タイトル画像

「マルハラへの終止符」・ピカタと餃子

2024.02.16(16:38) 7325

広島ブログ

◆先日の広島ブログ「macoの備忘録」のmacoさんも書いていたように、
「文の最後に付ける<。>」について、私も新聞記事で読んでいたので気になっていた。

地元中国新聞の2月10日「潮流」の「マルハラへの終止符」という記事だ。

IMG_1254.jpg
IMG_1256.jpg

「若者が中高年から届くラインの文の<。>に若者は冷たさや相手が怒っているとの印象を持つ」という。
確かに、娘たちの文末に「。」がないのに以前から気付いていた。

「。」だけでなく、「文章が長い」のも中高年の特徴だという。
私のブログ記事もついつい長くなる。
今時は軽薄短小の時代だから、長文が嫌われるのは気になってはいたが、なかなか直らない。

文末の「。」と、長文について、時代の流れを感じて考えさせられた。

●「。」で言えば、文末以外にも、会話文の最後に「。」がつかないことも気づいた時には驚いた。
学校教育では「」の最後は「。」で締めくくると習っていたのだ。
ある日新聞記事で気づいた。新聞や雑誌などでは「。」をつけないようになっているらしい。
新聞の文体には特別の決まりのようなものがあるようだ。

◆献立に悩むときには毎度CGCの情報誌「ふれ愛交差点」のお世話になる。

「かじきのピカタ」の献立だったが、鶏肉で作った。
肉料理を食べない夫には苦労しているが、これはどうしたことかしっかり食べた。
IMG_1240.jpg

IMG_1241.jpg

「ギョウーザ」もよく作る。近頃は冷凍もので、蓋や油不要などのものがあり便利だ。
以前のものより格段に美味しい。油がいらないとはいえ、ちょっと焦がしてしまった。

IMG_1250.jpg

■<広島ブログ>に参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

広島ブログ

■<にほんブログ村にも参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島市情報へ

スポンサーサイト





美しく歳を重ねるために


生活と文化 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<わたやの山賊焼きと山賊むすびセット・水仙と河津桜と梅 | ホームへ | Gさんとの話・孫の長男君の誕生月>>
コメント
我々の年代は  。を付けない方が失礼だと思っていました。
ハラスメントになるなんて、思ってもない事。
でも、時代の流れなんでしょうね!
【2024/02/16 18:08】 | minto #g6e7CXOA | [edit]
ミントさん、まさにおっしゃる通りですよね。
。がないと不自然な感じがするのは、中高年以上の人間のようです。

若者の言葉などもどんどん変化しますので、
抗ってもいつの間にかそれが定着するのも、まさに時代の流れなんでしょう。
時代とともに変わるのも世の習いでしょうかね。
【2024/02/16 18:55】 | fan #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する