タイトル画像

お月見・黄色いお月見団子を作ってみた

2012.09.30(16:13) 3294

今日はお月見。
 
ブログのお仲間のみやさんの記事に「黄色いお月見団子」のことがあったので
面白いと思い、作ってみたくなった。
 
ちょうど朝市で買った「米粉」があったのだが、「かぼちゃ」がなかったので諦めていた。
 
しかし、買い物に行きかぼちゃが買えたので、いよいよ作ることにした。
お店に行けば様々なお団子が並んでいたが、手作りなら買ったよりは安く出来るし混ざり物もない。
 
材料は、かぼちゃ150g、白玉粉120g、水120cc。
 
かぼちゃの皮を剥いで、電子レンジで3~4分加熱しつぶす。
つぶしたかぼちゃと白玉粉を入れ、水を少しずつ加えながら混ぜる。
耳たぶの固さまで練って、団子生地を作り団子に丸める。
沸騰したお湯で茹で、団子が浮いてきたら、さらに1分茹でて、氷水にあげる。
団子が冷えてきたら水分をきって器に並べ、
黒すりごま大さじ1と黒糖(粉末状)大さじ1をかけていただく。
 
材料も作り方もきわめて簡単である。平野レミさんのレシピのようだ。
 

 
新聞記事によれば、月見団子は、普通は12個で、閏年には13個供えるそうだ。
「団子汁」などもお月見らしくて良い。
 
旧暦の9月13日(今年は10月27日)も「あとの名月」と呼んでめでる習慣があるという。
 
台風一過で晴れてきたので、今夜は美しい月が見えるかもしれない。
お団子は月を見ながら食べたほうが良いだろうが、夜でもあるので
作ってすぐに午後におやつ代わりに食べた。
 
団子は混ざり物のない素朴なもので、ごまと砂糖の甘みも多少あったが
甘みがなくても団子だけでも美味しい気がする。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

読書:漬物・ひろしま文庫・花埋み(渡辺淳一著)の本を再読

2012.09.30(07:57) 3293

家の蔵書を片づけていたら、面白い本を見つけた。共に古い本だが、長らく見ることもなかった。
どこに隠れていたのだろうかと思うほどだ。
 
■「漬物」の本。「特選・保存版」とある。
「オタフクソース創業60周年記念出版」となっている。昭和57年発行。
おそらくオタフクソースから貰ったものだろう。
311ページにわたりあらゆる漬物が載っている。これからも役立ちそう。
 

 
■「ひろしま文庫」(広学図書)の「ひろしま文学紀行」と「ひろしまふるさと銘菓」の2冊だ。
共に昭和59年発行。
 
「ひろしま文学紀行」には広島と文学の係わりが載っており、
広島周辺には「大竹・旧大竹海兵団」として阿川弘之(阿川佐和子さんの父)「雲の墓標」が載っている。
その他、竹原・尾道・福山・県北などと文学の係わりなど多くが載せられている。
「セピア色のページをめくるように、広島に縁のある作家たちの“青春の墓標”をたどる」もの。
 

 
「ひろしまふるさと銘菓」も興味を引く。
藤井昭典(朝日新聞、朝日放送・ホームテレビなどに勤務後フリーライター)著。
県内300余の菓子の中から、60の銘菓を選び、そのルーツなどに触れている。
 

 

 

 

 

 
もう30年も前の本なので、今ではもう作られていないものもあるだろう。
いまだに人気を博しているものもある。その変遷は今では大きいであろうが。
今日同じような本を出せば、かなり趣の変わったものになると思われる。
 


 
 
 
 

 
なんだか懐かしいような、心がホッとする思いで読んだ。
 
■内容はがらりと変わって、渡辺淳一の「花埋み(はなうずみ)」を読んだ。
新潮文庫、昭和50年5月初版、54年6月13刷。
 

 
これはいつも本棚にあるのを眺めていたものだが、久しぶりに読んでみると
過去に読んだ記憶は全くなかった。初めて読んだ気がするほどだった。
日本初の女医・荻野吟子の話だ。
 
<明治初年埼玉県に生まれ、離婚後苦学して医者になり、キリスト教の洗礼を受け、
社会運動にも参画する。同志社大学の学生で14歳も年下の男性と再婚をする。
その後、夫の開拓の夢のために北海度に渡り、苦労を重ねた中で夫を亡くす。
晩年は東京に戻り、養女にしていた夫の姪に看取られ63歳で亡くなる。>
 
まさに波乱の生涯を描いている。まるでドラマを見ているかのような生き方だ。
北海道に渡らなければ、東京で富と名声を得て歴史にも残る人物となったであろう。
その生き様が何ともドラマチックで、惹きつけられるのだ。
 
作者は今では考えられないような、こんな骨太の長編小説を過去には書いていたのだ。
北海道での医者時代に、研究室を片づけていた時荻野吟子に関わる資料を見つけたという。
 
北海道医師会、日本女医史、開拓町史などの文献を資料としている。
養女の竹ノ谷トミさんからも話を聞いたりもしている。
舞台化やドラマ化もされているのだ。本当に感動作で夢中になって読んだ。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

今週の記録

2012.09.29(20:05) 3292

今週の記録
 
23(日)「アンパンマンショー」へ。台所の「戸棚や収納内の片付け」をする。
 
24(月)「整形外科」へ膝に電気をかけに行く。
電気の効果はいかに。劇的効果はないが、直後に少しは楽になる気もするが、気休めかもしれない。
 
25(火)台所の「天井クロス貼り替え工事」、「畑作業」(耕して肥料を施す)、「散歩」。
 
26(水)「実家行き」(JRの電車で行く)、近所の「野菜朝市」へ。
 
27(木)アンパンマンショーの「動画をUSBに入れてドイツの孫に」送る。
 
28(金)「整形外科」へ「膝の電気かけ」、「ブックオフ」へ、車で「2つ奥の町の野菜市」へ行ってみる。(今行っている近所の市は量が少ないし、朝6時からでは早過ぎるので)
通院は仕事帰りなら何度も行けるが、わざわざだとなかなか行きにくい。
 
29(土)実家の「父の92歳の誕生日の寄せ書き完成」
(遅ればせながら父にはFAXで送る。兄弟にもメールなどで送る。)
 
今週はあまり忙しくもなかった。
市内の中心部へ出かけるとやはり一日つぶれる感じがする。
連日だと忙しい。週に1回くらいだとほど良い。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

古本屋とブックオフへ通う

2012.09.29(07:49) 3291

最近、時々古本屋に寄ることがある。
学生時代の専門書をいつまでも置いておいても仕方ないので手放すことにしたのだ。
 
さすがに古いので本来はごみ行きだが、それでも古本屋では取ってくれるかもしれないという
淡い期待を込めて、町中に用事がある時少しずつ持参している。
重いものが多いので、一度には無理なのだ。さりとて取りに来てもらうほどはない。
 
▼先般は次女の高価な本を持って行ったことを記事にも書いた。
分厚く重い7冊の本だったが、合計で1100円にしかならなかった。
あっけないほどだったが、後になってこれでもかなり高く取ってもらった方だと悟った。
 

 
▼2回目は自分の学生時代の本を持参した。夫は専門書は売らない方が良いと言うが
もうおそらくは開くこともないだろうし、決断した。40年ほども前のものだ。
中に線が引いてあるものは取ってもらえない。表紙などが日焼けしたものも駄目だという。
これら8冊中の2冊のみ取ってもらえて、後はゴミ箱行きになった。2冊で250円。
 

 
▼3回目は「大辞林」のみを持参した。定価6300円のもの。
 

 
2回目に行った時に古本屋の棚に同じものがあったのだ。売値が1000円とついていた。
半分の500円くらいになれば良いと期待したが・・・甘かった。何と「50円」だ。
 
店の本棚に飾っていても売れないという。それに、背表紙がやや日に焼けていたのが致命傷だ。
がっくり。重いものをわざわざ抱えて行ったのが虚しくなった。子どもの駄賃でも怒られそうなお金だ。
 
▼これに懲りて、しばらくは意欲が出ない。
 
それでも、比較的新しい本があったので、6冊ほどを今度はブックオフへ持参した。
この6冊は、実は・・すべて頂き物だ。
 
栄養学や建築関係の本で講演会で貰ったもので、講師が冗談に
「読んだらブックオフへ持って行っても良いですよ。それだけ多くの人の目に触れるので嬉しいです。」
と言ったのを思い出したので、そうさせてもらったものだ。
期待もしていなかったので写真も撮っていない。
 
これらの6冊で、何と計900円になった。予想もしていない値段がついたのには驚いた。
それでも1冊は150円平均だ。苦労して書いた著者が聞いたら嘆き悲しみそうだ。
 
■どうやって値段がつくか行く度に聞くのだが、本によって違うという。
でも、やはり新しくて奇麗なものが良いように思う。
 
本をどんどん買ってはどんどん売るのは悲しい気もするが、読んだだけ知識は身につく。
本棚に飾っておくだけではいつの間にか古くなり、いつかはごみになるのでそれよりかましだ・。
次に誰かが読めば、その本もさらに役に立つというものだ
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

外食・源蔵(アクア広島センター街)で

2012.09.28(19:21) 3290

広島市内中心部へ出かけた時は、バスセンターからバスに乗って帰ることが多い。
 
午後から出かけて用事を済ませると夕食にかかることがある。
そんな時にはどこで食べようか迷う。
 
先日は「アクア広島センター街・美味な横町・グルメタウン」の7階に行ってみた。
あれこれ探して、結局入ったのが「源蔵」だ。
 
「源蔵」と言えば居酒屋風のお酒を飲む男性が入るイメージのある店だ。
広島市内を中心に8店舗ある。西条や徳山にもあるようだ。
あちこちで見るが、これまでなかなか入りにくかった。職場の飲み会で利用したことがあるくらいだ。
 
しかし、このセンター街にある店の中を覗いたら、
女の人が一人で食事をしている姿が見えたので、私も入って見た。
 

 
 
「寿司・てんぷら・小料理・瀬戸内料理」「広島で一番安くて速くてうまい店」とある。
「ふぐ料理」ともあるのだ。
「赤穂四十七義士・赤垣源蔵」の絵がある。店はこれから付いた名前の様だ。
 


 
店内にあるメニューを見ると何とも種類が多いので、迷うほどだ。
 


 
 
 
 
 
 
やはり定食が良いので、「刺身定食」(\860)を頼んだ。刺身の量が多い。
隣で食べていた女の人は「源蔵定食」(\970)を食べていたが、これはもっと全体の量が多い。
 

  
お酒を飲まない女性でも気楽に入れる店だと感じた。やはり和風の定食は良い。落ち着くのだ。
 
「瀬戸内料理・源蔵」
広島市中区基町6-27 アクアセンター街7階
082-225-3255
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

リフォーム・3日間かけて台所を

2012.09.28(07:58) 3289

お盆を過ぎたころからスタートするはずだった台所のプチリフォームが今月やっと終了した。
 
大幅なリフォームではないが、それでも3日間にわたってかかりやっと完了した。
台所というものは何かとあれこれ物があるもので、移動が大変だった。
3日間以外にも、打ち合わせや小さな直しなどで業者の出入りが結構あった。
 
水回りは全くいらっていないが、隣家などは台所のリフォームのために
ウイークリーマンションを借りて移り住んだほどだ。
それくらい水回りのある台所をリフォームするのは大変だということ。
 
我が家でも1日の作業は朝から夕方までするので、当然昼食は作れない。
荷物や家具を移動したり、作業道具などが居間の一部屋を占領する有様だ。
 
これがリフォーム前
調味料などの棚や収納がないので、あり合わせの棚を置いているが雑然としている。
 

 
これがリフォーム後の写真。
あまり変わっていないようだが、小さなポイントに絞って直した。
 

 

 
1・5・6「天井取り付けの照明」を「ペンダント式」にして、周囲に4つの「ダウンライト」もつけた。
 
2・9「レンジ台」を買い替えそのコンセントと、ガス給湯器のリモコンも使いやすい位置に移動。
 
3・8「調味料入れの棚」を上に2段作り、「左端の下収納」はほとんど使っていなかったので
  引きだし式にして使いやすくした。
 
4・「レンジフード」の汚れもひどく、古いので新しいものに替えた。
 
7・ガスコンロの後に、ハッチガードを付けてすっきりさせた。
 
・「天井のクロス」を貼り替えた。業者の作業を見ていても大変な作業だった。
  物はすべて移動しないと作業にならないし、汚れるので物の移動作業も必要で大変だ。
 
・<見せる収納>は使い勝手は良いが、やはり出来るだけ<隠す収納>がすっきりして良い。
  あれこれ入れ込んだ。それだけ今後手間暇はかかるが。
 
・「ごみ箱の収納棚の2段式」の良いものがあったので買った。
 
あとは、「食卓椅子」も良いものにしたいし、「ガスレンジ」も買い替え予定である。
 
■家を新築してからもう27年。大幅改造すれば良いものになるのだろうが、
今回くらいのリフォームでもすっきりとして案外良いものになった。
 
10年前にも居間やトイレや玄関などをかなりの時間をかけてリフォームしているので、
一見したら古い家には見えない。
 
すべては、孫がやって来た時のためにという「じじばば」の思いからスタートしたのだ。
特に「じじ」の熱心さには私も負けそう。台所のことなのに私以上の熱意なのだ。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

「あなたへ」の森沢明夫さんのブログ

2012.09.27(15:31) 3288

私のブログの訪問者履歴に「森沢明夫」という名前を見つけた。
 
うん・・???見たことのある名前だ。
それもそのはず、あの映画「あなたへ」の原作本の作者だ。
 
まさか…と思いながら訪ねてみたら、まさにその人のブログだった。
 
私はその日、本の感想を記事に書いていたので、訪問してくれたようだ。
その私のブログ記事「映画<あなたへ>の原作本で意外な事実が・・・」
 
あまりに嬉しくて、森沢さんのブログにコメントを書いた。
森沢さんのブログ⇒
 
その返事には
 
映画とは違う、もうひとつの「あなたへ」というイメージで読んでいただければ
いいな~と思いながら執筆しました。
そういえば広島は「海を抱いたビー玉」でも舞台になっています(^^)v
 
とあった。たったこれだけのことに感動する私である。
 
紹介された本も読んでみなくてはいけない。
早速、区の図書館のインターネット検索で探したらその本があったので、予約をした。
 
しかし、作者にとっては書店で買った方が良いのだろうが・・・。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです。 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

実家行き・久しぶりに列車で行く

2012.09.27(08:57) 3287

昨日は実家行き。車の都合がつかなかったので、本当に久しぶりにJRで出かけた。
車に乗るようになってからJRに乗る機会はほとんどなくなった。
高校1年から10年間もJRを利用したのに、今ではもう忘れるほどだ。
 
家を8時半に出て、家に17時半に帰った。
ラッシュ時を少しずれてはいたが、久し振りにラッシュの感じを味わった。
広島駅や列車内の写真を撮るほど物珍しくなっている自分がおかしいほどだ。
 

 

 
広島駅から列車に45分乗り、到着駅から実家までは歩いて15分前後。
昔はずっと歩いたものだ。昨日も歩いた。
父は「タクシーに乗れば良いのに・・・。」というが、これくらい平気だ。
 
平素車では通らないコースを歩くので気分も変わる。パン屋さんが出来ていたので寄ったりした。
車ではあちこち停めて寄ることはあまりないのだ。
 
途中で見つけた「白い彼岸花」。
 

 
車がないので、出かけるよりは家の中のことをした。
昼食は広島駅で弁当を買い、お菓子なども買って持参した。
 
洗濯、布団やマット干し、掃除機かけ、扇風機の汚れ取りと片付け、ごみの片付け、夕ご飯作りなどをした。
 
25日は父の92歳の誕生日だった。例年私は筆ペンで書いたメッセージを贈るのだが
ふと、自分一人ではなくて兄弟皆で寄せ書きにしたらどうかと考えた。
誕生日のお祝いの言葉に、各家庭の近況を入れたメッセージを貼りつけて一つのものにする。
25日に間に合わせる予定が、下の弟の家がもう少しで甥っ子の進路決定になるので
それをメッセ―ジに入れたいとのことで待つことになった。
誕生日に少し遅れることになるがそのことを父に伝えた。
 
帰りもJRに乗る。通勤、通学時代は列車に乗ってはよく居眠りをしたものだが
寝不足なのにどうしたことか眠くないので、読書や車窓を眺めたりした。
おそらく居眠りをするほどのゆとりがないのかもしれない。
 
列車に乗ればその間はゆっくりできるのが良い。しかし、重い荷物は持てない。
JRもたまには良いが、あれこれ用事は出来ない。
彼岸のお墓参りも出来なかった。その代わりに仏壇を拝むつもりだったのに、忙しさで忘れてしまった。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

エジプトのカイロから・手紙とメールが来る

2012.09.26(20:09) 3286

エジプトのカイロから手紙が来た。
手紙の主は、2001年に一緒に中米ホンジュラス国に研修旅行に行った仲間だ。
国際理解教育の研修だった。
 
その時の記事⇒「中米ホンジュラス国訪問記」
 
今も現役で学校に勤めており、今年4月にカイロの日本人学校に校長として赴任したという。
 
手紙の返事をメールで返したら、すぐにメールの返信が来た。当然とはいえ、便利なものだ。
「日本から10,000km離れたカイロより」とある。
それが瞬時に同時体験出来る不思議さ。こんな時代が来ようとは、今さらながら驚く。
 
「大統領選挙」「ラマダン(断食)」「日向はドライヤーの熱風の中にいるよう」だという。
 
この人は以前も他国の日本人学校に勤めていたことがある。
その時も手紙を貰ったが、家族全員での赴任だった。
今回の写真には夫婦2人しか写っていない。子どもさんたちも大きくなり独立したのだろう。
時の流れを感じるとともに、今もなお国際社会活動で頑張っている姿にまぶしさにも似た思いがする。


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

リフォーム追加・畑作業・散歩で見る花や果物

2012.09.26(06:22) 3285

■台所のリフォームは2日間で終了したと思ったが、またしても1日追加となった。
照明をペンダントに替えたら天井のクロスの日焼けが気になり、取り替えることにしたのだ
クロスだけとはいえ、テーブルやカウンターなど部屋の物をすべて動かさねばならない。
これが結構重労働だ。
 
作業中は特にすることもないので、昨日は菜園の畑作業をした。
秋冬物野菜を植えるためには土づくりからしなくてはならない。
夏の間に疲れた土を耕し肥料を入れて、種まきの準備だ。
 
夏の間は暑くて畑作業も出来にくかったが、これからはやりやすくなるだろう。
それでも昨日の昼間は結構暑かったが、どうにか準備が出来た。
 
その後、台所の動かした家具などを元に戻す。その前に雑巾がけをしっかりとした。
物が全くない状態はそんなにないので、この際だからしっかりと拭いておいた。
 
あれこれしたら、やはり疲れた。夜はシャワーでなくて、久しぶりにお風呂にした。
 
■話は変わるが、最近は散歩にもあまり行かなくなった。
歩く必要性は感じてはいるが、歩けば歩くほど膝にはこたえる気がして出かけるのが億劫になる。
それでもたまには出かけてみた。毎日のように行っていた頃は季節の移り変わりが分かった。
たまに行くので今はどうなっているか見当もつきにくくなっていたが、その変化はかなり大きい。
 
彼岸花がどうなっているか気になっていたのだ。
20日(木)に歩いた時には、まだ咲き始めだったのだ。
昨日行ってみた。多少は咲いていたが、5日経ってもそう大きな変化はなかった。
今年は彼岸花の咲くのが遅いようだ。
 


 
歩いていると各所で咲いている花々や果物が目に入る。
 
▼酔芙蓉がまだ咲いている。(左)
酔芙蓉は、朝のうちは純白、午後には淡い紅色、夕方から夜にかけては紅色になる。
酒を飲むと顔色がだんだんと赤みを帯びるのに似ていることからこの名がついたといわれている。
 


 
                       ▲カンナも夏の花だが今も咲いている。(右)
 
▼キバナコスモスとピンクのコスモス。
 


 
▼白い花。おしろい花
?(左) 柿も次第に色づいてきている。(右)

 
▼イチジクがまだなっている。(左) クリもまだ青いがもう少しすれば収穫の時を迎える。(右)
 


 
▼周囲にはまだ田んぼがあるので、1年を通じて稲の成長を見ることが出来る。もうすぐ収穫だ。
 

 
▼(写真右)朝市で貰った花。時々サービスしてくれるのだ。
 


 
ジンジャローズという名だそうだ。良い香りがかなり強くて、しばらく部屋の中を漂った。
**みやさんのブログで知ったのだが、私の聞き間違いで「ジンジャーリリー」が正しかったようだ。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


2012年09月
  1. お月見・黄色いお月見団子を作ってみた(09/30)
  2. 読書:漬物・ひろしま文庫・花埋み(渡辺淳一著)の本を再読(09/30)
  3. 今週の記録(09/29)
  4. 古本屋とブックオフへ通う(09/29)
  5. 外食・源蔵(アクア広島センター街)で(09/28)
  6. リフォーム・3日間かけて台所を(09/28)
  7. 「あなたへ」の森沢明夫さんのブログ(09/27)
  8. 実家行き・久しぶりに列車で行く(09/27)
  9. エジプトのカイロから・手紙とメールが来る(09/26)
  10. リフォーム追加・畑作業・散歩で見る花や果物(09/26)
次のページ
次のページ