タイトル画像

ドラマ「きのう何食べた?」が面白かった

2021.04.10(18:54) 6302

広島ブログ

◆このところ韓流ドラマばかり見ていたが、久しぶりに見た日本のドラマが面白かった。

『きのう何食べた?』.

よしながふみによる日本の料理漫画作品。
『モーニング』(講談社)にて、2007年12号から月に1度のペースで連載中。

2019年4月6日から6月29日までテレビ東京系「ドラマ24」でテレビドラマが放送された。
2021年に東宝系で映画化の予定。


何食べた?

ネットフリックスでは、30分ものを12話で。

几帳面な弁護士・筧史朗と、人当たりの良い美容師・矢吹賢二の2人が
2LDKのアパートで暮らす毎日を、食生活メインに展開する物語。
主人公2人はゲイのカップルであり、メインの食生活以外にも、ゲイが抱える諸事情や、
筧家を舞台にしてゲイの息子とその両親がどう向き合うかも描かれている。
基本的に毎回一話読み切り。登場人物たちは実際の年月の進みに合わせて年をとっていく。
キャッチフレーズは「2LDK男2人暮らし 食費、月3万円也。-ちょっと増えました-」。

ストーリー内に於いて毎回かなりのページを史朗の調理のシーンに費やしており、
それが話の本筋と密接に関わっているのが特徴。

料理のシーンもほとんどレシピ本同然の詳細な描写があり、
食材や調味料の代用は何がいいかなどのアドバイスなども折り込まれている。
単行本には作品内に登場した料理のレシピも掲載されている。

2009年版「このマンガがすごい!」オトコ編6位。
2014年5月16日のNHK『あさイチ』で紹介されたほか、
TBS系『マツコの知らない世界』(2017年1月24日放送分)の「マンガ飯の世界」で
「レシピ本として使えるおすすめマンガ第1位」として紹介された。


西島秀俊と内野聖陽の二人が主人公。二人はゲイ。
西島は弁護士だが、料理が得意で、日々2人用に様々な料理を作る。
それを見ているだけで楽しい。
内野は美容師。何を食べても美味しいと褒める。
美味しいものを食べている時は本当に幸せそう。

一時期は日本映画を観る気もしなかったのだが、なかなか面白いドラマだった。
何よりも食の世界を見るだけでも楽しい。

◆今日の我が家の朝食。

IMG_2243.jpg

・ご飯は玄米と麦入り。梅干しやふりかけ。時には食パンの日もある。
・具だくさん味噌汁。
・おかずは卵か豆腐料理と野菜。今日は卵。漬物も。
(この日はないが納豆は一日1回は食べる。)
・お手製ヨーグルト、黄な粉がけ(今ははったい粉)。
・・・日によって多少変わるが、こんなものだ。

▼広島ブログに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ
スポンサーサイト





美しく歳を重ねるために


<<町内清掃で友へ黙とう・ドウダンツツジの花 | ホームへ | ボンタンアメ・食卓記事>>
コメント
私もこのドラマは大好きです。原作も好きです。
お二人とも演技が上手くて、脇の俳優さんたちも素敵ですよね。
お母さん役の梶芽衣子さんが何気に好きです。
お料理や食べるシーンを見ていると、お腹がグーグーなって困ったドラマでもありました。
【2021/04/11 09:09】 | maco #- | [edit]
玄米は体に良いですね。
私は胃腸悪いので食べれないです。消化器が弱いと
食べ物が制限されます。自家製のヨーグルトは
良いですね。食は身体を作ります。
理想的な食生活されていますね。

【2021/04/11 18:05】 | bora0427 #- | [edit]
macoさん、
ドラマをテレビでリアルタイムで観られたんたんですね。
私はたまたまネットフリックスで見つけました。
テンポの良いリズムで会話が進みますね。
確かに芸達者の俳優さんたちです。
何より、料理がたくさん出てくるのには楽しかったです。
【2021/04/11 19:50】 | fan #- | [edit]
boraさん、
胃腸は大事ですよね。
私も丈夫な方ではありませんが、どうにか今は保っています。
理想的でもないですが、食の重要性は実感していますね。
【2021/04/11 19:53】 | fan #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する