タイトル画像

膝靭帯損傷のその後の経過

2020.08.19(19:01) 6166

広島ブログ

相変わらず毎日暑い日が続く。
こう暑いと動くのが億劫になり、日々の生活の質が落ちる。

お盆休みなどがあったため、3週間ぶりに整形外科に行った。
盆明けには大きな病院を紹介され、手術を前提にもっと詳細な検査をしようと言われていた。

膝靭帯損傷後もうすでに3か月以上が経過したが、やっと痛みがなくなった。
しかし歩行は相変わらず楽なものではないが、痛みがないだけましだ。
痛み止め薬も長く飲み続け胃痛になったが、止めても痛みが来ないので嬉しい。

今は、サポーターと湿布だけだ。
リハビリも次第にサボりがちになっているが、続ける方が良いと言われた。

痛みがなくなったと言うと、今日の段階では「手術」の話にはならずほっとしたが、
完治したわけではない。

あれこれ調べたが、
「靭帯損傷」は自然治癒はしなくて、
担当医も「若者やアスリートならすぐにでも手術を勧める」と言う。
「今は痛みもないようなので、様子見で痛みが出たら来院のこと」だそう。
いわゆる「保存療法」で経過観察をすることになる。

膝には4本の「靭帯」があり、骨と骨を支え滑らかで安定した膝の動きを保持するもので、
それが伸びたり切れたりすれば、歩行に支障が出るのだ。
さらに放っておくと、変形性関節症に進むこともある。

だから今後も油断がならない。それに今は両足が不便なので歩行はしんどい。
今後も注意深く生活する必要がある。転倒や捻挫が一番怖い。

手術をしないで治るのが一番の理想だが、今は即、手術へとならなかっただけでほっとした。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ
スポンサーサイト





美しく歳を重ねるために


<<父のこの17年 | ホームへ | 暑さ続く・祝いのランチ・車>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2020/08/20 09:01】 | # | [edit]
この暑さでは体力も低下しますよね。
暑い最中は無理は禁物ですね。
安静にするに限ります。どうかご自愛くださいね。

手術はなかなか決断が出来ません。
せずに済ませられるのなら、そうしたいです。
術後のリハビリも大変そうですし・・・。
それでも、今後も油断はできませんけれど。
【2020/08/22 15:33】 | fan #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2020/08/28 06:38】 | # | [edit]
Kiさん、
身体全体を見なければいけないと言うことですね。
確かににそうでしょう。
身体は密接に連携していますから。
姿勢の大切さを今後考えてみましょう。
【2020/08/29 19:19】 | fan #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する