タイトル画像

台所のプチリフォームと本の片づけ

2012.09.20(08:27) 3275

2日間掛けて行った台所のプチリフォームが終わった。
 
10年ほど前にも1部屋増築と居間やトイレのリフォームをしたが、台所には手を付けなかった。
仕事もしていたし、台所のリフォームは何かと大変だと思ったからだ。
だが、使い勝手も悪く気になる個所もあるので、いつかはリフォームしたいと考えていた。
 
ドイツから帰国後、かなりの数のキッチンのモデルルームを見学したけれど、
システムキッチンは、間取りの関係もあって、お金がかかる割には
どうやってもほとんど現在と変わらないスタイルにしかならないので諦めた。
 
だから簡単なリフォームになり、調味料棚、換気扇、食卓の照明を付け替え、
レンジ台も買い替えた。それだけだが、かなり良くなったのだ。(詳細はまた後日。)
 
◆2日目の昨日は1日中かかった。昼食は作れないことが予想されたので朝のうちに弁当を作った。
台所だけでなく隣の居間にも荷物がたくさん置かれ、職人さんの出入りもあるのでゆっくりできない。
客間の座卓に移動して、弁当だけはかろうじて食べることができた。
 
夫は作業の様子をずっと見守っているので、いつもの舅の車の送り迎えも私が交代だ。
 
そのうち、1階にいても落ち着かないので、2階に上がり掃除や片付けをすることにした。
布団を干し掃除機をかけたらすることもなくなり、本棚の整頓でもすることにした。
 
◆本の整理は、自分のものはかなり片付け、数百冊になるほど処分した。
 
夫は自分の本は絶対に処分はしないというので、仕方なくきれいに整理整頓をした。
本の好みが違うので夫の本を読むことはほとんどないのだが、何冊か読めそうな本も出てきた。
自分で買ったことすら忘れた本も出てきた。(これも詳細は後日。)
 
最近は、読書もあまり進まない。8月からラジオの英会話講座を聞いているからだ。
聞いても聞いてもすぐ忘れるし、なかなか覚えきれない。
それでも、一応努力している。ドイツ滞在で英語くらいはもっと流暢にしゃべれないといけないと
痛感したので始めたのだ。でも、無理はしない。
 
英語ですら四苦八苦するので、ドイツ語は到底身につかないので諦めている。
 

 
語学をやると、今までやっていた読書がおろそかになる。公民館の本も最近はあまり借りなくなった。
英語の勉強が忙しいので、借りに行くまでもなく読書は家にある本で間に合うのだ。
 
今回の本棚整理で読みたい本もかなり見つかったので、また読んでいきたい。
家の中にはまだまだ読める本が結構ある。
 
最近、近隣諸国との軋轢が俄かにかまびすしい。
夫の本には、これらの政治的歴史やら政治家に関する本が多くある。
どちらかというと、これまで苦手としてきた分野だが、
読めば勉強になるので最近はこれらに関する本も読んでいる。
 
◆結局、リフォームの作業は夕方遅くまでかかったので、夕食はお好み焼きの持ち帰りにした。
 

 
お好み焼きを食べるのは半年ぶりくらいか。
 
次女がお好み焼きが大好きで、家にいる頃には定期的に食べていたものだが、
この半年余り、不思議と食べたいと思わなかったのだ。
 
次女はしばらくお好みを食べないと禁断症状が出るというが、私にはそれがない。
広島人だが、案外お好み焼き大好き人間ではないのだと再認識する始末である。
 
 
ブログランキングアップにつながりますので、投票ボタンを押してくだされば嬉しいです

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


2012年09月20日
  1. 台所のプチリフォームと本の片づけ(09/20)