タイトル画像

生協の催しもの・「お笑い!ひとり芸」鑑賞

2012.09.14(09:08) 3268

昨日は、生協で「お笑い!ひとり芸」という催しがあったので出かけた。
 


 
演者は広島市在住の真田決(芸名・またきます)さん。
仕事をしながらこの2~3年の練習で身につけたという芸を披露してくれた。
市の人材バンクに登録をしており、ほぼボランティア並みの報酬で来てくれるとか。
 
楽器の演奏あり、歌あり、芸ありの多彩なものだ。20人余りの人を前に1時間たっぷり演じてくれた。
もっと多くの人が来れば良いのにと思うほどのもったいなさだ。
 
▼左・津軽三味線
▼中・塩化ビニールパイプでの演奏(材料費が500円にも満たないものだが、良い音色を出している。)
▼右・尺八
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▼左・傘回し
▼右・二胡の演奏
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▼バナナのたたき売り。饒舌な口上に、皆さん思わずつられて買う。でも、声かけのタイミングが難しい。
それでも私はタイミングよく声が掛けられて買えた。
値段もよく聞こえなかったが、とにかく声を出したら一番だった。何と100円で、15本もあった。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▼一人でデュエット
服を半分ずつ男女に分けて1人で演じて歌った。これには皆大笑い。
声も男声と女声を使い分けていたのだ。高音と低音の切り替えが上手いものだ。
 


 
終了後は軽食が出た。▲
バラずし、おはぎ、すまし汁・・すべて生協製品を使って役員さんが作ったもの。
 
 
この日はこの後出かける用事があったので、食べて早々に出た。
ゆっくりと話も出来なかったのが残念で、申し訳なかった。
 
■なお、写真撮影とブログ公開は了解をとった。「カッコ良く撮ってください。」と快く承諾して下さった。
 
それと懐かしい出会いがあった。30年以上前の教え子のお母さんに出会ったのだ。
その教え子ももう40歳をこえている。歳月を感じる。
 

ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです
 

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

コメント欄やっと復活

2012.09.14(01:41) 3267

睡眠が不規則で眠れないので起きてしまった。
 
最近やっとコメント欄を復活した。
ドイツ滞在中の4月以来なので、長いことさぼっていたものだ。
ドイツにいた頃は、毎日記事を書くのが精一杯で、訪問してくれた人の記事への訪問も出来にくかった。
とてもコメントを書いたり出来なかったので、コメント欄は閉じていた。
 
そんなコメントなしの癖がつくと、これがまた楽で癖になる。
訪問してくれた人や是非読みたい人の記事はこちらから訪問して読むが、コメントはしない。
コメントなしでも充分相手の様子は分かっていた。
 
逆にコメントに追われる時間を、他の記事をじっくりと読んだりしたものだ。
私は記事をほぼ毎日書くので、コメント交流は案外時間を取るものなのだ。
 
帰国後もその癖が直らず、なかなかコメント欄が開けないでいた。
さすがにいつまでもこれではいけないと思い、最近やっと再開したのだ。
あまりに長いことで、おおっぴらに言うのもはばかれる気がするほどだ。
 
・・・ということで、これがコメント再開の顛末。
訪問して読んでいただくだけで嬉しいので、自分としてはコメントはなくても充分満足している。
 
コメントはお互いに無理のない範囲で・・というのが本音なのではある・・・。
 
コメント欄を閉じた途端に疎遠になった人も何人かいる。
コメントも交流出来ないのでは、訪問する気にもならないのだろうか・・・?
これも私には不思議だ。お互いに読み合うだけではいけないのだろうか・・・?
 
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです


美しく歳を重ねるために


2012年09月14日
  1. 生協の催しもの・「お笑い!ひとり芸」鑑賞(09/14)
  2. コメント欄やっと復活(09/14)