タイトル画像

「電車改装レストラン快走」・ドルトムント電車レストラン

2012.09.12(10:05) 3265

ひとつ前の記事で広電のバリアフリー化に触れた時に
「ドイツ電車のレストラン」のことも書いた。
今日の朝刊を読んでいたら、この電車レストランのことが載っていた。
 

 
「電車改装レストラン快走」
「開業2ヶ月で5000人突破」
「広電ストア・新観光地に」とある。
 
開業は7月11日。私が訪れたのは、ほぼ1ヶ月後の8月7日。
行った日もそうだったが、2ヶ月後の現在も人気は継続中の様だ。
 
レストラン「トランヴェール・エクスプレス」
列車ファンのみならず、ランチにも良い。
 
以前の私のブログ記事を読んでいただきたい。⇒ 「外食・ドルトムント電車のレストランでランチ」
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

広島市内電車のバリアフリー化

2012.09.12(08:27) 3264

最近は広島市内に出かけると、路面電車に乗ることが多くなった。
 
▼電停にこんな説明板があった。
「バリアフリー化を進めている」という内容だ。
そういえば、最近は電停もきれいに整備されてきている気もする。
 

 
▼「広電本社前電停」は欧州の車両基地をイメージして改装したものだ。
 
これは以前記事にもしている。 「外食・ドルトムント電車のレストランでランチ」
 

 
▼以前記事にした「原爆ドーム前電停」は、芝生化だ。
 
以前の記事⇒ 「広電の路面電車の軌道敷の緑化・ひろしま菓子博は来年」
 

 
▼11日の新聞記事にあったが、「超低床電車」を増やすらしい。
「高齢化社会に合わせたバリアフリー化で、迅速に予定通りに運行出来る体制をつくる」という。
超低床電車は3両編成で2億7千万円もするという。
 
現在、営業運転中の124編成のうち超低床は22編成だが、
2027年までには半数の62編成にしたい考えだそうだ。
 

 
■広島電鉄も11月23日で電車開業100周年という。
「サービス向上計画」と銘打って様々な試みがなされているようだ。
 
費用確保のため電車市内均一運賃を現行の150円から170円~180円への値上げも検討中というから、サービスのためには運賃値上げにつながることではある。
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです
 


美しく歳を重ねるために


2012年09月12日
  1. 「電車改装レストラン快走」・ドルトムント電車レストラン(09/12)
  2. 広島市内電車のバリアフリー化(09/12)