タイトル画像

広島市前市長・平岡敬さんの講義を聴く

2009.11.25(08:49) 1997

昨日は久しぶりに比治山大学の公開講座に行った。
ここ最近は何かしら用事があったり、聞きたいというテーマでなかったりしてご無沙汰していた。

今回の講師は広島市の前市長・平岡敬(たかし)さんだった。
どんな話が聞けるか楽しみにして出かけた。




100人前後の学生と一緒に受けたが、マスクをしている人はたったの2人しかいなかった。
大学生はインフルエンザの心配はないのだろうか?
咳をする人が何人かいたので、私はしっかりとマスクをして受講した。

平岡さんは、元は中国新聞の記者だった。

昭和38年のいわゆる「三八(さんぱち)豪雪」の記事を読んだ。良いルポ記事を書いている。

あの時はたどり着くまでが大変でカメラマンと一緒に行き、地元の郵便局員の案内でやっと現地に着いた。
村は閉ざされ、牛乳の出荷が出来ないので地元の人がそれでお風呂を焚いてくれたとか。
生まれて初めて<ミルク風呂>に入ったというエピソードを話してくれた。




この方は話すよりは書くほうが得意なのかもしれない。
話はどちらかというと淡々として一本調子な感じだった。

2期8年勤めた市長を辞めてからもう10年になる。今も色々と活動しているようだ。
現在82歳。先日もこれまでの半生の新聞連載があった。

今回のテーマは「地域力の発見」で、日本のこれまでの歴史や今日の問題などの話だった。

限界集落、地域の重要性、豊かさとは持っているものではなくモノによって作り出される生活、小樽運河の教訓、スローフード運動、隠岐島海土町の挑戦、元気の指標(地域力とは地域資源と人材)、これからの方向は人間が生活する場の構築・下からの地域づくり)・・





地域社会をいかにするかを常に考えているようであった。
年齢を重ねても、まだまだお元気なようだ。

昨日はまたしても一転して寒かった。帰る頃には大雨になった。
キャンパス内の木々は美しく、まだ晩秋の装いだった。








スポンサーサイト





美しく歳を重ねるために


<<ヤーコン料理 | ホームへ | 故・森繁久弥さんは広島に縁(ゆかり)があった>>
コメント
そういえば平岡さんでしたね。
人前に立つ人は人の興味を持つ話し方や演技力が必要なんですね。
キャンパス内は四季を感じることが出来る木々が多いですね。
そういえばそうでした。
【2009/11/25 09:32】 | おちゃる #79D/WHSg | [edit]
おちゃるさん、平岡さんは今もさまざまな活動で頑張っておられるようでした。しゃべりはすごく上手い方ではなかったですが、それなりに・・・。
キャンパスの紅葉はまだ見所ありでしたね。
【2009/11/25 14:22】 | fan #79D/WHSg | [edit]
平岡さんはいまでもよく新聞などで名前をみますね~
お話は聞いたことがないのですが記者さんなら書く方が得意かもしれませんね~
もう82歳になられるのですね。
【2009/11/25 19:59】 | ~*west*~ #79D/WHSg | [edit]
westさん、平岡さんは今もなお元気にご活躍のようです。
中国新聞や中国放送で勤めたのです。
記事の文章もなかなか良い文でしたね。
【2009/11/25 20:08】 | fan #79D/WHSg | [edit]
まだまだ紅葉がきれいですね。
若い学生さんに混じって講義を聞くのも新鮮でいいものでしょうね。
【2009/11/26 22:07】 | ゆうこ6 #79D/WHSg | [edit]
ゆうこさん、もみじも自然にあるものでなくて、意識的に植えたものでしょう。学園内にはこのような独特の良い雰囲気がありますね。
大学の講義もこの1年間随分経験しました。学生は、おしゃべりをするか、妙に大人しいかのどちらかのようだと見ました。
【2009/11/27 09:03】 | fan #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://fan345.blog.fc2.com/tb.php/1997-3f55651d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)