タイトル画像

芸備線巡り(志和口駅の猫の駅長・上川立駅の隣のイギリス料理カフェ)

2018.01.31(08:08) 5554

■地元の中国新聞「暮らしの情報誌・フェニックス 2・3月号」の特集
「ローカル線が通るまち・芸備線で旅しようだった。




それを見た夫が昨日「早速行ってみよう」と言う。とはいえ鉄道に乗るのではなく、車で回るのだ。
 
芸備線は広島駅と岡山県新見市の備中神代駅を結ぶ全長159キロ
44駅の路線で、広島でも馴染みがある。
 
▼まずは広島駅から13番目の「志和口駅」へ。広島駅と三次駅のほぼ中間に位置する駅だ。




ここには猫の「りょうま駅長」がいるということで行ってみた。


いつのまにか居ついた猫で、2012年に駅長として誕生したもの。JR非公認だそうだが。
マスコミに取り上げられ、約1万6000人が訪れ、記念の碑も立っていた。推定13歳の高齢。
私たちが行った時はりょうまくんはいなかったが、駅員さんに話をすると探してきてくれた。







人に慣れているようで、写真をとっても逃げもせずにじっとして静かにしている。
名残りは尽きなかったが、次を急ぐのでこの駅を後にした。
 
▼次に行ったのは18番目の「上川立(かみかわたち)駅」(三次市上川立町)


フェニックスの記事に載っていた曽根田さんという人が雪かきをしていて、
話かけると色々と対応してくれた。駅舎の管理をしながら新聞販売所と食料品店を営んでいる。



ここの駅には桜の木が何本か植えられており、春には綺麗に咲くという。
それを写しに来た人の写真が新聞のコンテストで入賞したことがあると言っていた。
 
この曽根田さんの息子さんが経営するカフェが駅のすぐそばにある。
イギリス家庭料理が中心だそう。米蔵を改装したもの。
マイク&シャーリーという名の店で、息子さんの奥さんはイギリス出身で、
その両親の名前からつけた店名だそうだ。


ちょうど定休日だったが、お父さんの案内で中を見せてもらった。奥には薪ストーブがある。
定休日にはここで英会話教室をやっているという。




またいつか営業日に来てみたい。春には桜も綺麗だろう。
駅構内は地域の人が定期的に掃除をしているそうで、綺麗に整備されていた。
 
▼さらに21番目の三次駅まで行くが、ここでいったん休止。続く。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓



スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

パソコンの不調が解消・アンケートの謝礼

2018.01.30(08:08) 5553

■このところパソコンの調子が良くない。もう2年使っているもの。

いつまでたってもシャットダウンしないので、一度だけ強制終了をした頃からおかしくなった。
背景の色が消えてしまい、あちこちで色彩がなくなっている。
調子が悪いと自己流であれこれと触りまくった結果、かえっておかしくなった。
 
ネットはかろうじて出来るので、だましだましやっていた。
どうしても無理な時は、もう1台古いパソコンがあるのでそちらを使う。
しかし、そちらは今にも壊れそうなもので、いつもヒヤヒヤしながら使っているものだ。
 
どちらにしろ困ったものだ。
仕方なしにパソコンを抱えてそれを買った家電量販店へ出かけた。
 
背景の色が出ていないのは、右クリックをして「個人用設定」を出せば
「背景」が出るので、これで解決したのだ。

1人でやってもらちが明かないが、プロに聞けばあっという間だ。
これでやっと一安心だ。
 
■商品券が送られてきた。


「新聞広告調査アンケート」に答えた謝礼だ。

1回200円。10回分の謝礼だ。1回10分前後あれば出来るもの。
これなら懸賞などより確実だ。
こういうものでもらった商品券や図書カードは自分ではほとんど使わない。
ほとんど次女に送る。特に図書カードは喜ばれる。


ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

おおたけカキまつりに行った

2018.01.29(08:58) 5552

■昨日は実家行き。
寒さは相変わらずで、起きてみればうっすらと雪が降り積もっており、
途中も雪が降り、ワイパーをかけ続ける。
 
父はこのところあまり変わったこともなく、嬉しいことだ。
昼食後片付けをして夕食と翌朝の食事の準備をして、早目に実家を出た。
 
■というのも、帰る途中で寄りたい場所があったからだ。

「第17回おおたけカキ水産まつり」(大竹市晴海臨海公園・コメリ大竹店横広場)だ。
10時から15時までなので、帰りに寄れば少しは見られるかもしれないと思った。

 
行ってみるとすごい人。何やらかなりの長い列ができている。
昔ならいざ知らず、今は並ぶ意欲は到底ない。

 
それでも出店を覗いてみる。ハマチの試食や焼き牡蠣、牡蠣飯、牡蠣雑炊などもあったようだが
すべて売り切れで店は片づけられていた。
 
やっと見つけたのが、カキピザ。もう終わりに近いので半額の100円。カキは3個も入っていた。
美味しかったので、持ち帰り用に2個追加して買った。


 
ぜんざいも1杯(¥100)食べた。すぐそばに梅干しがあった。これもおまけで2袋で100円だった。
終わり近くになるとこういったお得なこともある。
カキも売られていたが、量も多すぎるほどで買わなかった。
 
▼人だかりがしていたので行ってみたら、カープ選手との写真撮影会だった。
3人の選手は知らない顔だったので、隣にいた若い女の子に聞いてみたら、
「青木勇人さん、高橋大樹さん、桑原樹さん」の各選手だそうだ。





◆このカキまつりは、もともとは「玖波漁港」で行われていたもので、小規模だった。
人もさほどおらず、カキの試食も並ばずに自由にたくさん食べられた。

そのうち、ゆめタウン大竹がある隣でやっていたが、
今はこの広い公園内でやっているようだ。
 
初期の頃には何度か行ったが、
規模が大きくなるにしたがって行かなくなったので、本当に久しぶりだ。

17回ということは、生前母とも行った思い出もある。
でも今はあまりの人出の多さに、昔の面影はないのもやや淋しい感じがする。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓


●探したら過去記事があった⇒
この記事を読み返してみると「前田健太選手が来た」とか「夫がニュースに出た」とか書いている。
この時は父と行っている。父もまだ元気だった頃だ。
もう9年も前のことだ。

●さらに追加。今日の朝刊に記事が出ていた。人出は1万5千人だったとか。




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

神楽門前湯治村の岩戸屋温泉入浴・夜叉うどんを食べる

2018.01.28(18:30) 5551

前の記事の続き・1月27日(土)
 
■神楽門前湯治村で昼食を食べた後は、いよいよ温泉入浴だ。



前回来たのは2016年11月。「天然ラドン温泉」とあり、泉質は単純弱放射能冷鉱泉。



 

入浴料は大人1人700円だが、シルバー料金は600円になる。
露天風呂が広々としており、ゆったりと出来る。
雪も積もっており、時々降る雪の中での入浴はまさに雪見風呂だ。


前回とは男女が入れ替わった方へ入ったので、気分が全く違った。
2回入ったが、休憩室は一旦外に出たところにあり、雪で足元が悪いしやや不便だった。

それでも夫はここの温泉が気に入ったようで、満足していた。
客がごった返すほどではないことと、休憩室でゆっくりできることのようだ。
私は、さほど感じなかったのだが、近ければもっと良いと思った。
 
■帰りながらパンフレットを見ていると、
「夜叉うどん」がここを含めて4か所で食べられることに気付いた。



夫は前回この神楽門前湯治村で挑戦して食べたが、今回は食べなかったので、
あと3か所のうち道の駅・北の関宿・安芸高田」(安芸高田市美土里町横田)
今回は私も食べることにした。


この道の駅は初めて来た場所だ。
店はおみやげ物が中心で、野菜類などはあまりなかった。
ちょっとした食べ物が必要なためか、隣接してコンビニがあるのには驚いた。
 
そして「ながいきラーメン食堂」という名の食堂へ入った。
ラーメンがメインで、並んだおかずを自分で選んで取る方式の店だった。




3つのおかずと「夜叉うどん」(¥650)を食べた。少し早い夕食になる。



「鬼より辛い夜叉うどん」というだけあって本当に辛い。思わず水を飲んだ。
唐辛子のきいた「うま辛特製スープ」に豚肉をのせ、特産のネギをたっぷり散らしたもの。
唐辛子が1本そのまま入っている。辛くて汗が出る。
スープは飲み干せないが、少し飲んでみたら美味しかった。

まあ良い記念にはなったが、外食が続いてしまった。
 
■往復120キロの日帰りドライブ。温泉と外食でほど良い行楽になった。
あれほど雪が積もっていたが、帰る頃にはかなり融けていた。
特に南に下るにしたがって、温度が次第に上がって来るが、やはり寒い日には違いなかった。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

神楽門前湯治村へ・「ふくすけ」で田舎料理を食べる

2018.01.28(08:08) 5550

■昨日は久しぶりに温泉行き。今年3回目になる。
どこに行こうか迷ったが、いつも近場ばかりでは面白くないので
たまには少し遠出をしようということになった。
夫は近場でよく行く同じ場所に何度か一人で出かけているが、私は同行しないことが多い。
 
遠出とはいえ片道60Kmほど北上しただけだが。
このところの寒さで、進むほどに積雪が酷いことになっている。
 
着いたのは「神楽門前湯治村」広島県安芸高田市美土里町本郷)。
前回来たのは2016年11月だから、1年以上も間が空いた。
これくらい空けば新鮮な気分になれる。
 
▼かなりの積雪で坂道を上がるのが怖いほどだった。


土曜日でもあったので、団体客や家族連れなどがいた。
車もかなりの数停まっていた。
 
「村」と名前があるように、温泉、宿、土産物、食べ物屋もあり、村のようになっている。
もちろん神楽見物もできるが、私たちはいつもメインは温泉と食事だ。

▼村全体が雪に埋もれていた。つららもかなりの長さだ。



 
■すぐにでも温泉に入りたかったが、まずは腹ごしらえ。
村内には2ヶ所の食べ物屋があった。前回はうどん屋に入ったので、
今回はその向かいの「お食事処・ふくすけ」にした。




 
▼夫が選んだのは「里山の恵み御膳」全8品。
すべて地元産の肉、米、味噌、野菜、こんにゃくなどで作ったものばかりだ。
肉は、猪、鹿、赤鶏と珍しいものばかり。味見させてもらったが、どれもあっさりとした淡白な味だ。





 
▼私は「田舎御膳」全9品だ。名前のごとく素朴な田舎料理そのものだ。





▼店内は昔の作りで、囲炉裏もある。テーブル席が1つ以外はすべて掘りごたつ式で、
足元が暖かいと思ったら電気カーペットが敷いてあった。細やかな心遣いが嬉しい。

 
■お腹を満たした後は、休憩室へ行って少し休み、その後温泉入浴だ。
それは次へ続く。

ブログランキングアップにつながります。     
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。 





美しく歳を重ねるために


タイトル画像

昼は外食で中華・午前中は友達とよもやま話

2018.01.27(08:08) 5549

■昨日は、近所の友達が我が家にやってきて、色々と話し込んだ。

いつもは外で立ち話をしたり、濡れ縁で話したりするが、
さすがにこの寒さではそういうわけにもいかず、中に入ってもらい話した。
 
ネットで出したものを印刷するのにプリンターの調子が悪いとかで、印刷を頼まれたのだ。

そのついでに1週間前にあった姑さんの葬儀のこととか、その後の煩雑な手続きなどに忙殺中の
ことを色々と話した。嫁としての立場でありながら他に誰もする人がいないので
今はすべてこの人がやっている。本当に大変だ。

「実の両親は早くに亡くし、遠くにいるので兄弟がすべてやったのに、婚家の親のことを
するようになるとは・・・。夫のことも自分がすべてやったので、これで2度目になる」そうだ。
 
これまで私は友達に家に来てもらって話すほどの付き合いはしていなかった。
36年勤めた仕事人間で、そういった時間も習慣もなかったのである。

そうとはいえ、退職したからといってすぐにこういうことは出来るものでもない。
それにまだ夫婦2人暮らしで、お客を招くと、夫も来客もお互い何かと遠慮があるだろうと考える。
 
でも、老後はこういう生活も良いかもしれない。
近くに住む仲良しさんと、家でお茶とお菓子で話をする生活も、遠い将来はあるかもしれない。
 
■お昼は外食。今は温泉もあまり行かないので、たまの外食が楽しみだ。

かなり前の職場で時々行っていたイタリアンだったかのお店をふと思い出し行ってみたが、
なんとお好み焼き屋に変わっていた。
 
そこで別の場所に出かけた。もう何度か行ったことのある中華「新珍味」だ。(東区馬木)
 
昼時はランチが6種類ある。そのうちの2つを選んだ。



 
ラーメンは辛い台湾ラーメンにしようと思ったが、前回辛かった記憶があったので
普通のラーメンにした。しかし、まさに普通だったので、少し後悔した。
チャーハンはご飯がパラパラとして美味しい。




 
夫は中華丼。チャーハンと中華丼を少しずつ分けて食べ合いこした。
中華丼は味が濃く、これを食べたらチャーハンもラーメンも味は薄く感じるほどだ。



夫はこれだけでは物足りなかったようで、もう一品「マーボー丼」を追加し、二人で分け合って食べた。



やや食べ過ぎた感があるが、美味しかったし満足満足。
お客は次々にやって来ており、繁盛している。お得感がある値段なのも影響しているのだろう。
今回はすべて700円。2人で3種類2100円の支払い。

お昼に食べ過ぎたので、夕食は鍋で少なめにした。
冬の鍋は温まるし、野菜をたっぷり食べれば健康食にもなる。
夕食に鍋を食べると、翌朝は体重が減っていることが多いのだ。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

寒さは続く・今年の寒さは半端ない

2018.01.26(08:08) 5548

■毎日寒い日が続く。冬は寒いのは当たり前だけれども、
今年ほどこれほどまでに寒さを実感したことはかつてあまりない。
 
朝からテレビではこの寒波のことでもちきりだ。
「東京都心では朝マイナス4度、これは48年振りで、平成で一番寒い朝となった。
33年振りに低温注意報が出た」
 
「日本の過去の最低気温は、1902(明治35)年旭川のマイナス41度」・・・・
 
考えてみるに、真夏の猛暑日35度と比べれば合計で75度以上の温度差なのだから、驚くほどだ。
 
■昨日は実家に行く日だったが、起きてみればうっすらと雪が積もっている。




道路の車もそろりそろりと進んでいる。
「これはどうしたらよいものか」と悩んでしまう。結局平素より30分遅れて家を出た。
2台ある車は遠出では普通車を使うが、軽自動車にしかスタッドレスをつけていないので軽で行く。
 
しかし、広島市内も実家のある市もほどんど雪らしいものは見えない。
我が家がいかに奥にあるかだ。それでも、広島駅まで20分もあれば着くれっきとした市内だが。
 
雪こそ降ってはいなかったが、やはり寒いことに違いない。
途中10時ごろで、0度だった。
こんなに寒さを意識した冬はこれまであまりなかった気がする。
 
実家ではいつもと変わらず。
父は歯の調子が悪く食欲がなかったのが、やっと戻って来たと言う。
「水曜日は、弟夫婦が来て鍋を作ってくれたので食べた」と喜んでいた。
寒い冬は鍋に限る。

実家の外に水のたまったバケツがあるが、何と2~3センチの分厚い氷が張っていた。
それも少々では割れないような固い氷だったのにはびっくり。



帰りにガソリンスタンドに寄ったら、灯油を買う客が大勢並んでいた。
野菜も高騰しており、寒い冬はあまり良いことはないが、
真夏のうだるような暑さに比べれば、私は夏よりは冬の方がまだ好きだ。
暖房も完備した現代は、一昔と比べれば贅沢過ぎるくらいの生活なのだ。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓




美しく歳を重ねるために


タイトル画像

寒かった・膝痛治療は続く・雪の中の孫たち

2018.01.25(08:08) 5547

昨日はさすがに寒かった。
それでも、家の中にいて暖房を効かせ陽の当たる部屋におれば、外の寒さは感じない。
 
■午後からは週に1度の整形外科通院へ。

外に出て驚いた。さすがに寒い。外気温は1度だった。
かろうじて「真冬日」にはならなかったが、この寒さは近頃まれにみるものだ。
車なので油断をしてマフラーをしなかったら、首すじから入る冷気で身震いした。
 
整形外科への通院は、以前よりは真剣なものになってきている。
以前は5回も行けばほぼ楽になっていたのに、今回はいつまでたっても痛みが取れない。
何か悪いことになっているのではないかと不安になってきているからだ。





 

内科の通院もしばらくお休みして、膝痛の治療に専念する気でいる。
 
◆というのも、しばらく行っていない東京だが、
今年は春には次女の引っ越しがあるので、手伝いのために上京する予定だ。
今のような状態では、手伝いどころではなく、娘の家にたどり着けるかどうかも怪しい。
 
あと2~3か月あるので、しっかり治したい。
いや、治りはしないだろうから、せめて痛みだけは取りたい。
時間が余れば東京観光もしたいが、以前あった自転車が盗難にあって今はないそうだから、
あちこちぶらつくことも出来ないだろう。
 
先日NHKテレビの「ブラタモリ」で、「田園調布」のことをやっていたが、
以前少しだけぶらついた場所だが、また行ってみたくなった。
「自由が丘」も何度も行ったものだ。

次女のおかげで、東京もかなりの場所に行ったが、足腰が丈夫でなければ話にならない。
 
◆整形外科は、注射、湿布か塗り薬、飲み薬で対処する。リハビリの段階でもない。
散歩やスクワットなど筋力強化どころでもない。畑仕事も膝に負担がかかるので禁止。
食生活にも気を付けて、体重も減らさねば。そうすれば中性脂肪の数値も下がるだろう。
 
少し前までは結構楽に動き回っていたのに、数か月のうちにその時の面影がなくなったほどだ。
これから先の長い人生では、しっかりと歩けることの大切さをしみじみと今感じている。
今は真面目にそして熱心に通院するしかないだろう。もちろんセルフケアも怠りなくやりたい。

ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓


▼気分を変えて、寒さつながりからドイツの孫たちの冬の様子を載せてみる。






美しく歳を重ねるために


タイトル画像

真冬日になりそう?

2018.01.24(09:16) 5546

寒い朝。
起きてみるとうっすらと雪が降り積もっていた。
そして今雪が降り出している。






 
今日の広島は最低気温―2度、最高気温0度の予想。
最高気温が0度未満は「真冬日」になるが、当地ではめったに経験することではない。
 
冷蔵庫内より冷えていることになり、
さすがに寒いが、いきなり寒くなったのではないので、それでもどうにか耐えられる。
 
テレ朝の今日の天気予報「お天気検定」の問題で、気象予報士の依田さんが
「東京の過去の最低気温の記録はー38度」と言っていたが、
「本当かいな・・・?」という思いだ。戦前の今日1月24日の記録だそうだが。
 
過去の全国の最低気温の記録を調べてみると、
秋田、松本、高山、北海道などでマイナス25度前後の記録がある。
これらは理解できるが、それにしても途方もない温度ではある。
 
寒さは、1月末のこのころから2月上旬が最高だそうだから、
まだまだ油断がならない。
春はまだ遠いが、2月4日は立春だ。
寒い中でも春の準備は確実になされているのだろう。

ブログランキングアップにつながります。     
投票ボタン↓を押してくだされば嬉しいです。 





美しく歳を重ねるために


タイトル画像

宮島の鳥居を眺め丸亀製麺のうどんを食す・通院

2018.01.24(08:08) 5545

■昨日も寒かった。
1月は20日が大寒だったが、その頃は暖かく、その後寒さが増してきた。
毎年とんどの頃が一番寒いのだが、今年は少しずれて今週に寒さがやって来た。
積雪こそなかったが、少し前の穏やかさから一転温度が下がると体に響く。
それでも風も強く、午後からは雪が降り出した。
 
■そんな中を内科通院。先週の血液検査の結果を聞きに行ったのだ。
このところ薬も飲んでいるので、中性脂肪の結果は良い方向へいっている。

しかし、薬の服用の多さからか、胃がむかむかするし膝痛が治らない。
おまけに夜トイレに2度も行くようで、眠りも良くない。以前は朝までぐっすりと眠っていたのに。
何だか体がガタガタになっている気がする。
 
内科医に「整形の治療に専念することは出来ないか」とお願いした。
2つを同時に治療することにより、薬も増えて効果に影響が出てきているような気がする。
先生は快く承諾してくれたので、内科治療は1か月中断することにした。
 
とにかく膝痛の方をどうにかしなければならない。一向に良くならないのだ。
去年からの医者通いの多さ。これまでこんなに病院通いをすることはなかったのに、
これも年相応なのかもしれないが、つくづく年は取りたくないものだと思う。
 
■話変わって、先日久しぶりに丸亀製麺(宮島口店)に寄った。

ぶっかけの並(¥290)と野菜かき揚げ(¥130)締めて420円也。野菜のかき揚げの大きいこと。

家に買い置きのそばがあるのを思い出して、それに添えるために別途1個持ち帰りにもした。
丸亀製麺では、うどんの持ち帰りは出来ないのに、てんぷらの持ち帰りは出来るのだ。





店内から瀬戸内の海を眺めながら食べた。その先には宮島の鳥居も見える。
なかなかの光景ではある。鳥居は肉眼では豆粒くらいにしか見えないのだが、
カメラのズームをかなりきかせたら、すぐ近くにあるように見える。
手前には牡蠣いかだも見える。



▼「集めてうれしい うどん札」を貰った。
隣で食べていた人からも「良かったらどうぞ」と1枚貰った。
私もそうしょっちゅうは来ないのでどうしようかと思ったが、有難くいただいた。

2月末までなのでどうにか使えそう。3枚集めれば「トッピングが一つ無料」だ。
5枚で「てんぷら100円引き」、10枚で「うどん並1杯無料」。


 
丸亀製麺はあちこちにないので、なかなか食べることが出来ないのだが。
それでもたまに食べると美味しさも格段だ。


ブログランキングアップにつながります。
投票ボタン(↓を押してくだされば嬉しいです。↓↓




美しく歳を重ねるために


2018年01月
  1. 芸備線巡り(志和口駅の猫の駅長・上川立駅の隣のイギリス料理カフェ)(01/31)
  2. パソコンの不調が解消・アンケートの謝礼(01/30)
  3. おおたけカキまつりに行った(01/29)
  4. 神楽門前湯治村の岩戸屋温泉入浴・夜叉うどんを食べる(01/28)
  5. 神楽門前湯治村へ・「ふくすけ」で田舎料理を食べる(01/28)
  6. 昼は外食で中華・午前中は友達とよもやま話(01/27)
  7. 寒さは続く・今年の寒さは半端ない(01/26)
  8. 寒かった・膝痛治療は続く・雪の中の孫たち(01/25)
  9. 真冬日になりそう?(01/24)
  10. 宮島の鳥居を眺め丸亀製麺のうどんを食す・通院(01/24)
次のページ
次のページ