タイトル画像

外食・イエスタディという店でモーニング

2012.09.25(11:48) 3284

日曜日に広島のグリーンアリーナでのアンパンマンショーに行った時
家を早めに出て、その前に本通りの古本屋に寄った。するともう11時前。
 
グリーンアリーナ付近では昼食場所もなかろうと思いどうしようか思案していたら、
ふと見ると、古本屋の近くにある店のモーニングが11時までだというのが目に入った。
モーニングを食べる機会はほとんどないので、興味半分で食べてみることにした。
 


 
 
 
看板見本ではフルーツがついているが、フルーツがなければ380円だった。
メインは「ハムエッグサンド」。青汁まで付いている。飲み物は選べる。
ホットココアを頼んだ。青汁は甘くて美味しかった。
サンドとはいえハンバーガーっぽい。そういえば店は「コーヒー&ドッグ」だった。
 

 
お店は2階と3階だ。2階で注文と支払いを済ませてセルフで運ぶ。
2階はカウンターだけなので落ち着かないようなので
3階に持って上がったら、そこはテーブル席もあり薄暗い中に何人もの人がいた。
 

 
新聞を読んだり書き物をしている人もいる。さすがにその様子の写真は撮れなかった。
何だか隠れ家的で、ちょっとした休憩に良いのだろう。▲看板の写真から
 


 
お店の名前が「イエスタディ」なので、ビートルズのポスターがあり音楽がかかっている。
ビートルズ好きにはたまらない雰囲気の店だ。
 
おそらく初めての(だったと思うが)モーニングの経験になった。何事も体験してみると楽しい。
 
コーヒー&ドッグ「イエスタディ」 広島市中区本通り1ー3 
福屋八丁堀店西向かい 電話(082)249-5666
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

勝間和代講演会・消費者&事業者シンポジウム2012

2012.09.25(07:28) 3283

9月21日(金)に「消費者&事業者シンポジュウム2012」があった。
場所は広島県民文化センター。
 
このタイトルに興味があったわけではなく、
基調講演に勝間和代さん来るというので友達と一緒に出かけてみたのだ。
それも勝間さんのファンでもなくて、どんな話が聞きけるのか行ってみようと思ったのだ。
この人の口癖「費用対効果」は出るのだろうか・・・と思いながら聞いた。
 

 
タイトルは「断る力~消費者の自立~」だった。
1時間の講演だったが、早口の1本調子であれこれしゃべるものだから
いつの間にか眠くなってしまって、これぞという内容が残っていないのだ。
 
悪徳商法、騙される人の特徴(自信がない人、将来に不安がある人、強い人に憧れる人・・は暗示にかかりやすい)、仲の良い人の勧誘、過信は禁物、断る力、騙された時、撃退、勝間塾の案内
 

 
写真撮影は禁止とは言われなかったので、写させてもらった。
 
・・・何とも難しい言葉を駆使して、大学の授業の様だった。
内容も<悪徳商法、消費者の自立、断る力>と言う限定されたものだったので
広く経済的な理論は聞かれなかった。だから特に目新しい印象は残らなかったのだ。
 
聞く方の態度も眠っていたのでは聞きとれるはずもないのだが・・・。
おまけにその後のパネルディスカッションが1時間半と長かった。
13:30~16:30はあまりにも長くて、途中で退席をした。
 

 
最近は夜中に目覚めることが多く、昼間に眠くなる状態が長く続く。
午後からの講演会は、居眠りの時間になってしまうのだ。今回の参加は失敗だった。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

9月を振り返って

2012.09.24(20:00) 3282

先週は何かと出かけることも多くて、忙しかった。用事は重なるものだ。
9月4週目
16日(日)実家行き、会食、総勢11人揃う。
18日(火)病院の料理教室へ
19日(水)台所のリフォーム2日間でほぼ完成
20日(木)友とホテルのランチへ、四国物産展、台所の食卓の椅子や生ごみ入れの棚を見に行く。
21日(金)勝間和代講演会、京都物産展へ
22日(土)ユーハイムへ買い物に、その後ごみ箱棚や椅子を見に行く。棚はやっと購入。
23日(日)アンパンマンショーへ、台所の上の棚や下の収納庫の片づけと処分作業。
 
用事は半日とはいえ、出かければ家でゆっくりはできず何かと雑用が溜まる。
家にいても、このところ夫が台所のリフォームや片付けなどを熱心にする。
台所のことなので私は知らん顔もできないが、夫は熱中するととことんやるので
ぼちぼちやりたい主義の私には少々きついこともある。
 
出かけるとつい外食になったりする。その時の外食の写真なども溜まっている。
出かけた時の記事素材も溜まっているが、書くのがなかなか追いつかないほどだ。
 
前に戻って記録してみる。
9月1週目
9月2週目 実家行き、整形外科通院(注射5回終了、電気当てる)
       映画「あなたへ」視聴、島根県の加田の湯温泉へ、リンゴ狩り
9月3週目 実家行き、整形外科(電気当て)、coopの催し、放送局のモニター説明会
9月4週目 上記の通り
 
なんだかんだと野暮用はあるものなのだ。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

それいけ!アンパンマンショーへ・健康サポートフェア2012

2012.09.24(09:49) 3281

昨日「健康サポートフェア2012」へ行った。
「美と健康・暮らしの情報を発信・提案するイベント」だ。
 


 
かつて1度行ったことがあるがかかなりの混みようで、
サンプルをいくつか貰って疲れて帰った経験がある。それ以後行っていなかった。
 
今年は是非見たいものがあるので出かけたのだ。場所は「広島グリーンアリーナ」。
1日目は9500人以上の入場者があったと新聞に載っていた。昨日は2日目だったが、
10時開場だが11時過ぎに行ったら先着2500名が貰えるエコバックはもうなかった。
 
行ったついでに「関節痛セミナー」に参加した。

これは100名入る会議室なので申し込みがいった。
変形性膝関節症のメカニズムやら、サポーターの使い方などを教えてくれた。
ロート製薬とピップの会社の人の説明で、知っていることも多かったが参考にはなった。
粗品も貰った。その後大アリーナに移動。
 
会場内はすごい人だ。ステージ観賞も大勢の人だ。
1日目はIKKOトークショー、2日目には陸上の福島千里トークショーがあったが
私はそのどちらにも興味はなかった。
 

 

 

 

 
私の目当ては・・・何と「それいけ!アンパンマンショー」だ。
孫に見せるために撮影に来たのだ。カメラのムービーで撮った。
 

 
小さな子供連れの家族がたくさんいる。人気のほどが分かる。
椅子席は満員で、45分間立って見たのでしんどくはあったが、撮影に懸命になった。
 

 
最後に記念撮影もしていて、子供にとってアンパンマンは人気者だと実感した次第。
 
さて今度はこれをドイツの孫に送らないといけない。
DVDとはまた一味違った動画だが、喜んでもらえるだろうか。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

菓子・バームクーヘンのユーハイム小河原店17周年祭へ

2012.09.23(20:16) 3280

「ユーハイム小河原店17周年祭」のチラシが入っていた。
 

 
毎年行ってみたいと思いながら実現していなくて、今年こそはと出かけてみた。
3日間限定販売だ。
場所は広島市安佐北区小河原なので、かなり奥へ車を走らせる。
山陽自動車道の広島東ICを出て少し行った場所にある。
町中からかなり外れているので、お客さんは来るのだろうかいつも気になっていた。
 
外観は大きなビルだ。1階に店舗があり、上の階には工場があるという。
工場見学は出来ないのかと尋ねたが、やっていないとのことだった。
 


 
 
店内にはユーハイム夫妻の写真やら、バウムクーヘンの歴史などが書かれている。
 


 
入るとすぐにバウムクーヘンの試食をさせてくれた。切りたてが美味しいのだという。
「3日間限定で大きなバウムクーヘンが小河原店にやってきます。
お好きな分だけカットします。切りたての美味しさを是非お楽しみください。」
そう言われれば確かに美味しい。クリームまでのっている。
 

 

 
日本で初めてのバウムクーヘンは広島で焼かれた・・・というのは、今ではかなり知られている。
私もかつて何度か記事にしている。⇒「3月4日はバウムクーヘンの日」
 
今回はバウムクーヘンもさることながら、
チラシにあった「シュバルツベルダーキルシュトルテ」が欲しくて出かけたのだ。
ドイツで何度か食べた美味しいケーキだ。ドイツ人も大好きなものだ。
「3日間限定復刻版で登場」だそうだ。
 
しかし、出かけたのが土曜日の16時を過ぎていたので、既に売り切れ。
やはり開店早々に行かないと駄目だ。日曜日は用事もあるのでまた行くことは出来なかった。
唯一1個残っていた「オムレットのコーヒーゼリー」を買った。(\399)
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バウムクーヘンもあまり大きな物は食べきれないので、
500円の小ぶりなものがあったのでそれにした。
すると店員さんが「切りたての方が美味しいのでそちらにされては・・・。」と言う。
試食させてくれた大きな方を500円分切ってくれたのだ。
 

 

 
2種類のケーキを2日に渡って食べた。やはり美味しい。オムレットはとろけそうだった。
 
このお店は島根県などにドライブに行く時にそばをよく通るのだが、
寄ってみたいと思いながら寄ったことはなかった。
今回行ってみたことで、身近になった気がする。それにしてももう17周年とは驚きだ。
 
ユーハイム・小河原店
広島市安佐北区小河原町1260-1
082-844-1231 営業は9:00~17:30
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

四国と京都の物産展へ行った

2012.09.23(06:57) 3279

◆先週の木曜日に友達とランチに行った時に、ついでなので福屋広島駅前店に立ち寄った。
「四国の物産展」が行われているからだ。
 
デパートの物産展などの催しものは色々とあるが、何か他に用事がありついでに寄ることが多い。
四国は讃岐うどん巡りなどで何度も行っているので、興味があったのだ。
 

 
この物産展は20日(木)~25日(火)までに行われ、行った日は初日だった。
地元放送局のRCCが14:55分から「イマなま3」という番組で生中継をするとかで、
放送スタッフがたくさん来ていた。
 
「映画特集」とあり「二十四の瞳」の展示コーナーがあった。
映画のワンシーンを再現した人形作品があり、良く出来ているのには感心した。
 

 


 
 
今治タオル、坊っちゃん団子、ラーメン、うどん、柚子ポン酢・・・なんでもある。
 


 
「ぼうしパン」というのがあり、あまりに面白いので買った。1個201円。
パンの失敗作品から生まれたと言い、今では逆に人気商品になっているという。
中は普通のパンで、帽子のつばの部分はクリームが入ったやや柔らかいものでできている。
家に戻ってからテレビをつけたら、生放送でリポーターがこのパンを食べて紹介していた。
 
ネットより(資料)
高知市内のパン屋が昭和30年当時に「高知に新しいパンをつくろう」と考案したのがこれだ。
つばの部分は甘いカステラ生地。生地の配分は、小麦粉一に対して、
砂糖一、卵一、五。メロンパンと比べると多い目の卵と砂糖を使用する。
現在の製法は、帽子型をした鉄板に生地を流し込んで大量に生産するが、
誕生当時は鉄板に乗った丸いパンにカステラ生地を絞り出していた。
すると、パンの上に乗った柔らかい生地が流れて帽子のつばの部分ができあがる。
これをオーブンで十分ちょっと焼くと大きなつばのある帽子パンの出来上がり。
なぜか他県に波及することなく高知県だけでのみ支持され、21世紀まで生き延びている帽子パン。
なんとも不思議なパン。これは明らかにB級グルメである。


 
 
 
 
もちろん「讃岐うどん」もお土産に買って帰った。
 
◆次の日の金曜日。連日の外出になった。県民文化センターで講演会があったのだ。
その帰りにバスセンターからバスに乗る前に、そごう9階の催事場に立ち寄った。
 
これもついでに寄ってみたのだ「京都老舗の会」だ。
今年は京都に縁が出来、関心があったのだ。これは19日(水)~25日(火)まで。
次回予告広告で次は宮城だそうだ。全国の上手いもの展などは人気の様だ。
 


 
こちらももちろん大勢の人たちが来ている。
器や扇子、履物、着物、箸、包丁などのほかあとは食べ物がたくさん出展している。
佃煮、饅頭、煎餅、漬け物、寿司、出し巻き卵、湯葉・・・盛りだくさん。
見ているとどれも買いたくなる。試食もさせてくれる。
 


 
結局は「京かまぼこ・茨木屋」のさつま揚げだけを買った。
笹がきゴボウ揚げとチーズ揚げの2本を買った。家で食べたがやはり美味しい。
 
■2日連日でデパートの催し物に出掛けた。というより主な用事のついでに立ち寄ったのだが。
食べ物を扱うこのような催しにはたくさんの人が押し掛けるようだ。
何かしら関わりがあり、興味関心があるので出かけるのだろう。
デパートもあれだけの大きな屋台骨を抱えて経営は難しいのが現状だろう。
その中にあって、このような催し物は客寄せになくてはならないものと思われる。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

映画「あなたへ」の原作本・意外な事実が・・・

2012.09.22(09:20) 3278

このところ出かけることが多くなって忙しくしている。今週の木曜日は
友とランチの後広島駅前福屋の8階催し場で行われている物産展を覗いてみた。
(このことはまた別途)さらにその後上の階に上がって、本屋に寄った。
映画「あなたへ」の原作本を読みたくて買いに行ったのだ
 
映画のほうの私のブログ記事<高倉健主演「あなたへ」を観た>はこちら。⇒
 
購入後早速読んだ。映画を観ているので思い出しながら、比較しながら読むので面白い。
 

 
話は少しそれるが、
朝の散歩途中に掲示板に貼られたポスターも本の表紙と同じ場面だった。
 

 
この本は初版が平成24年の2月25日だ。
映画「あなたへ」(脚本・青島武)を原案に創作された森沢明夫の小説とある。
読み進めて行くうちに、映画とは設定がかなり違ったり、映画より深い部分もある。
映画では真相が分かりにくかった場面も、文字で書かれるとよくわかるのだ。
「なるほどそうだったのか・・・」と頷くこともあった。
 
そういう色々な驚きの部分もさることながら、それとは違った意外な驚きがあったのだ。
 
映画では大阪が舞台だったが、草なぎ剛が扮するイカ飯駅弁の宣伝販売の場面が
何と・・広島だったのだ。それも催し場はこの本を買ったデパート「福屋駅前広島店」だった。
それどころか、本を買う前に私はこのデパートの催し場を覗いている。
 
本では「JR広島駅前にある<福乃屋>という百貨店だ。」となっている。
あまりの展開に驚いてしまった。
主人公の高倉健が富山から長崎平戸までをキャンピングカーで旅するのだが、
この広島のデパートの後は、瀬戸内海の海沿いを走る。
映画ではなかったが、途中宮島や山口県の錦帯橋にも立ち寄ったという記述があった。
 
筆者は「渚の旅人・かもめの熱い吐息」(旅エッセイ)で震災前の東北を旅したりしている。
小説「津軽百年食堂」というのもあり、これは2011年に映画化されている。
全国各地をかなり回っている作家の様に思われるのだ。
 
映画「あなたへ」は映画だけでなく、その後高倉健を追ったテレビのドキュメンタリー番組や、
今回の原作本を読んだりして、面白さが倍加した。
映画だけではおそらくこれほども面白さを感じなかったと思うのだ。
映画鑑賞後にかなり熱中したのである。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

タウンリポート・8月には3つの地元行事の取材

2012.09.22(07:58) 3277

随分前のことで時期がずれてしまったが、夏休みには小学生参加の行事がたくさんあり、
公民館からの取材の誘いもあり、8月には合計3つの取材をして原稿を新聞社に送った。
夕刊の「タウンリポーター」のコーナーだ。
そのうちの一つがやっと先日地元新聞の夕刊に掲載されたので、ブログにも載せてみる。
掲載前にはブログにも載せられず、待っていたらこんな時期になってしまったという訳だ。
 
◆8月2日(木)○区のコープ○○で「平和のつどい・平和って何だろう?」が催され、
小学生の子供たち8人を含む20人ほどが参加した。
 
まず絵本「へいわってどんなこと?」「お母ちゃん お母ちゃ~ん むかえにきて
(集団疎開の絵本)」の読み聞かせがあった。
 
その後アニメ「夏服の少女たち」(内館牧子脚本)のDVDを観賞した
子どもたちも熱心に観ていた。
 
さらに、「虹のコーラス」(生協ひろしまの組合員で作る合唱グループ)の代表者で
被爆者でもある大前昌枝さん(79)の被爆体験を聞いた
大前さんは当時広島駅裏付近で被爆し、その時の様子を話した。
1995年から毎月6日に「原爆の子の像」の前で歌の集いを行っている。
今年6月で200回を迎えたが、今も元気に活動をしている。
 

 
子どもたちは熱心に大前さんの話を聞いた。「平和って何だろう」のポスター作りもした。
 
最後に、みんなで「すいとん」を作って「芋ご飯」と一緒に食べた。
○○小学校6年生の○上○○○さん(11)は「絵本も映画もお話も良かった。
すいとんも楽しみだった。食べたら美味しかった。」と話していた。
 


 
 
 
 
「竹細工にチャレンジ!起き上がりこぼうしづくり」8月22日(水)○区の○○公民館であった。
全部で5回実施の「ぬくぬくキッズサマースクール2012」の一つだ。
小学生20人が参加した。講師は広島県余暇プランナーで工作アドバイザーの上田耕作さん(74)。
 
全体説明の後作業に入った。すでに切ってある準備された竹の輪を台の上で転がして、
バランスが取れる場所を探し下部分に粘土で重りを付け、上部分から鈴をつり下げる。
画用紙に好きな絵を描いて竹の片面にボンドで貼りつける。反対面にはプラスチック板を取り付ける。
スムーズに転がるように竹よりはみ出た画用紙やプラスチック部分をハサミできれいに切り取る。
 

 

 
細かい作業で2時間はあっという間に過ぎた。兄妹で参加した○○小学校3年の○口○大くん(9)は「作るのは難しかった。夏休みの自由研究として学校に持って行きたい」と言っていた。
妹で同校1年の○口○○さん(6)も「楽しかった」と話していた。
最後に、竹を切る作業を体験した。上田さんに教えてもらいながらみんな一生懸命竹を切っていた。
 
「親子ふれあいクッキング~広島の郷土料理に挑戦~」
8月25日(土)に○区の○○公民館であった。
「ぬくぬくキッズサマースクール2012」の全5回のうちの一つで最終回だ。
小学生と保護者10名の参加で、母子の参加が多かったが、祖父と孫娘の参加もあった。
 
講師は管理栄養士の田中節子さん。まず、手洗いや包丁の扱い方、野菜の洗い方、
ガスの火の調節などの基本的なことを学び、調理に入る。
 

 
今回の献立は
  広島菜漬やちりめんじゃこの入った「広島むすび」②「小いわしのぬか焼き」
③広島湾で食べられていた「海苔汁」④焼きアナゴと青菜を和えた「がせつ(賀節)」
⑤ももゼリーの5品だ。
 

 
親子2組4人が1テーブルで5人分を作った。平素家でも料理をしている小学生もおり手際が良い。
調理が完成した後は皆で試食をした。片付けも協力して行いほぼ2時間で終了した。
○○小学校4年の田○○○○さん(9)は「家では姉と一緒に料理をすることもある。
きゅうりのじゃばら切りが難しかった。今日はお母さんと一緒で楽しく出来た。」と話していた。
 

 
■公民館からは、これぞと思われる行事があると声がかかるのだ。
とはいえ、新聞掲載にならないとその閲覧効果は相当違う。
WEB掲載だけではなかなか人の目にとまりにくいと思われる。
新聞ですら、夕刊は取っていないという家も多いのだ。
かつてインタビューした人に掲載を知らせたら、すぐにコンビニに行って夕刊を購入したと喜んでいる人もいたほどだ。
 
しかし、最近では子供のインタビューには親の了解も取らないといけないので、気を使う。
学校行事などでは撮影した写真ですらどんなものか事前に見たいと校長から言われたことがある。
ブログ記事でもプライバシーには注意をするが、新聞掲載にもそれ以上に気を使う。
特に、現代はやたら「プライバシー」という時代なのでその配慮はかなりのものだ。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

外食・ホテルのランチで優雅な気分

2012.09.21(08:46) 3276

友達が誘ってくれたので、ランチに出かけた。
場所は広島駅前の広島グランドインテリジェントホテルの14階にある
スカイレストラン・ベルヴェだ。
 


 
 
 
 
 
 
格式のあるホテルの重厚な入り口ドアから入って、14階まで上がる。
上からの眺めは素晴らしい。広島駅やエールエールが見える。▲
 
ランチは11時半から14時まで。早目に行ったら1番だった。
12時頃には広い座席数のレストラン内はいっぱいになった。
1番なのでスタッフの方と話ができた。写真撮影の許可も貰いブログの話も出来た。
 

 
女性客が多いが、男性グループもいる。昼休憩を利用したようなグループなど様々だ。
 
ランチも色々あるが「日替わりランチ」を選んだ。900円というお安い価格が嬉しい。
メインメニューのこの日は「サーモンの白ワイン蒸し・ニューバーグ風」だった。
サーモンがとろけそうなほど柔らかい。
 


 
 
 
飲み物                            サラダ、フルーツ、ケーキ


 
フライ、ミートボール                          ご飯とスープ


 
 
パンとヨーグルト    

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メイン料理以外のこれらはバイキングになっている。
 
すべてお皿に並べてみると何とも豪華だ。
 

 

 
友とは「月に1回くらいランチができればいいね。」などと話が弾んだ。
食べながら話しこんだら1時間半以上はいただろうか。
1番に行ったのに、帰ろうとしたら周囲はみないなくなっていた。
昼休みの時間制限がある人はゆっくりもしておれないだろう。
 
ホテルのレストランでのランチは、気分も優雅になり満足、満腹だ。
「次はどこにしようか。」と話は弾むのだ。
 
広島グランドインテリジェントホテル14階スカイレストラン・ベルヴェ
広島市南区京橋町1-4 電話082-263-5111 
ランチは11:30~14:00 日替わりランチは土日もある。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

台所のプチリフォームと本の片づけ

2012.09.20(08:27) 3275

2日間掛けて行った台所のプチリフォームが終わった。
 
10年ほど前にも1部屋増築と居間やトイレのリフォームをしたが、台所には手を付けなかった。
仕事もしていたし、台所のリフォームは何かと大変だと思ったからだ。
だが、使い勝手も悪く気になる個所もあるので、いつかはリフォームしたいと考えていた。
 
ドイツから帰国後、かなりの数のキッチンのモデルルームを見学したけれど、
システムキッチンは、間取りの関係もあって、お金がかかる割には
どうやってもほとんど現在と変わらないスタイルにしかならないので諦めた。
 
だから簡単なリフォームになり、調味料棚、換気扇、食卓の照明を付け替え、
レンジ台も買い替えた。それだけだが、かなり良くなったのだ。(詳細はまた後日。)
 
◆2日目の昨日は1日中かかった。昼食は作れないことが予想されたので朝のうちに弁当を作った。
台所だけでなく隣の居間にも荷物がたくさん置かれ、職人さんの出入りもあるのでゆっくりできない。
客間の座卓に移動して、弁当だけはかろうじて食べることができた。
 
夫は作業の様子をずっと見守っているので、いつもの舅の車の送り迎えも私が交代だ。
 
そのうち、1階にいても落ち着かないので、2階に上がり掃除や片付けをすることにした。
布団を干し掃除機をかけたらすることもなくなり、本棚の整頓でもすることにした。
 
◆本の整理は、自分のものはかなり片付け、数百冊になるほど処分した。
 
夫は自分の本は絶対に処分はしないというので、仕方なくきれいに整理整頓をした。
本の好みが違うので夫の本を読むことはほとんどないのだが、何冊か読めそうな本も出てきた。
自分で買ったことすら忘れた本も出てきた。(これも詳細は後日。)
 
最近は、読書もあまり進まない。8月からラジオの英会話講座を聞いているからだ。
聞いても聞いてもすぐ忘れるし、なかなか覚えきれない。
それでも、一応努力している。ドイツ滞在で英語くらいはもっと流暢にしゃべれないといけないと
痛感したので始めたのだ。でも、無理はしない。
 
英語ですら四苦八苦するので、ドイツ語は到底身につかないので諦めている。
 

 
語学をやると、今までやっていた読書がおろそかになる。公民館の本も最近はあまり借りなくなった。
英語の勉強が忙しいので、借りに行くまでもなく読書は家にある本で間に合うのだ。
 
今回の本棚整理で読みたい本もかなり見つかったので、また読んでいきたい。
家の中にはまだまだ読める本が結構ある。
 
最近、近隣諸国との軋轢が俄かにかまびすしい。
夫の本には、これらの政治的歴史やら政治家に関する本が多くある。
どちらかというと、これまで苦手としてきた分野だが、
読めば勉強になるので最近はこれらに関する本も読んでいる。
 
◆結局、リフォームの作業は夕方遅くまでかかったので、夕食はお好み焼きの持ち帰りにした。
 

 
お好み焼きを食べるのは半年ぶりくらいか。
 
次女がお好み焼きが大好きで、家にいる頃には定期的に食べていたものだが、
この半年余り、不思議と食べたいと思わなかったのだ。
 
次女はしばらくお好みを食べないと禁断症状が出るというが、私にはそれがない。
広島人だが、案外お好み焼き大好き人間ではないのだと再認識する始末である。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


2012年09月
  1. 外食・イエスタディという店でモーニング(09/25)
  2. 勝間和代講演会・消費者&事業者シンポジウム2012(09/25)
  3. 9月を振り返って(09/24)
  4. それいけ!アンパンマンショーへ・健康サポートフェア2012(09/24)
  5. 菓子・バームクーヘンのユーハイム小河原店17周年祭へ(09/23)
  6. 四国と京都の物産展へ行った(09/23)
  7. 映画「あなたへ」の原作本・意外な事実が・・・(09/22)
  8. タウンリポート・8月には3つの地元行事の取材(09/22)
  9. 外食・ホテルのランチで優雅な気分(09/21)
  10. 台所のプチリフォームと本の片づけ(09/20)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ