タイトル画像

考古学教室の思い出

2009.06.27(07:53) 1780


片づけをしていたら、何とも懐かしい物が出てきた。

「第3回夏休み考古学教室・感想文集」だ。

平成4年7月28日~7月30日・もう17年も前のことだ。
大迫遺跡(広島市安佐北区落合南2丁目)と
牛田第2中学校(仮称)建設予定地内遺跡(広島市東区牛田早稲田4丁目東)で行われた。
土笛作り、発掘調査体験、火起こし体験、古代食作りがあった。
主催は「さぐる・まなぶ・あそぶ・財団法人広島市歴史科学教育事業団」

▼次女が書いた作文

7月28日、気分はユーウツだった。今日は3日にわたる考古学教室の初日だからだ。
「友達は出来るだろうか。」「楽しく過ごせるだろうか。」不安な朝だった。
車は大迫遺跡前の集合場所に着いた「いやだなー。3日間も。」と思いつつ大迫遺跡へ。
そこで出迎えてくれたのはここの村長の通称「オサ」だった。
少し気持ちが安らいだ。山に登った疲れも忘れ、みんなの顔は笑顔にあふれていた。
そして、オサとA川さんが弥生時代のことについてギャグ(!?)もまじえて話してくれた。
気持ちは「来てよかった。」という思いにかたむいた。
1日目のイベント土笛作り。「へんなのー」と思い作った。
少し笛が顔に見えたため、「あわれなことをした。」と思った。

2日目、場所は牛田遺跡に移り、試掘と火起こし体験をするとか・・・。
2日間の一番の思い出それは、友達ができたこと。3人でおおはしゃぎをして火起こしもろくにやらない始末。
ついに事業団のおじさんの目についてあえなくやることに・・・。
おじさんに文句を言って楽しんだ2日間。忘れられない。
家に帰る時「明日で終わりか・・・。」とはじめの気持ちとは対照的な気分だった。

そして、迎えた3日目。友達としゃべるのが楽しくてふざけてしまったが、
友と食べた古代食、友と吹いた土笛のこと、この夏の日の記憶、忘れないことだろう。
来年も来て友達とさわぐぞ!!

▼続けて私が書いている。

小学校最後の思い出作りに、何でも経験することが良いとする私に、半ば嫌々ついてきた娘。
でも3日間の中で友達も出来、次第に楽しくなった娘と裏腹に、体力的に日に日にしんどさの増す私。
やはり若さにはかなわないということを実感した。子供と一緒の行事も小学校までだなと知った。
それにしても夏の炎天下、かなり条件的には厳しかった。

そんな中、自然に触れ、原始の生活の一端を体験することで、昔の人々の暮らしに思いをはせた。
また現代の生活の便利さと、いかに文明に浸りきった生活をしているかを思い知らされた。

「弥生時代のホームステイ」のテーマどおり、様々なプログラムを消化し、体で実感した。
太古の昔、この地で祖先の人々が日々の生活を営んでいたとは・・・・・。
その人達は、未来の私たちのことを考えるべくもなかっただろう。
考古学とはなんとロマンに溢れた学問であろうかと、しみじみ感じた3日間だった。

こんなことを書いていたのだ。あまりの懐かしさにしばらくじっと読み深めてしまった。
文章に残すということはなんといいものか!!




   
スポンサーサイト





美しく歳を重ねるために


<<子供部屋の片付け・身の回りの花々 | ホームへ | 昼食あれこれ・・・>>
コメント
素晴らしいことです。

文章に残す事は良いことですね。
ご立派な親子の文章です。感動ですね。

さすがですね。
【2009/06/27 08:19】 | みー #79D/WHSg | [edit]
本当に文字で残っているのはいいですね!!
その情景から気持ちまで思い出せる。。
忘れていた自分の引き出しの鍵が急に開いた感じでよみがえりそしてはっきりした記憶としてまた残り、、
子供さんとの思い出なんで一段と良いですね^^
【2009/06/27 09:37】 | くんちゃん #79D/WHSg | [edit]
娘さんの文章力!すごいですね。
―少し笛が顔に見えたため、「あわれなことをした。」と思った。―
なんてすごく味があって私好みの表現力で大好きです。
このぐらいの文才が私にもあればいいのになあ^^
親子で同じことを経験して感想がかけるなんてうらやましいです。
【2009/06/27 11:04】 | おちゃる #79D/WHSg | [edit]
みーさん、文章に残るということがこれほども懐かしいものになるとは・・・。
写真と同じですね。
本当に懐かしかったです。
【2009/06/27 11:34】 | fan #79D/WHSg | [edit]
くんちゃん、文字や写真は残るということですね。
文集の良さを再認識しましたね。
遥か昔の懐かしい思い出でした。親子で一緒の行動をしていた頃ですね。
【2009/06/27 11:36】 | fan #79D/WHSg | [edit]
おちゃるさん、今読むと子供はこんなことを考えていたのか・・!という感じですね。
おちゃるさん好みの文になっていますか?!
この文集は感想文提出は強制的だったと思います。参加者全員分が載っていますから。
【2009/06/27 11:39】 | fan #79D/WHSg | [edit]
17年前に娘は思い出に残る体験をされていますね。
何でもやってみる事の大切ざが、ひしひしと伝わってきます。
文章では表せない何かを多く学んだと思います。素晴らしい。
【2009/06/27 15:45】 | Qsan #79D/WHSg | [edit]
Qさん、忘れるほども昔のことですが、文字にはちゃんと残っていました。懐かしいです。
私は気軽に参加したのに、その厳しさに音を上げそうでした。
子供はその反対に、次第に面白さを感じたようでしたね。
【2009/06/27 16:02】 | fan #79D/WHSg | [edit]
***さん、今この地を見ると全く様変わりしていますよね。
でも、よく考えたら遺跡が出たのによくぞ学校新築工事が敢行されたことですね。
市内でもあちこちに遺跡が出て、道路工事が中断されてるというのに・・・。
文章はその人の生きてきた証ですね。読むと面白いです。
【2009/06/28 07:28】 | fan #79D/WHSg | [edit]
さすが元記者さん!文章のまとめ方が巧いです。そう言う素養をfanさんからその頃から既に受け継いでいたんでしょうね。
【2009/06/28 18:01】 | るはな #79D/WHSg | [edit]
るはなさん、どうでしょうね。
昔から子供らしくない文章を書いていましたね。
私よりは理詰めの文章を書きますね。
【2009/06/28 19:49】 | fan #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://fan345.blog.fc2.com/tb.php/1780-b5963a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)