も活用すれば広くて良い部屋になるものだ。ただし、窓は東のみだ。
南にあると暑くてやりきれないのだろう。夕べはさすがに暑くて、シャッターを下ろすとさらに暑い。
仕方なく、窓の上部分を少し開けて寝た。屋根裏部屋とは、まるで「アンネの日記」の世界だ。
 
アパート生活というよりはホテル住まいという感じだ
娘一家とも四六時中一緒よりも気分転換に良い。
気ままな一人生活。還暦を過ぎてからこのような生活に出くわすとは、何ともいえない気分だ。
 
大木。とにかくどこにも木々が多い。それも大きく育っている。
あまりの大きさに冬には日当たりに影響しないだろうかと気になる。

 
 町の表示板。Schuleは学校。Pestalozziはあの有名な教育家のペスタロッチだろう。wegは小道。

 
 [bio]製品は値段は高いが品質が良いものだ。幼子がいるのでこれを買うことが多い。
卵でも、左の緑パッケージがbioで2,59ユーロ(270円ほど)。
右の普通のものは1,09ユーロ(106円ほど)だ。

 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活12・Killesberg-Hohenparkへ出かけた

2012.04.29(05:19) 3113

4月28日(土)ドイツ滞12日目
 
スーパーは日曜日はお休みなので、土曜日には買い物客が多い。
 
いつものように買い物をした後、スーパー内にあるパン屋さんでパンを買った。
対面販売なので、少しはしゃべらねばならいし、小銭がいるので財布をじゃらじゃらさせる。
だから多少は気を使うのだ。そして、帰り出して500メートルは行っただろうか。
荷物の中にパンがないのに気づいた。また戻らねばならないが、早くに気づいて良かった。
 
店に行ってみると、ちゃんとパンは保管されていて、店の人は私の顔も覚えていたようだ。
品物選びとお金の支払いとに気を取られて、肝心のパンを忘れるとは何ともどじをした。
 
スーパー店内には瓶詰め商品が多いと感じる。荷物がすぐに重くなるのだ。
車でないのでその重さがこたえる。
 
午後4時から、車で20~30分の所にあるKillesberg-Hohenparkにみんなで出かけた。
ここには毎年のように来ている。広い敷地に緑の芝生もあり、木陰で私の作った弁当を食べた。
おむすびにハンバーグとソーセージ、そしてサラダの簡単なものだが。
孫も大喜びで、疲れ知らずで動き回っていた。公園には大勢の人だった。3時間の外出になった。
 

 

 
一気に真夏になった。外出すると汗だくになる。半袖の人も多い。木陰がことのほか嬉しい。
 
帰りにアイス屋さんに寄って食べた。去年は眠っている孫を連れてよく通ったものだ。
今年は初めてやって来た。ここ数日がうその様な暑い日になり、随分賑わっていた。
 

 
▼金曜日にあちこちの家々の前に青色のかごが置かれていた。
なんだろうと覗いてみると、中には説明書きが入っている。
辞書を引きつつ理解するに・・・・<日曜日に、このかごに靴や服を入れて寄付をお願いします>
というものらしい。教会関係のものだろうか。初めて見るものだ。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 見事な大木

 
スーパーの店内にあったチラシ。1週間分が載っている。
日本でも新聞チラシを止めた店があると聞いたことがある。
確かに、その費用を値引きに使えばもっと安く購入できるかもしれない。合理的である。
 

 
品物の値段は日本より安い。物価が違うのだろうが。日本の物価高より高い国はないだろうから。
ハムやソーセージを多く食べる国だが、それらは比較的値段が高い気がする。
 
桜はもうすっかり葉桜だ。

 
▼孫のマンションより眼下を見渡す。こうしてみると随分と高台にあることがわかる。
遠くに町の中心部が見える。かなり低い位置にあるのだ。ここは林の中に家があると言った感じだ。
これほど自然があふれた環境も珍しい。田舎の風景とはまた違った自然環境だ。

 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活11・何かと声をかけられる

2012.04.28(12:09) 3112

4月27日(金)ドイツ滞在11日目
 
午前中、小学校の校庭に遊びに出かけた。週末の金曜日で、11時過ぎにはもう児童は帰り始める。
孫は隅の砂場で遊んでいたが、子供たちが出てくるとどんどん走って校舎の方へ行く。
下校の子と、校庭で遊ぶ子供たちがたくさんいて孫は喜ぶ。
 
しかし、女の人に呼び止められた。
ドイツ語が話せないことを言うと、すぐにはっきりとわかり易い英語で
「今この時間にこの場所にいてはいけないのです・・・。」というような意味のことを言われた。
もっともなことで丁重に詫びその場を去った。中まで入りすぎた。前回は放課後でもあったことだし。
 

 
出かけると何だか結構話しかけられるのだ。「ドイツ語は話せません。」と言うと、
それで話が終わりになる人と、すぐに英語に切り替えてくれる人に分かれる。
 
お年寄りの夫婦連れにも話しかけられた。女性が何やらしゃべり出したので、
私は日本人です。」と言うと「顔を見ればアジア系の顔をしているのでわかります。」
と言って英語に切り替えてくれた。ややわかりにくい発音だったが。
 
「今日の午後、外国人の集まりがあるので来ない?」「う~~ん、ちょっと行けません。」「なぜ?」
忙しいので。」「忙しいのはみんな一緒よ。」・・・・などと話は続く。
 
何だか面白そうではあるがいきなりいわれてもね・・やんわり断って、その場を去った。
とにかく色々な人に出くわすのだ。
 
パパさんが3日間の出張から帰ってきた。昨日の私の帰宅は遅かったので、
今日は19時にはアパートに戻った。やはり、少し早いと何かとゆとりがある。
 
▼ドイツのパンは美味しい。外はカリカリでも中はもちもちだ。2個で1.45ユーロ(150円ほど)。

▲お米もあったので買った。(500グラム・0.49ユーロ・50円ほど。安すぎる。)パンより安い。
10キロでも1000円ちょっとしかしない。それに日本のものと比べて遜色がないほど美味しい。
去年はアジアンスーパーで随分高い物を買った記憶がある。近場のスーパーにもあったのだ。
 
ドイツの消費税は、食品が7%、それ以外は何と19%だ。福祉に厚い国のはずだ。
 
▼小鳥がさえずり、朝日の差し込む部屋で朝食を取るのは格別だ。

 
▼京都で買った「足の御守」を持参している。最近膝も使い過ぎか、やや疲れ気味。
何せ足腰や体力勝負の生活なので、最近は時間があればストレッチや足の体操をしている。

スーパーには新聞チラシ広告のようなものはないようだ。
店内に冊子の広告が置いてある。それを貰って眺めた後は、机の上に敷いている。
飲食も何でもかんでも机で済ませるので、そのチラシがマットの役目をしている。▲
 
野菜や果物についているトレーやパンのトレーも、すべて活用している。▲▼
水分を含むものの下に敷けば、汚れが防げる。
ヨーグルトのカップもコーヒーカップの中に入れて、歯ブラシ入れにしている。
どんどんセンスのない部屋になってきているが、後の掃除のことを考えれば見栄えは気にしない。

 
▼ピンクの花が余りにも綺麗なので写した。何という花だろうか。日本では見ない花なのだが。




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活10・やっと暖かくなる・風景いろいろ

2012.04.27(12:50) 3111

4月26日(木)ドイツ滞在10日目
 
雨も降らなくなり、午後からはかなり天気も良くなったので、裏山の公園へ出かけた。
晴れれば一気に暖かくなる。公園にはたくさんの親子連れが来ている。
木曜日なのに父親もたくさんいる。ドイツのお父さんは子育てをよくしていると感じる。
 
同じ年頃の女の子のお父さんが話しかけてきた。ドイツ語は話せないと言うと、英語で話してくれた。
ベトナムから来たという。女の子は我が家の孫と同じ1歳と2ヶ月だった。
活発な子で、顔にはかなりの怪我のあとがある。転んだのだろう。
孫は他の子供にも興味を示すし、そこらにあるものすべてに関心を示す。
 
ドイツ人の母親からも話しかけられたが、話せないのがもどかしい。
「おばあさんですか?」ということだけは分かった。どこも公園交流は盛んなようだ。
 
公園そばに乗馬の練習をしている人が通りかかった。
去年も見たが、乗馬の練習場があるようだ。孫や他の子供も興味深そうに見ていた。

 
一気に暖かくなって、持参したコートは要らないほどだ。
家に戻ると、温度計は24度を示している。壊れているのだろうと思ったほどだ。
日が翳ってくるとどんどん下がるので、壊れてはいなかったのだ。外も20度以上はあっただろう。
 
パパさんの出張2日目。夕べはなかなか寝なかったというので、一日に3回も散歩に連れ出した。
夜もギリギリまで孫と遊んだ。孫の家を出たのは21時を過ぎていた。
さすがに遅いので夜道は怖いと思うがそうでもなくて、街灯もあるしまだうっすらと明るさも残っている。
 
シャワーを浴びて小物の洗濯をして一息ついたらもう21時30分だった。
明日は少し早く8時半には行かねばならない。
マンションでも多少は昼寝ができるので、忙しいが仕方がない。
 
◆日常さりげないものを載せてみる。
 
お茶。コーヒーはあまり飲まないのでこちらのお茶を飲んでいるが、やはり日本のお茶が飲みたくなる。

 
トイレットペーパーは、10センチ間隔でミシン目の切れ目がついている。
あまりに細かすぎるようだが、使い過ぎを防止するには役立ちそう。合理的なドイツならでは。

 
今年はドイツの桜はほとんど見られず、今はもうすっかり葉桜になっている。
八重桜は少し遅れて咲くので、まだあちこちで見られる。

 

 
下町のアパートになるとこんな感じだ。もしかしてホテルかも。周囲はお店も多く、賑やかな場所だ。

 
通りには名前がついている。アパート近くには「マルチン・ルーター通り」とあった。
去年も「ヘルマンヘッセ通り」などを見た。人の名前も多いのだ。

 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活9・毎日の生活パターン定着

2012.04.26(13:08) 3110

4月25日(水)ドイツ滞在9日目。
 
ドイツ生活ももう9日になる。やっと生活パターンが定着した。
ドイツとの時差は夏時間で7時間。プラス7で日本時間だ。
 
朝は5時から6時の間に起床。パソコンを開いて、メールのチェックやネットやブログなどをする。
これまで夜のブログの更新を朝することにした。メールや写真などもしていたら夜は時間がない。
その後、朝食。これも毎回同じようなものだ。
調理はしないが、フライパンを出してパンを焼いたり、ハムやソーセージにだけは火を入れる。
 

 
部屋はさほど汚れていないが、掃除機はないので、箒とちりとりでざっと掃除をする。
マットや布団も干したいが、かなわないので、窓を開けて埃だけをはたく。
買い物があれば8時の開店時に行く。帰宅後では8時の閉店に間に合わないのだ。
買い物がなければ9時前に娘のマンションへ行く。
 

 
娘のマンション。賃貸だが購入をした家もあるらしい。6軒が住んでいる。
付近はいわゆる山の手の住宅街で、高級住宅が多い。昔から住んでいる大きな家もある。
一戸建ても多いが、マンションなどの集合住宅も多く、日本のようないかにもマンションという感じではない。
それぞれが個性を出した作りなので、マンションだというのがわかりにくい。
昔は山だったのを切り開いたのだろう。坂が多く、木々も多い。それも大木が多いのだ。
周辺は自然がいっぱいで、店もない。まさに住宅地そのもの。娘はそれが気に入ったという。
これが少し街中まで下ると、自然も減って喧騒の中での生活になるのが嫌だと言う。
 

 
9時から夜の8時までが孫との生活だ。孫の昼寝中にはアパートに戻っていたが、今はそれもしない。
掃除、洗濯、食事作り、家の中での孫との遊び、散歩、孫の入浴、
帰る時にゴミ出し(オムツが1日で一杯になるので)、昼食と夕食を一緒に食べる・・・・こんな生活だ。
 
土、日は家族で出かけることが多いので、少しパターンが変わる。
散歩は買いものがあれば街中へ、なければ裏山の公園へ行く。
 

 

 
先日はカレーの日の牛肉が残っていたので、それで肉じゃがを作った。材料が同じなのだ。
大根なますの次には、わかめと蛸入りのきゅうりなますも作った。
肉じゃがの残りに大根を加えて煮物にした
私が食べたいのではなくて、娘が喜ぶ。
 
パパさんが火曜日から金曜日まで出張。夫婦で一緒に育児をしているので、パパさんの不在は大変。
夜だけでも泊まろうかと言ったが、娘はパターンを変えたくないらしくて、自分一人でやるという。
私は家事の援助はしているが、育児の方はまだ不慣れだ。
時に泣かれて困ることもある。まだ私に慣れないこともあるのだろう。
 
夜8時にアパートに戻ったら、まだ明るいので、すぐにシャワーを浴びる。
バスタブはなくて、シャワーだけだ。真冬は寒いだろうなと想像する。温水暖房機はあるのだが。
その後、小物の洗濯。脱水などないので、水を切る為に一晩シャワー室に干す。
朝、洗濯ハンガーに干すのだが、浴室に干すより生活部屋の方が乾きが速い事に気づいた。
 
ほっとしたらもう9時だ。11時までが自由時間
日記やメモなどを書いたり、PCでメールチェックやブログをしたりする。ブログは下書きだけにする。
写真の取り込みもする。写真はブログで使うが、家にも送る。
その後、読書をしながら眠るのだが、あっという間に眠けがきて読書は進まない。
11時から朝の起床までぐっすりは眠られず、何度か目覚め、時計を見てはさらに眠る。
 
朝9時から夜の8時までの孫とのマンションでの生活。
夜の8時から朝の9時までのアパートでの一人生活。睡眠時間を除けば案外忙しいのだ。
しかし、アパート住まいは夜だけは自由時間がある。
娘はこれが24時間なのだから大変。もちろん子育て中のどの親とて同じではあるが。
 
まともに一人住まいをした経験がない私は、やはり何とも落ち着かない。
日中は日本語生活だが、外に出ればまさに異国だ。
アパートに戻ると階下からギター演奏音と歌声が聞こえてきた。
それを聞いていると、何だか日本の生活が懐かしくなってきた。
異国で暮らすのは、楽しいよりも寂しい方が強い。早くもホームシックか・・・?
 
雨続きでまともに出せなかった鯉のぼりを、やっと一日中出した。
鯉のぼりは去年に続き2回目の登場だ。
 

 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活8・美しい花々・持参本・店や学校

2012.04.25(05:53) 3109

4月24日(火)ドイツ滞在8日目。いつもとあまり変わらない生活。
 
生活範囲は、夜眠るだけのアパート、食料品などを買うスーパー、孫を連れての散歩での光景、
孫との家の中での遊びや家事・・・・と相変わらずの生活だ。
 
あちこち行き来する時に見る家々の花々。
家を大切にして、庭の手入れを怠らない、花を絶やさない生活が垣間見られる。
 

 

 

 
今回はパソコンが使えないかもしれないと思い、本を少しだけ余分に持ってきた。

 
辞書もあれこれ持参したが、どうも語学系はする気がしない。
会話集などを読んでも頭に入らないし、それだけをしている時間がない。
寝る前にはやはりもっとリラックスできる本でないとだめだ。
薄手のスーパーで貰う料理冊子も持参した。これならちょっとした時間に眺められる。
 
一番気楽に読めるのが「世界ぐるっと朝食紀行」西川治著だ。
もう何度も読んだ本だが、ドイツももちろん出てくるし、読みながら世界を旅しているようで楽しい。
松田道雄さんの本も、孫の年齢の部分を読んだりしている。
我が子の時に読まなかった本を今読んでいるとは。

 
朝の買い物は、去年よく行ったスーパーとは別のその近くにある店によく行くようになった。
こちらの方が値段がかなり安いと言うことがわかってから、そうなったのだ。
去年はほとんど利用しなかった店だが、去年の2ヶ月は損をした感じだ。

 
主に買うのは、アパートでの朝食用食材だ。
パン、バター、ジャム、牛乳、ジュース、ティーバッグ、ハム、ソーセージ、ヨーグルト、りんご、
バナナ、オレンジ、きゅうり、アスパラ、ミニトマト、パプリカ、サラダドレッシング、お菓子などを買った。
パンはトースターがないので、フライパンで焼いている。これでもトーストには事足りるのだ。
 
その付近にはアスパラガスとイチゴの店が今年も出ている。簡易店だ。
アスパラガスは期間限定で、今がまさにその時だ。
5月下旬か6月になればあっという間に閉まると聞いた。

 
朝の買い物時間は、小学生の登校時間でもある。
みんな同じようなランドセルのようなものを背負っている。
日本のものとは形が違うが、背中に背負うのは同じだ。
小学生には手持ちよりはこのような背負う形のものが良いのだろう。色はかなりカラフルだ。

 
午後からの散歩は、小学校の校庭に行った。
去年は乳母車で歩き回ればよかったが、今年は乳母車で連れて行って、
公園などでしっかりと遊ばさなければならない。疲れるくらい遊ぶと、夜よく眠るのだ。

 
家のすぐ近くに公園がないので、少しばかり歩かねば遊ぶ場所がない。
娘の家は町の山の手にあるので、坂が多い。乳母車連れは結構大変。寒くても歩けば汗が出る。
 
学校の校庭は広いし、遊具もあるので便利だ。
放課後の校庭は自由に出入りできる。塀もなければ、もちろん鍵もない。
日本の現状とは全く違う。まだ、危険もなく平和なのだろう。
 
いまだに天気がはっきりしない。雨が何度となく降ったり止んだりする。
学校で遊んでいる時に雨が降って困った。傘を差して乳母車を押すのは難しいのだ。
 
16時に電光温度計は12度~14度を行きつ戻りつしていた。
外はまだまだ寒いほどだ。家にいてもベランダに出るのに上着を着ないと寒くて耐えられないほどだ。


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活7・育児援助も重労働・家を間違えた・ドイツの光景

2012.04.24(05:07) 3108

4月23日(月)ドイツ滞在7日目
 
アパートに帰りシャワーを浴びてやっとゆっくりできた。もう夜の9時だ。
あれこれしていて、10時くらいになるとさすがに暗くなりシャワーも浴びたくない。
隣とはいえ、一旦外に出るのであまり夜遅いと、何となく怖い気がするのだ。
やはり外が明るいうちならシャワーも気分良く出来る。朝も良いが汗をかくとその日のうちに入りたい。
 
今朝は外気温が7度を示していたが、日中家の中で用事をして動くと汗が出る。
アパートの上がり降りも4階分の階段で良い運動量だが、正直なところ息が切れる。
 
アパートの天窓から外の景色を写した。

 

 
路上駐車も相変わらずだ。遠くに風力発電の風車がかすかに見える。

 
孫の家に行く途中にあるが案外きつい。朝一番なのに息を切らしながら行くのだ。

 
朝8時を待って買い物に行った。夕食用の買い物だ。買い物はスーパーなので会話もせずに出来る。
パン屋さんは対面式で、何やら話しかけられるが、片言英語と指差しで済ませる。
小銭の支払いにはいまだに戸惑う
面倒なので財布から小銭をすべて出し、手の平に並べて取ってもらう。これに限る。
 
買い物と今日は洗濯物があったので結構な荷物だ。孫の家からアパートまでは5~10分。
スーパーまでは15分はかかるので、歩きでは荷物が重い。
 
午前中は掃除や洗濯など。孫はママと散歩を兼ねたお出かけ。
一日に2回は散歩に連れ出す。午後からは私が連れて出た。散歩に時間をとられるが仕方がない。
家にいれば孫は元気に動き回り、ちょろちょろするので目が離せない。
危ないことをしたら駄目と言っても、わざといたずらをする。男の子らしいといえばそうなのだが。
 
いつもは、孫の昼寝中にアパートに戻るのだが、今日は戻らずにいたら
目を覚ました孫が私の顔を見て大泣きをした。目覚めが悪かったようで、私を怖がったのだ。
いつもは目覚めて元気よく走り回っている頃に行くので、勝手が違ってびっくりしたようだ。
まだ慣れていないのだろうか。しっかりしているようで、やはりまだ幼い。
 
夕方から孫はママと小児整体に行くので、夕食作りは私が担当した。
とはいえ、和食が自由に作れるほどの材料はないのでどうしても限られる。
カレールーがあったので、カレーにした。サラダはレタスとミニトマトとパプリカだ。
大根が店にあったので、人参と一緒に紅白なますを作った。寿司酢もあったので助かった。
土産に持参した「ちりめんいりこ」や「梅干」も娘は喜ぶ。
 
こんな一日だが、案外重労働だ。若い時は私とて2人の子育ても経験したが、
さすがにもう年齢は隠しようがなく、体力の低下を感じる。
 
◆話題を変えて、面白い話を一つ。後で思い出し笑いをしてしまうほどの私の失敗話だ。
 
いつものこと、娘の家に着いて鍵を開けようと鍵穴に刺したが、何度やっても鍵が開かない。
鍵の故障かなと思い、呼び鈴を探したが見当たらないので、ノックをした。
何度ノックをしても出てこない。電話中のようだ。でも、娘の声ではない。
はっとして玄関をしっかり見ると2階の別の人の家だった。
どこの家も玄関にリースが飾ってあり、よく似ているのでうっかりした。
そこの家の人が出てこないうちに慌てて3階まで上がった。冷や汗ものだった。
 
◆また別の話だが、ドラッグストアーで見つけたもの。

ショッピングカートにルーペが付いている。何のためかというと・・・お年寄りのためだそうだ。
高齢化社会の一端を見るようだが、日本にはまだないので、興味深く見た。


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活6・Bietigheimという町へ出かけた

2012.04.23(04:30) 3107

4月22日(日)ドイツ滞在6日目
 
日曜日なので出かけたいが、一日中雨が降ったり止んだりで外出には不向きだ。
降る時には土砂降りになったりもするほどだ。
おまけに気温がどんどん下がる。最近は傘はもちろん、薄手のコートも手放せない。
雹(ひょう)も降った。こちらでは雹は時々降るそうだ。
 
それでも、午後からは少し晴れたりしてきたので出かけることにした。
とはいえ、いつものように昼寝から目覚めた孫に合わせて4時前に出発だ。
 
去年かなりあちこち行ったので、もう近場で行ける場所がなくなったほどだ。
 
車で高速道を走り30分ほどでBietigheimという町に着いた。
 

 
走る途中で、前日出かけたIKEAも見えた。
ここは、こじんまりした町だが、去年もこの町によく似た町をいくつか見た。
 
古い町並みの残る旧市街地と反対側は新市街地で、カフェなどが多い。
アイスが美味しいので食べに行こうというのが初めの目的だった。
 
観光地のような町ではあるが、民家やマンションのような建物も多い。
娘は家を探していた時に、初めはここに住もうかと思ったこともあるという。
でも、これほど賑やかな町なら住まなくて良かったと今では思っているという。
 

 
町の中心には噴水があり、市庁舎もある。道は石畳だ。
孫は噴水でしばらく遊んだら、喜ぶこと。
 
最後にアイスを食べる。あちこちにアイスの店が多い。列をなしている店もある。
ここまで来たら晴れ間が見えてきたので、晴れれば暖かくなる。
雨の降っている時ならアイスは寒くて食べられなかっただろう。
ドイツの人はアイスが好きだ。それに釣られて私も食べる。日本ではありえないほどだ。
 

 

 
2時間ばかりのちょっとした外出だった。6時には戻ったので、程良い時間だ。夕食は・・・・
ニュルンベルグソーセージとザウアークラウト(酢漬けキャベツ)、コーンとツナ、パスタのサラダだ。
 
昨日も食べたケーキやお土産のもみじ饅頭や羊羹がまだあるので、お茶を入れて食べた。
食後は孫と少し遊んで、その後アパートに戻った。
7時頃だが、晴れるとずいぶん明るい。雨が続くと晴れ間が有難く感じる。


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツ生活5・陣羽織と兜、公園で遊ぶ、IKEAへ出かけた

2012.04.22(13:18) 3106

4月21日(土)ドイツ滞在5日目
 
孫は夜泣いてあまり寝なかったという。朝8時に孫の所に行った。
いまだに夜中に1度以上は起きる上に、泣いたりすると親も体力的に大変らしい。
赤ん坊時代に比べると楽になった気もするが、そうでもないようだ。
子供がいれば親たるものいつまでも楽ができることはないのである。
だから、少しでも私の手助けが役立てば良いという訳である。
 
土曜日のたまの休みなので、婿さんは午前中私用で出かけた。
 
日本から持参した「陣羽織と兜」で記念に写真を撮ろうとしたが、孫は着てくれない。
あまり関心がないようだ。仕方なく、そばに置いて写真を撮った。

 
その後、私一人で公園へ連れ出した。外はまだ寒いので、帽子と厚手の上着を着せる。
去年何度も来た裏の麦畑のある周辺を散歩した。麦も育っている。木々も芽吹き開花している。
 
寒さで公園遊びをする人はいないかと思いきや、3組もいた。土曜日なので父親が連れている。
孫は公園が気に入って遊びまわり、いつまでも帰ろうとしないほどだ。
1時間半も遊んだ。平素はまだあまり食べていない「ボーロ菓子」が気に入って小袋1つ平らげた。

 
昼食後、孫は決まって昼寝。夜の寝不足と公園遊びで疲れたのか、3時を過ぎても起きない。
午後からは出かける予定だったのだが、すべては孫に合わせなくてはいけない。
 
その後出かけたのはIKEAだ。日本にもあるという日用雑貨なら何でも揃う大型店だ。
郊外まで車で出かけた。孫のものを買いたいというので出かけたのだ。

 
店も大きいが、人も多い。店内を見る前に少し腹ごしらえ。「ビストロ」がある。
ホットドッグが0.5ユーロなのだ。大勢の人が食べている。50円ちょっとしかしないものだ。
トッピング用のピクルスとフライ玉ねぎを自由に加え、ケチャップとマスタードもかける。
家族連れで来て腹ごしらえをする人の多いこと。レストランもあったが、このホットドッグは人気だった。

 

 
店内は床の矢印に従って進んでいくと、すべてを見て回れる感じになっている。
まるで「回遊式店」だ。孫もあらゆることに興味津々。乳母車から降りて盛んに遊ぶともう車には乗らない。
 
店は何でも揃うが、まあ日本の「ニトリ」の大型版のような雰囲気だ。
大きなものも全て持ち帰るといい、カートが馬鹿でかい。配達という制度がないのだろうか。
外は雨が降り出した。
 
帰宅後夕食をとり、お土産に持参したもみじ饅頭や羊羹、ひよこ菓子などを娘たちは食べた。
私は娘が焼いたスポンジケーキを食べた。
 
外はかなりひどい大雨で、孫はそれを見て面白がっている。傘が手放せない日々だ。
孫が眠り出したら私も戻る。もう9時前で、雨のせいで周囲は暗かった。
夜の一人歩きは無用心でもないけれど、やはり明るいうちに帰りたい。


美しく歳を重ねるために


2012年04月
  1. ドイツ生活14・4連休(04/30)
  2. ドイツ生活13・日曜日に街中探検・教会などを見る(04/29)
  3. ドイツ生活12・Killesberg-Hohenparkへ出かけた(04/29)
  4. ドイツ生活11・何かと声をかけられる(04/28)
  5. ドイツ生活10・やっと暖かくなる・風景いろいろ(04/27)
  6. ドイツ生活9・毎日の生活パターン定着(04/26)
  7. ドイツ生活8・美しい花々・持参本・店や学校(04/25)
  8. ドイツ生活7・育児援助も重労働・家を間違えた・ドイツの光景(04/24)
  9. ドイツ生活6・Bietigheimという町へ出かけた(04/23)
  10. ドイツ生活5・陣羽織と兜、公園で遊ぶ、IKEAへ出かけた(04/22)
次のページ
次のページ