タイトル画像

近所のJAと公民館へ

2014.01.31(08:28) 3906

昨日は、一日雨模様の日だった。
買い物などにも行かなければ、午後からは比較的時間があるので、少しは外に出てみた。
 
◆JAに特設会場「健康体験館」というのが出来て、約1ヶ月間開館する。
「家庭用電位治療器を無料にて体感できる」というので出かけた。今回で2回目の参加。
 
機器の希望者には販売もするというが、強引な推進や訪問販売はしないとのことで
まあ、ものは試しで出かけたのだ。1台が50万円ほどもするもので、
個人で買うにはやや高過ぎる。病院などには置いてあるそうだ。
整形外科などの病院でも電気をかけることはあるので、それと同じことだと考えた。
 
20分間椅子に座っているだけで、低周波が体全体を駆け巡るというもの。
頭痛、肩こり、不眠症、慢性の便秘などに効くという。私は膝や肩に効けば良いのだが。
 
知っている顔も見える。夫婦連れで来ている人もいるが、我が家の夫は行く気はない。
ものは試し、何か効果が出れば儲けものくらいの軽い思いで出かけている。
 
◆帰りに公民館の図書室に寄ってみた。
ここに一時期はよく通っていたが、私も退職後もう5年になり、
その間かなり借りたので魅力がなくなっていた。
狭い場所で、蔵書も少ない。それでも久しぶりに行って、3冊借りた。
 
区の図書館の予約の方法を身につけてからというもの、今ではそれ一辺倒になった。
久しく来てなかったのに、私を見つけた公民館の若い女性職員が声をかけてくれた。
 

 
公民館の1階には近所の高校の書道部の作品が展示してあった。
高校生の作品を見ていると、自分の高校時代のことを思い出した。
私も高校生の時は書道部員としてかなり熱心に活動をしたものだ。
こういった作品制作と展示を何度かした。楽しいより結構辛い思い出の方が多い。
書道は今では全く縁がなくなったが、見知った世界なので懐かしく興味深く鑑賞した。
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 
 

スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

日帰りドライブ(島根県のラムネ温泉、食事、整体、野菜市)

2014.01.30(08:47) 3905

風邪も治ったので、昨日は我が家定番の温泉ドライブへ出かけた。
その温泉だがどこにしようかと毎回悩むが、いつも島根県まで出かけることになる。
「ラムネ温泉」へ出かけた。
 
◆ここへ行くと、昼食は温泉内にある食事処か、行く途中にある出雲そばの「一福」か
先般は近所の食堂に行ったが、どうしても同じような場所ばかりになる。
少しは違う場所の方が良かろうと、初めての所に行ってみた。
 
国道54号線を北に行く途中に「宿、食事、風呂」と大きな看板があったので寄ってみた。
 
「憩いの郷・衣掛」(島根県飯石郡飯南町上赤名1663)だ。
 
ホテル並みの大きな建物で、1階レストランに入ってみた。
さぞや高級料理ばかりだろうと思いきや、日替わり定食などもあり手ごろな内容と料金だ。
 


 
 
選んだのは・・・・
▼夫は「日替わり定食」。あんかけそばの量がたっぷり。サラダ、スープつき。(光の関係で写りが悪い)
 


 
 
▼私は「野菜たっぷりカレー」揚げ野菜がたっぷりついている。サラダも。
 


 
共に量が多く美味しい。値段もお安い。雰囲気も良い。満足して出た。
 
◆さらに北上して「ラムネ温泉(頓原ラムネ銀泉)」(島根県飯石郡飯南町頓原)へ。
今月もう2回目になる。職員さんとも顔なじみだ。
 
今回の湯は透き通った透明に近いもの。炭酸ガスを多く含むために血流が良くなり、
体の様々な個所に効くようだ。比較的低い温度の湯だが、出てからも体がずっと温かい。
 
温泉も同じ所より違う場所に行きたい私だが、夫がしきりにここへ来たがる。
最近は夫も足の調子が少し気になるので、温泉効果を期待したいようだ。
 
2人共に2回入浴した。入浴料1人500円。
 


 
◆ついでに、前回も利用した整体を、今回は夫婦共にやってもらった。
「癒し処~KAITO~」担当は海藤さん。よく効く。効きすぎて汗が出た。
何でも悪いものが出るという汗だそうだ。調子が良くなれば汗は出ないと言う。
30分で3000円だった。
 
◆帰る途中には「道の駅・ゆめランド布野」の「布野ふれあい市場」に寄った。
そこで買ったもの。
柚子味噌、ふきのとう味噌、梅漬け、むかご、古代米、赤飯、さつま芋など
買ったが、スーパーなどで買うより安いので、ついついたくさん買ってしまう。
 

 
▼「作木の自然食品・おかず味噌」「田舎の味の会」とある。地域の活性化に役立っているようだ。
 


 


 
外食、温泉、整体、野菜市と巡った。朝9時~夕方5時。片道約2時間200キロ程度。
国道をひたすら走るので高速道路代もかからない。毎度のささやかな日帰りドライブ。
 
ことのほか暖かい日だったが、途中は高度も高く気温が0℃の場所もあった。
さすがに雪国だ。積雪もあり、雪かき風景も見られ、瀬戸内側とは別世界が広がっていた。
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

冬は大根や蕪が美味しい

2014.01.29(07:58) 3904

冬は大根や蕪が大活躍。
今季は畑で作らなかったが、12月には親戚や近所の友達から貰ったりしたので
たくさんあった。おでんにはもちろんのこと、酢漬けにしてよく食べた。
 
▼マヨネーズで和えたサラダで食べるのは初めてだが、新聞記事にあったのを作ってみた。
 


 

 
▼これは赤かぶを酢漬けにしたもの。
塩で揉んで水分を出し、その後砂糖入り酢で漬けている。
置けば置くほど赤色が増してくる。右は漬けてから数日たったもの。
 


 
 
 
▼これは寿司酢やラッキョウ酢を瓶に入れ、そこに漬けたもの。
大根を切ってはしょっちゅう漬けて食べた。簡単便利なのだ。
この赤大根は、赤色が出てしまって汁が赤く染まっている。
 


 
切って入れれば良いので楽で良い。しかし、塩もみして入れた方が良いようだ。
切ったままをそのまま入れると、大根の水分が出てしまって、砂糖酢がどんどん薄まっていく。だからレモンを切って入れている。
 
■風邪もすっかり治る。今回は長引かなくて良かった。安静、休養が良かった。昨日は
午後から栄養相談に行った。追加の回なので有料。行っている間に雨が降り出していた。
外に洗濯ものを出して家を出たので、メールで取り込みを頼む。天候が変わりやすい。
 
その後、買い物へ。その前にJAに寄って「健康体験館」なるものを体験。効果のほどはいかに?
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

讃岐うどんの「讃岐屋」

2014.01.28(08:59) 3903

先日うどんの「讃岐屋」へ出かけた。
現役の頃は歯科治療の後の夕食によく寄っていたものだが、近頃はあまり行けない。
時折無性に食べたくなる時があるが、なかなか時間の都合がつかない。
 
讃岐うどんは大好きで、「うどん」の書庫もある。本場の讃岐うどんを食べに何度か出かけてもいる。
 
このお店の記事も何度も載せたのに、また書いてみた。行きつけの店は広島駅の北側にある。
この近所にあった讃岐うどん店「郷(さと)や」にもよく行っていたが、いつの間にか閉店している。
讃岐屋の広島市東区光町のお店によく行くのだが、讃岐屋は全部で13店舗もある。
 


 
資料
有限会社 讃岐屋・1977年 (昭和52年)創業
本社・工場 広島県広島市東区牛田中1-3-15
讃岐うどんの店舗運営・製麺・13店舗・従業員数230
店舗
広島市中区 紙屋町店・袋町店・八丁掘店・平和大通り店・白島Qガーデン店
        東区 牛田本店・光町店(広島市東区光町2-8-15)
  安佐南区 八木店・フレスポ西風新都店
   安芸郡 海田店
   その他 マダムジョイ楽々園店・西条店・tina court 廿日市店
 
店名が示すように、讃岐うどん特有のコシのある固い麺だ。
ここでは私はいつも「ぶっかけ」(\580)を食べる。
 
「讃岐うどんの定番商品を、讃岐屋の味で作りました。
濃く甘いつゆと茹で立ての麺の絶妙な組み合わせです。」(ぶっかけ・店のHPより)
 

 「今から10分待ってもらうようですが良いですか?」と聞かれる。
注文を受けてから作るらしい。急がない限り待ってでも食べる。
 
 
 
 
 

 
「うどんの麺が持つ味を存分に召し上がって頂く為に、「小麦粉」「塩」「水」のみを独自製麺技法で毎朝心をこめて製麺し、打ちたて、茹で立てをお客様にご提供する」
「うどんを最高の状態でご提供する為に、冷たいうどんは茹で上がりから約5分以内、温かいうどんは約30分以内の麺しか使用をしていない。」(HPより)
 
▼かつお節、天かす、大根おろし、葱に隠れて麺が見えない。 


またつゆが美味しい。
 
<讃岐屋の本格だしの秘密は、「素材の良さを活かすこと」「手間をかけること」
昆布は、
北海道利尻産の天然物のみを使用し、独自技法で昆布本来の旨味だけを抽出した
一番だしのみ使用。この一番だしに、職人が削った特製ブレンド削り節の一番だしのみを贅沢に加えることにより一層の旨味と風味をもたらす。>(HPより)
 
・・・ととにかくこだわりがあるのである。美味しいはずだ。
長く続くお店は気の抜けない苦労があり、その拘りがあればこそだろう。
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 
 
■昨日は昼間は暖かかった。日当たりの良い部屋にいると、ぽかぽかして眠気を催した。
ここ2~3日のんびりと休養をしたので、風邪も治ったようだ。
案外早く治った。こじらせなくて良かった。
体重は少し減ったが、体脂肪が増えた。運動も少しはしていかなくてはいけない。


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

ドイツからシュトーレンの贈り物

2014.01.27(09:47) 3902

■昨日の日曜日は、風邪気味で体がだるいので一日ゆっくりと休養した。
 
家事は、洗濯をして朝食と夕食を作っただけだ。
昼食は出来なかったので、すき家の弁当を買ってきてもらった。
風邪の時に牛丼でもなかろうが、これが案外食べられる。美味しく食べた。
少し元気が出た気もする。
 
今日は実家へ行く予定だったが、もう1日家でゆっくりと過ごすことにした。
 
◆ドイツから贈り物が届いた。ライトとケーキ。クリスマス用らしい。
クリスマス前に送っているが、届いたのは1ヶ月後の1月の先日。
クリスマスプレゼントが殺到する時期なので、船便に回されたのだろう。
 

 

 
ケーキは1キロもあって食べきれないので、お裾分けして配った。
甘みが多すぎず少なすぎず、ちょうど良い。
ライトは箱の中に1年間お休みさせて、今年のクリスマスに飾ろうと思う。
 
参考・・・このお菓子はシュトレンといわれるものらしい。
 
シュトレン(独 Stollen)は、ドイツの菓子パン。シュトーレンとも表記される。
生地にはドライフルーツやナッツが練りこまれており、表面には砂糖がまぶされている。
 
ドイツでは、クリスマスを待つアドベントの間、少しずつスライスして食べる習慣がある。
フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、
「今日よりも明日、明日よりもあさってと、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とされる。
 
発祥はザクセン州のドレスデンで、その歴史は14世紀にさかのぼる。
ドレスデンでは、12月の第1土曜日に巨大なシュトレンがパレードする祭りが行われる。
 
来月は孫の誕生日なのでプレゼントを早目に送ったら、今回は2週間で着いた。楽勝だ。
やはり、12月の時期とは荷物の量が違うのだろう。
念には念を入れて、早め早めに送る癖がついた。
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

外食・「ランチパスポート」利用で中華「煙臺閣」へ(広島市中区)

2014.01.26(08:29) 3901

「3ヶ月のお得なランチ旅・500円ランチパスポート」(広島版)
という本を買った。SPC出版・2013年11月25日発行・980円
 
テレビの番組でやっていて、本がかなり売れているということだった。
本に掲載されているランチがすべて500円で食べられるというものである。
ランチに2~3回利用すれば本代の元は取れる勘定だ。
 
今回で2回目の利用。1回目の店はハズレだった気がする。
11月25日から2月24日まで3ヶ月限定なので、悠長にしてはおれない。
 


 
 
 
 
 
 
 
今回利用したのは「本格中華・煙臺閣(えんたいかく)アクア店」だ。
(広島市中区基町6-27センタービル7階)・(082)225-3148
 
このお店は3店あり、広島市内若草町が本店で、バスセンター店(惣菜)はセンタービルの3階にある。
バスセンターはよく利用していて、お惣菜をよく買っている。アクア店の利用は初めてだ。
 
友達とは久しぶりのランチだ。年末年始で何かと忙しくて、かなり間が空いた。
 
利用できるメニューは一品で決まっており「麻婆豆腐定食」だ。
定価892円のものが500円になる。
麻婆豆腐、唐揚げ、スープ、ご飯、漬け物、杏仁豆腐が並ぶ。
 


 
 
 
 
 
 
麻婆豆腐は結構辛めなのでご飯にかけて丼にして食べた。ピリ辛ではあったが、満腹満足した。
本の宣伝文句は「アツアツ!ピリ辛!でも止まらない!!麻婆豆腐でガッツリランチ」。
 
注文するとほどなくして出てきたのにはびっくり。店内には84席もあるというから広々としたものだ。
 
さて次はどの店を利用しようか?
そうしょっちゅう街に出るわけではないので、3ヶ月限定はやや気忙しくはあるのだが。
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

忙しくなると生活リズムが乱れ体調不良に

2014.01.26(08:19) 3900

1月4週目終了
 
19日()可べの湯へ、夕食外食、温州ミカンの木を買う
20日()ドイツからプレゼントが届く、寒い日
21日()婦人科検診へ(月一料理教室欠席)、還付請求終了
22日()特定保健(栄養)指導半年終了、その後実家へ
23日()昨日の疲れか体がややだるい、晴れて10℃越え
24日()血液検査結果を聞きに行く、その後街へ出て友とランチと講演会
   (野村監督のトークショーと養老孟司さんの講演会)、のどがやや痛む
25日()鼻水が出てやりきれない(風邪をひいてしまった)、夜に雷
 
1月の前半はゆったりとしていたが、ここへきて用事が重なり忙しくなった。
忙しいと生活リズムが乱れて、体調を壊す。やや風邪気味。
 
広島市内では学校現場で給食が原因らしい集団食中毒が発生している。
ノロウィルスが原因のようだが、この時期は怖いものだ。
 
昨夜のはひどかった。この時期の雷など珍しい。
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

カープの野村監督のトークショー・養老孟司さんの講演

2014.01.25(08:38) 3899

■昨日は朝一で病院へ、先般の血液検査の結果を聞きに行った。
予想通り3か月前の10月に比べるとやや悪いところもあった。また3ヶ月後を予約。
 
◆その後、今度はバスに乗って街へ出た。
友達と久しぶりにランチのためだ。しばらく間が空いた。
ランチだけでなく何か催し物があればそれを主にして、ランチは追加のようになった。
 
ランチ後、講演会会場の広島国際会議場へ歩いて行く。
養老孟司さんの話は聞いたことがなかったので、行ってみる気になったのだ。
 
養老さんの前に広島東洋カープの野村健二郎監督のトークショーが予定されていた。
野球にはあまり関心がないのでパスするつもりでいたが、早く着いたのでついでに聞くことにした。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野村監督が壇上に上がるとカメラのフラッシュが一斉にたかれる。
カメラマンが67人は来ていた。
昨日は嫌にカメラマンがたくさん来ているなと思っていたのだが、これだったのだ。
 


 
 
 
野村監督はこの日の午前中には護国神社に必勝祈願をしたと言っていた。夕刊に載っていた。
30分間は司会者とのトークショーだったが、面白い話も聞かれたし観衆も盛り上がっていた。
昨年は採配はすべてうまくいったと言っていた。選手を育てることをしているというが
育てては出て行くのも現実だと苦笑していた。
 
その後は養老さんの話が1時間あった。
元々の目的はこちらだったのだが、正直なところやや退屈で眠ってしまった。
「心とからだ」がテーマだったが、声が聞こえにくく、内容もやや具体性に欠けた。
からだ、心身、身心、意識、感覚・・・などの言葉をメモしていたが、
それ以後が続いていない。だからこれ以上のコメントが書けない・・・。
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

晴れて暖か・読書「奇跡の呼吸力」

2014.01.24(08:27) 3898

■昨日は朝方はかなり冷えて、ごみを出しに行ったら底冷えがするほどの寒さだった。
しかしその後晴れて、絶好の布団干し日和。シーツを洗い寝具をしっかりと干した。
雲ひとつない晴れ間で気温も上昇する。春を予感する暖かさになった。待ち遠しい。
 
◆半年間の特定保健(栄養)指導は終了したが、それに少し関係する本を最近読んだ。
 
有吉与志恵著「奇跡の呼吸力・心身がよみがえるトレーニング」
ちくま新書・20137月第1刷発行
 

 
「呼吸は私たちが生まれて最初に獲得する筋活動です。この筋活動が整ってこそ、
仕事もスポーツもうまくいくのです。」
 
「意識して呼吸を整えること。呼吸によって鯛感が鍛えられるので、姿勢が良くなり、
モリモリ食べられるのに太りにくく、気持ちのオンオフが自在になります。
慢性的な頭痛、便秘にもテキメン。身体の軸が整うので、動きやすくなります。
ビジネスパーソンからアスリート、高齢者まで効果を発揮する
<ブレスコンディショ二ング>で、今日からあなたも大変身です!」
 
私はこの本を読む前から呼吸の重要性が気になっていた。
呼吸法一つで体重がかなり減ったというテレビ番組を見てから、
その真似をして実践していた。そして、効果もあったのだ。
この本はそのことを再認識させるものとなった。
 
息をかなり意識してしっかりと深い呼吸をする。
お腹周りにある腹横筋に響くほどの呼吸に達すると、ダイエット効果があるのである。
それほど呼吸法は重要だということに今更ながら気づいた。
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 
 


美しく歳を重ねるために


タイトル画像

特定保健指導(栄養指導)・その後実家へ

2014.01.23(08:57) 3897

昨日は月に1度の栄養指導の日だった。半年間続いた指導も最終回になった。
血液検査の結果が出てからもう1回ほど追加で行くが、正式の無料指導は終わった。
 

 
体重1ヶ月1キロ減、半年で6キロ減の目標は達成できなかったが
栄養面、運動、生活面、体、健康のことを考えるきっかけになった。
 
一時期は体重もかなり減ったが、例年冬になれば体重が増加するのでやや戻ってしまった。
しかし例年同時期よりは34キロ減っているので、効果はあったといえよう。
 
毎回行く度に体重、腹囲の測定の後1時間ほどあれこれ話を聞く。
家でも半年間体重や取組み結果を記録し続けたことが体を意識する良いきっかけとなった。
今後は、習ったことを継続していくように気を緩めないで頑張りたい。
 
終了後、家を出るのが11時半になったが、その後実家へ出かけた。
体重測定があるので朝ご飯も食べていなかったので、慌ててパンだけを食べたが
実家に着いてからもまだ少しお腹がすいているので、少し追加して食べた。
 
時間もあまりないのであれこれやるのは止め、台所を集中して片付けることにした。
毎度のごみの取りまとめの他、箒で床を掃き、その後取りかかったのがドアの拭き掃除
 
ガラスの引き戸のドアだが、汚れてもいるし、とにかく滑りが悪くてやりきれない。
しっかりと拭いて、溝に蠟を塗ってみたがなかなか軽くはならない。
 
雑巾がけのついでに台所のあちこち拭ける個所を拭きまくった。
こんな掃除など誰もしないので、随分汚れている。ましてや父に望むのはもう酷だ。
 
拭き掃除は体力がいる。随分寒い日だったが、動いているうちに汗が出て来た。
少し疲れもした。お茶とお菓子で一休みして、その後帰った。
いつもより行くのが遅かったので、その分遅く帰るつもりだったが
父が「もういい加減で止めたら・・・・。」というので、言葉に従って帰ることにした。
 
体は疲れはしたが、その分やりきったという満足感は残った。
行けばいつも家の中の片付けばかりなので、ゆっくりと料理をすることが少ない。
スーパーの総菜を買って行くことが多いのだ。
家事もどこにポイントを置くかで、あれこれは出来ないものだ。
 
■いつもは我が家の夕食が気になるので急いで帰るが、夕食を準備して出かけたので
気分が違う。いつもは気が急いて行けない用事をあれこれ済ませた。
<郵便局(年賀はがき・切手シート3枚)、讃岐うどん店、灯油、プリンターのインク、
携帯の店、百円均一店・・・。>これだけでも1時間は要した。
 
ブログランキングアップにつながりますので、
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。
 


美しく歳を重ねるために


2014年01月
  1. 近所のJAと公民館へ(01/31)
  2. 日帰りドライブ(島根県のラムネ温泉、食事、整体、野菜市)(01/30)
  3. 冬は大根や蕪が美味しい(01/29)
  4. 讃岐うどんの「讃岐屋」(01/28)
  5. ドイツからシュトーレンの贈り物(01/27)
  6. 外食・「ランチパスポート」利用で中華「煙臺閣」へ(広島市中区)(01/26)
  7. 忙しくなると生活リズムが乱れ体調不良に(01/26)
  8. カープの野村監督のトークショー・養老孟司さんの講演(01/25)
  9. 晴れて暖か・読書「奇跡の呼吸力」(01/24)
  10. 特定保健指導(栄養指導)・その後実家へ(01/23)
次のページ
次のページ