タイトル画像

たまにはマック・今年の『抜粋のつづり』

2024.02.01(15:57) 7310

広島ブログ

◆時には食事づくりをしたくない日もある。あらゆる意欲が減退した時だ。

マックのクーポンに本日が期限のものがあったので、テイクアウトすることにした。
滅多に食べるものではないので、やや物珍しい。いつもいつも食べれば飽きるだろう。たまに食べれば美味しい。
御多分に漏れず値段は上がっている気がする。

IMG_1120.jpg

IMG_1123.jpg

◆毎年1月にクマヒラ・ホールディングスの『抜粋のつづり』が送られてくる。

IMG_1103.jpg

(株)クマヒラは、広島市に本社のある金庫会社の熊平製作所として身近な会社だ。
今年は創業126周年に当たるという。この本は昭和6年創刊。今回は83号。
1年間の出版物の中から、選りすぐりの文章を小冊子にまとめたもの。

37の話が収められている。その中で、

・芸人の平野ノラさんの「<片付け>をしたら、人生が輝いた」
・「東京の台所」の連載をしている文筆家の大平一枝さんの「あの人のためにきれいでいたい」
・自営業の吉田恵子さんの「心配せんでええんよ」
・元県警勤務の西川敏秋さんの「<黄色い帽子>を生んだ交通警察官の願い」
・お寺の副住職の小池陽人さんの「言葉は不思議」の中でのタモリさんの話
・NPO法人がんと向き合う会の西村詠子さんの「がんになっても自分のまま生きる」
・エッセイストの北大路公子さんの「永久保存」
・仏教学者の佐々木閑さんの「世界遺産をめぐらない旅」
・俳人の坪内稔典さんの「柿くえば」
・歌人の俵万智さんの「下げて上がる一言マジック」

など、心に残る話がたくさん掲載されていた。
理屈ばかりの話ではなく、心情に訴えるものが読んで感動する。

■<広島ブログ>に参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

■<にほんブログ村にも参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島市情報へ


スポンサーサイト




美しく歳を重ねるために


食卓や食べ物一般 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2024年02月01日
  1. たまにはマック・今年の『抜粋のつづり』(02/01)